第2回(1994年)はり師・きゅう師国家試験過去問題【午前】

1994年(平成6年)実施

旧サイトの出題ページへ。

施術者と患者との関係で正しい記述はどれか。
(はき第2回-1)[医療概論]
我が国の医療保険で誤っている記述はどれか。
(はき第2回-2)[医療概論]
伝染病で誤っている記述はどれか。
※1994年の出題時の答えは「エイズ~」だけでしたが、その後の制度変更等で(緑文字コメント参照)正誤が変わりややこしいことに。迷いましたが、一応正解3つにしておきます。どれか1つを選ぶと正解になります。
(はき第2回-3)[衛生学]
施術者の手指の消毒で誤っている記述はどれか。
(はき第2回-4)[衛生学]
我が国の食生活でとりすぎが最も問題となる栄養素はどれか。
(はき第2回-5)[衛生学]
職業との関係が明確でない病態はどれか。
(はき第2回-6)[衛生学]
誤っている組合せはどれか。
(はき第2回-7)[衛生学]
人口動態統計で人口を分母としないのはどれか。
(はき第2回-8)[衛生学]
毒性が最も弱い気体はどれか。
(はき第2回-9)[衛生学]
室内環境条件として誤っているのはどれか。
(はき第2回-10)[衛生学]
施術者の業務で正しい記述はどれか。
(はき第2回-11)[関係法規]
疾患について誤っている組合せはどれか。
※1994年の出題時の答えは「エイズ~」だけでしたが、その後制度変更があったため(緑文字コメント参照)、正解3つにしておきます。どれか1つを選ぶと正解になります。
(はき第2回-12)[関係法規]
国民皆保険に関係する法律はどれか。
(はき第2回-13)[関係法規]
厚生省所管でない法律はどれか。
(はき第2回-14)[関係法規]
中胚葉から分化する細胞はどれか。
(はき第2回-15)[解剖学]
頭蓋骨について誤っている組合せはどれか。
(はき第2回-16)[解剖学]
関節の部位と種類との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第2回-17)[解剖学]
脊柱起立筋に属さない筋はどれか。
(はき第2回-18)[解剖学]
大腿骨粗線に停止しない筋はどれか。
(はき第2回-19)[解剖学]
上気道への開口部について誤っている組合せはどれか。
(はき第2回-20)[解剖学]
間膜を持たない消化器はどれか。
(はき第2回-21)[解剖学]
膀胱について誤っている記述はどれか。
(はき第2回-22)[解剖学]
精巣で男性ホルモンを分泌する細胞はどれか。
(はき第2回-23)[解剖学]
女性生殖器について誤っている記述はどれか。
(はき第2回-24)[解剖学]
外頸動脈の枝でないのはどれか。
(はき第2回-25)[解剖学]
脾臓について誤っている記述はどれか。
(はき第2回-26)[解剖学]
大脳について正しい記述はどれか。
(はき第2回-27)[解剖学]
錐体路に関係しているのはどれか。
(はき第2回-28)[解剖学]
外眼筋と支配神経との組合せで正しいのはどれか。
(はき第2回-29)[解剖学]
平衡・聴覚器について正しい記述はどれか。
(はき第2回-30)[解剖学]
皮膚について正しい記述はどれか。
(はき第2回-31)[解剖学]
手根管を通らない筋はどれか。
(はき第2回-32)[解剖学]
大腿動脈について誤っている記述はどれか。
(はき第2回-33)[解剖学]
DNAについて正しい記述はどれか。
(はき第2回-34)[生理学]
血漿中のアルブミンについて誤っている記述はどれか。
(はき第2回-35)[生理学]
血圧を上昇させる要因はどれか。
(はき第2回-36)[生理学]
心臓でスターリングの法則を示す記述はどれか。
(はき第2回-37)[生理学]
呼吸について正しい記述はどれか。
(はき第2回-38)[生理学]
小腸粘膜で吸収される物質はどれか。
(はき第2回-39)[生理学]
血糖を下げるホルモンはどれか。
(はき第2回-40)[生理学]
外気温が著しく低下したとき体温を維持する機能はどれか。
(はき第2回-41)[生理学]
尿細管で起こる現象のうち体液の浸透圧を下げる要因はどれか。
(はき第2回-42)[生理学]
サイロキシンの作用で誤っているのはどれか。
(はき第2回-43)[生理学]
α運動ニューロンについて誤っている記述はどれか。
(はき第2回-44)[生理学]
脊髄反射でないのはどれか。
(はき第2回-45)[生理学]
視床下部に調節中枢がないのはどれか。
(はき第2回-46)[生理学]
大脳皮質の機能局在について正しい組合せはどれか。
(はき第2回-47)[生理学]
味覚について正しい記述はどれか。
(はき第2回-48)[生理学]
痛みについて誤っている記述はどれか。
(はき第2回-49)[生理学]
原因と結果との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第2回-50)[病理学]
病原体と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第2回-51)[病理学]
免疫について誤っている組合せはどれか。
(はき第2回-52)[病理学]
高齢者に多い疾患はどれか。
(はき第2回-53)[病理学]
再生の最も盛んな組織はどれか。
(はき第2回-54)[病理学]
腫瘍について正しい記述はどれか。
(はき第2回-55)[病理学]
胎児の異常と原因との組合せで正しいのはどれか。
(はき第2回-56)[病理学]
頻脈となる疾患はどれか。
(はき第2回-57)[臨床医学総論]
浮腫の原因となる病態はどれか。
(はき第2回-58)[臨床医学総論]
歩行と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第2回-59)[臨床医学総論]
顔貌と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第2回-60)[臨床医学総論]
問診について正しい記述はどれか。
(はき第2回-61)[臨床医学総論]
心電図検査でわからない病態はどれか。
(はき第2回-62)[臨床医学総論]
WHOの高血圧分類で境界域の拡張期血圧はどれか。
(はき第2回-63)[臨床医学総論]
臍部の皮膚知覚の支配神経はどれか。
(はき第2回-64)[臨床医学総論]
意識障害に含まれない症状はどれか。
(はき第2回-65)[臨床医学総論]
膝蓋腱反射について正しい記述はどれか。
(はき第2回-66)[臨床医学総論]
腋窩温と直腸温との比較で正しい記述はどれか。
(はき第2回-67)[臨床医学総論]
次の文は何の障害を示すか。「うとうと眠っているようにみえるが、比較的軽い刺激に反応し、質問にも答えられる。」
(はき第2回-68)[臨床医学総論]
動脈硬化症を増悪しない血中因子はどれか。
(はき第2回-69)[臨床医学各論]
二次性高血圧の原因とならない疾患はどれか。
(はき第2回-70)[臨床医学各論]
狭心症で異常を示さない検査はどれか。
(はき第2回-71)[臨床医学各論]
拡張型心筋症で誤っている記述はどれか。
(はき第2回-72)[臨床医学各論]
進行性筋ジストロフィーについて誤っている記述はどれか。
(はき第2回-73)[臨床医学各論]
血液疾患と原因との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第2回-74)[臨床医学各論]
頸椎後縦靭帯骨化症が多くみられる部位はどれか。
(はき第2回-75)[臨床医学各論]
ギラン・バレー症侯群の症状でないのはどれか。
(はき第2回-76)[臨床医学各論]
脱臼の症状で誤っているのはどれか。
(はき第2回-77)[臨床医学各論]
脊髄空洞症で障害されない感覚はどれか。
(はき第2回-78)[臨床医学各論]
先天性股関節脱臼について誤っている記述はどれか。
(はき第2回-79)[臨床医学各論]
L5~S1椎間板ヘルニアの所見で誤っているのはどれか。
(はき第2回-80)[臨床医学各論]
第2回はり師・きゅう師国家試験過去問題(午前問題)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

