神経疾患の過去問題[各](あん摩マッサージ指圧師編)

右側の脳内出血で生じる麻痺はどれか。
(あ第1回-90)[臨床医学各論]
重症筋無力症でみられない症状はどれか。
(あ第2回-84)[臨床医学各論]
神経痛と痛みの部位との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第2回-85)[臨床医学各論]
総腓骨神経麻痺で正しい症状はどれか。
(あ第2回-93)[臨床医学各論]
末梢神経炎の原因となる疾患はどれか。
(あ第2回-94)[臨床医学各論]
疾患と好発する性・年齢との組合せで正しいのはどれか。
(あ第3回-72)[臨床医学各論]
坐骨神経痛をきたしにくい疾患はどれか。
(あ第3回-87)[臨床医学各論]
自律神経障害の症状はどれか。
(あ第3回-89)[臨床医学各論]
髄膜刺激症状はどれか。
(あ第3回-90)[臨床医学各論]
痴呆について誤っている組合せはどれか。
(あ第3回-91)[臨床医学各論]
症状と麻痺神経との組合せで正しいのはどれか。
(あ第3回-92)[臨床医学各論]
脳血管障害について正しい記述はどれか。
(あ第4回-89)[臨床医学各論]
疾患と原因との組合せで正しいのはどれか。
(あ第4回-91)[臨床医学各論]
神経麻痺とその症状との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第5回-90)[臨床医学各論]
パーキンソン病の症状で誤っているのはどれか。
(あ第5回-92)[臨床医学各論]
神経痛の起こらない神経はどれか。
(あ第6回-75)[臨床医学各論]
パーキンソン病の徴候はどれか。
(あ第6回-81)[臨床医学各論]
誤っている組合せはどれか。
(あ第6回-92)[臨床医学各論]
脳腫瘍の症状はどれか。
(あ第7回-75)[臨床医学各論]
ベル麻痺の症状でないのはどれか。
(あ第7回-82)[臨床医学各論]
中毒性疾患でないのはどれか。
(あ第7回-96)[臨床医学各論]
振戦を主訴とする疾患はどれか。
(あ第8回-76)[臨床医学各論]
閉経後に起こりやすい疾患はどれか。
(あ第8回-77)[臨床医学各論]
鶏歩に関係する神経はどれか。
(あ第8回-86)[臨床医学各論]
パーキンソン病について誤っている記述はどれか。
(あ第8回-94)[臨床医学各論]
病態と原因物質との組合せで正しいのはどれか。
(あ第8回-95)[臨床医学各論]
脳梗塞の原因疾患はどれか。
(あ第8回-96)[臨床医学各論]
重症筋無力症の症状でないのはどれか。
(あ第9回-80)[臨床医学各論]
閃輝暗点がみられるのはどれか。
(あ第10回-81)[臨床医学各論]
皮質性感覚失語を示す脳梗塞に関係する血管はどれか。
(あ第10回-82)[臨床医学各論]
静止時振戦が特徴的にみられるのはどれか。
(あ第11回-76)[臨床医学各論]
神経麻痺で母指対立筋の萎縮がみられるのはどれか。
(あ第11回-91)[臨床医学各論]
症候性パーキンソニズムの原因とならないのはどれか。
(あ第11回-94)[臨床医学各論]
疾患と症状との組合せで正しいのはどれか。
(あ第11回-95)[臨床医学各論]
運動が予防効果を示さないのはどれか。
(あ第12回-78)[臨床医学各論]
自律神経症状が中心となる疾患はどれか。
(あ第12回-95)[臨床医学各論]
運動機能障害について誤っている組合せはどれか。
(あ第13回-76)[臨床医学各論]
発作後に後遺症を残さないのはどれか。
(あ第13回-94)[臨床医学各論]
神経疾患と症状との組合せで正しいのはどれか。
(あ第14回-88)[臨床医学各論]
筋萎縮性側索硬化症で最も認めにくいのはどれか。
(あ第14回-89)[臨床医学各論]
ギラン・バレー症候群について誤っている記述はどれか。
(あ第14回-90)[臨床医学各論]
筋萎縮性側索硬化症でみられないのはどれか。
(あ第15回-78)[臨床医学各論]
「30歳の女性。3か月前から眼瞼下垂と下顎および両上肢の脱力がある。症状は午後から夕方に悪化し、朝には軽くなる。」
最も考えられる疾患はどれか。
(あ第16回-74)[臨床医学各論]
「30歳の女性。3か月前から眼瞼下垂と下顎および両上肢の脱力がある。症状は午後から夕方に悪化し、朝には軽くなる。」
障害部位はどこか。
(あ第16回-75)[臨床医学各論]
全身性硬化症について正しいのはどれか。
(あ第16回-87)[臨床医学各論]
