障害の評価[リ](あん摩マッサージ指圧師編)

ADLの意味はどれか。
(あ第3回-99)[リハビリテーション医学]
関節可動域について正しいのはどれか。
(あ第3回-101)[リハビリテーション医学]
関節の正常可動範囲で正しいのはどれか。
(あ第4回-98)[リハビリテーション医学]
障害における能力低下の評価はどれか。
(あ第6回-98)[リハビリテーション医学]
四肢の計測で誤っている組合せはどれか。
(あ第8回-98)[リハビリテーション医学]
徒手筋力テストで重力除去すれは完全に運動できるのはどれか。
(あ第8回-99)[リハビリテーション医学]
運動障害について誤っている組合せはどれか。
(あ第10回-97)[リハビリテーション医学]
痙性麻痺を呈するのはどれか。
(あ第11回-105)[リハビリテーション医学]
日常生活関連動作(APDL)はどれか。
(あ第12回-98)[リハビリテーション医学]
関節可動域で誤っている記述はどれか。
(あ第12回-100)[リハビリテーション医学]
廃用症候群でみられるのはどれか。
(あ第12回-103)[リハビリテーション医学]
下肢の痙性麻痺がみられるのはどれか。
(あ第12回-104)[リハビリテーション医学]
関節運動と最大可動域との組合せで正しいのはどれか。
(あ第14回-96)[リハビリテーション医学]
四肢の周径測定の際にその最大部を測定に用いないのはどれか。
(あ第16回-92)[リハビリテーション医学]
徒手筋力テストでMMT3以上の場合に側臥位で測定するのはどれか。
(あ第16回-93)[リハビリテーション医学]
改訂版長谷川式簡易知能評価スケールの質問内容として誤っているのはどれか。
(あ第16回-94)[リハビリテーション医学]
関節運動と最大可動域との組合せで正しいのはどれか。
(あ第17回-92)[リハビリテーション医学]
関節可動域について正しい記述はどれか。
(あ第18回-92)[リハビリテーション医学]
肩関節運動に対する徒手筋力テストの際、MMT2を評価するときに側臥位で実施するのはどれか。
(あ第18回-93)[リハビリテーション医学]
ADLの項目として正しいのはどれか。
(あ第18回-94)[リハビリテーション医学]
下肢長を脛骨内果から測定する際に近位側の測定点はどこか。
(あ第19回-93)[リハビリテーション医学]
運動の協調性をみる評価法はどれか。
(あ第19回-94)[リハビリテーション医学]
基本肢位における関節可動域角度で正しいのはどれか。
(あ第19回-95)[リハビリテーション医学]
関節可動域で正しいのはどれか。
(あ第20回-93)[リハビリテーション医学]
検者が母指と示指で輪を作り、それを模倣させる動作ができない時に疑われる高次脳機能障害はどれか。
(あ第21回-94)[リハビリテーション医学]
徒手筋力テストで4以上の筋力を評価する際に座位で行うのはどれか。
(あ第22回-93)[リハビリテーション医学]
脳卒中のブルンストロームステージで弛緩性麻痺がみられるのはどれか。
(あ第22回-94)[リハビリテーション医学]
改訂長谷川式簡易知能評価スケールで正しい質問はどれか。
(あ第23回-80)[リハビリテーション医学]
失調症の検査として正しいのはどれか。
(あ第24回-80)[リハビリテーション医学]
高次脳機能障害の評価で正しいのはどれか。
(あ第25回-81)[リハビリテーション医学]
障害の評価[リ](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す