「第2回(1994年)はり師・きゅう師国家試験過去問題【午前】」への9件のフィードバック

  1. しん より:

    歩行と疾患との組合せで誤っているのはどれか。

    上記の問題でトレンデレンブルグは先天性股関節脱臼が正しいとなってますがトレンデレンブルグは中殿筋麻痺じゃなかったでしょうか?
    アリスが先天性股関節脱臼だったかと。

    1. コクシーランドの管理人 より:

      しんさん

      ご連絡ありがとうございます。
      臨床医学総論第2版のp.56のトレンデレンブルグ歩行のところに「先天性股関節脱臼、変形性股関節症などの股関節疾患で認められる」と書いてありますよ。

  2. A.K より:

    いつもお世話になっております。

    (はき第2回-48)[生理学]で以前は味覚の分布地図というものがあったようですが、
    近年では舌の部位による味覚の感受性に差はないことになっているようです。

    よろしくお願いします。

    1. コクシーランドの管理人 より:

      A.Kさん

      ご連絡ありがとうございます。
      (はき第2回-48)[生理学]は現在、「舌の部位による味覚の差はない。」を正しいとして選ぶと不正解になるので、今のままでOKだと思うのですが、何か変な部分がありますか?

  3. A.K より:

    ご返信ありがとうございます。

    (はき第2回-48)[生理学]は正しいものを選ぶ問題ですので、
    ・苦味は基本味の一つである。
    ・舌の部位による味覚の差はない。
    の2つが正解になると思います。

    よろしくお願いします。

    1. コクシーランドの管理人 より:

      A.Kさん

      すみません、ボケてましたね。
      正解2つにしました!

  4. コクシーランドの管理人 より:

    以前正解2つに修正した(はき第2回-48)[生理学]の「舌の部位による味覚の差はない。」は、味の種類に限定したものではないので、味覚分布地図と関係なく、舌の場所によって味蕾の分布密度が異なり味覚の感知に差が出るということから、正解を1つに戻しました。

  5. A.K より:

    いつもお世話になっております。

    (はき第2回-3)[衛生学]で

    選択肢「結核予防法」は現在「感染症法」に統合されたようです。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/結核予防法

    (はき第2回-12)[関係法規]で

    選択肢「届出伝染病」は伝染病予防法廃止、感染症予防法施行に伴い、

    人の場合はこの呼称は使用されなくなったようです。

    鳥、馬など家畜については現在も使用しているようです。

    一応、ご報告まで。

    https://kotobank.jp/word/届出伝染病-105457

    1. コクシーランドの管理人 より:

      A.Kさん

      ご連絡ありがとうございます。
      どちらの問題も「誤っている」ものを選ぶ問題なのでややこしい感じになりましたが、対応完了しました。

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)