デュシェンヌ型筋ジストロフィーで生じにくいのはどれか。
(あ第17回-69)[臨床医学各論]
ベル麻痺について誤っている記述はどれか。
(あ第17回-70)[臨床医学各論]
デュシェンヌ型筋ジストロフィー症について正しいのはどれか。
(あ第18回-76)[臨床医学各論]
全身性硬化症について誤っている記述はどれか。
(あ第18回-82)[臨床医学各論]
進行性全身性硬化症について正しい記述はどれか。
(あ第19回-84)[臨床医学各論]
反回神経麻痺でみられるのはどれか。
(あ第20回-84)[臨床医学各論]
総腓骨神経麻痺について正しい記述はどれか。
(あ第21回-80)[臨床医学各論]
坐骨神経痛の原因として最も多いのはどれか。
(あ第21回-88)[臨床医学各論]
緊張型頭痛で正しいのはどれか。
(あ第21回-89)[臨床医学各論]
「60歳の男性。高血圧で内服中であった。突然の意識障害にて救急搬送された。昏睡状態で、眼球は正中固定し、著しい縮瞳がみられた。四肢は伸展・内旋し、手首は回内・屈曲状態であった。」
この患者の状態はどれか。
(あ第22回-72)[臨床医学各論]
「60歳の男性。高血圧で内服中であった。突然の意識障害にて救急搬送された。昏睡状態で、眼球は正中固定し、著しい縮瞳がみられた。四肢は伸展・内旋し、手首は回内・屈曲状態であった。」
考えられる病変部位はどれか。
(あ第22回-73)[臨床医学各論]
疾患と病態との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第22回-79)[臨床医学各論]
発症直後の脳梗塞発見に最も適した検査はどれか。
(あ第22回-84)[臨床医学各論]
脳腫瘍の5年生存率で最も予後が悪いのはどれか。
(あ第22回-85)[臨床医学各論]
末梢性顔面神経麻痺でみられないのはどれか。
(あ第22回-89)[臨床医学各論]
緊張型頭痛で正しいのはどれか。
(あ第22回-90)[臨床医学各論]
パーキンソン病でよくみられるのはどれか。
(あ第23回-57)[臨床医学各論]
副鼻腔炎が原因となるのはどれか。
(あ第23回-68)[臨床医学各論]
重症筋無力症の初発症状はどれか。
(あ第23回-69)[臨床医学各論]
回転性めまいがよくみられるのはどれか。
(あ第24回-57)[臨床医学各論]
二次性高血圧の原因となる疾患はどれか。
(あ第24回-68)[臨床医学各論]
「70歳の男性。右手足がふるえ、動作が緩慢となり受診した。顔面は無表情で、立位では前かがみであった。認知症はない。」
本症例の主な障害部位はどれか。
(あ第24回-74)[臨床医学各論]
「70歳の男性。右手足がふるえ、動作が緩慢となり受診した。顔面は無表情で、立位では前かがみであった。認知症はない。」
本疾患にみられる身体所見はどれか。
(あ第24回-75)[臨床医学各論]
脳出血で四肢麻痺を認める出血部位はどれか。
(あ第25回-63)[臨床医学各論]
「75歳の男性。病院を受診し、脳梗塞による軽い片麻痺と診断された。」
麻痺側にみられる所見はどれか。
(あ第25回-74)[臨床医学各論]
「75歳の男性。病院を受診し、脳梗塞による軽い片麻痺と診断された。」
麻痺側で亢進する反射はどれか。
(あ第25回-75)[臨床医学各論]
坐骨神経痛の原因として最も多い椎間板ヘルニアの高位はどれか。
(あ第26回-58)[臨床医学各論]
パーキンソン病でよくみられるのはどれか。
(あ第26回-79)[臨床医学各論]
脳塞栓について正しいのはどれか。
(あ第27回-55)[臨床医学各論]
多発ニューロパチーについて正しいのはどれか。
(あ第27回-57)[臨床医学各論]
「36歳の女性。以前から頭痛もちであった。最近、月に2回くらい拍動性の頭痛が数時間以上続き、家事や子どもの面倒をみることができない。」
痛みが出現した際の指導で正しいのはどれか。
(あ第27回-72)[臨床医学各論]
「36歳の女性。以前から頭痛もちであった。最近、月に2回くらい拍動性の頭痛が数時間以上続き、家事や子どもの面倒をみることができない。」
診断のために患者に聞いておくべき項目で最も重要なのはどれか。
(あ第27回-73)[臨床医学各論]
ベル麻痺に伴うのはどれか。
(あ第28回-55)[臨床医学各論]
重症筋無力症について正しいのはどれか。
(あ第28回-56)[臨床医学各論]
神経疾患の過去問題[各](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す