整形外科疾患〔脊椎疾患〕の過去問題[各](鍼灸編)

頸椎後縦靭帯骨化症が多くみられる部位はどれか。
(はき第2回-75)[臨床医学各論]
L5~S1椎間板ヘルニアの所見で誤っているのはどれか。
(はき第2回-80)[臨床医学各論]
椎間板ヘルニアについて誤っているのはどれか。
(はき第3回-83)[臨床医学各論]
疾患と症状との組合せで正しいのはどれか。
(はき第4回-83)[臨床医学各論]
第4・5腰椎間椎間板ヘルニアの症状で正しいのはどれか。
(はき第5回-78)[臨床医学各論]
第4-5腰椎椎間板ヘルニアについて正しいのはどれか。
(はき第8回-80)[臨床医学各論]
疾患と症候との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第11回-72)[臨床医学各論]
腰椎椎間板ヘルニアで正しい記述はどれか。
(はき第12回-82)[臨床医学各論]
下部腰椎椎間板ヘルニアで認めにくい記述はどれか。
(はき第13回-75)[臨床医学各論]
腰部脊柱管狭窄症について誤っている記述はどれか。
(はき第14回-74)[臨床医学各論]
腰背部痛の原因で生命の危険をきたすのはどれか。
(はき第14回-75)[臨床医学各論]
脊椎分離症で誤っているのはどれか。
(はき第17回-66)[臨床医学各論]
頸部後縦靭帯骨化症について誤っている記述はどれか。
(はき第19回-63)[臨床医学各論]
脊椎分離すべり症について正しい記述はどれか。
(はき第20回-64)[臨床医学各論]
疾患と牽引方法との組合せで正しいのはどれか。
(はき第21回-68)[臨床医学各論]
L4-L5椎間板ヘルニアについて正しい記述はどれか。
(はき第21回-69)[臨床医学各論]
脊椎・脊髄疾患と身体所見の組合せで正しいのはどれか。
(はき第23回-63)[臨床医学各論]
頸椎症について正しいのはどれか。
(はき第23回-65)[臨床医学各論]
「28歳の女性。上肢の痛み、だるさ、しびれを訴える。上肢下垂時に症状が増悪する。首が長く、姿勢が悪い。モーレイテスト、アドソンテスト陽性。」
最も考えられる疾患はどれか。
(はき第24回-77)[臨床医学各論]
脊柱管狭窄を生じるのはどれか。
(はき第25回-57)[臨床医学各論]
頸椎症性神経根症でみられるのはどれか。
(はき第26回-58)[臨床医学各論]
「62歳の男性。右側の腰から下肢にかけての痛み、しびれがある。歩くと痛みは強くなり歩けなくなるが、休むと再び歩けるようになる。足関節・上腕血圧比は1.0であった。」
本症例の徒手検査所見で陽性を示すのはどれか。
(はき第26回-79)[臨床医学各論]
「62歳の男性。右側の腰から下肢にかけての痛み、しびれがある。歩くと痛みは強くなり歩けなくなるが、休むと再び歩けるようになる。足関節・上腕血圧比は1.0であった。」
歩行中に右下肢痛が起こったときの対応として、体幹の姿位で最も適切なのはどれか。
(はき第26回-80)[臨床医学各論]
整形外科疾患〔脊椎疾患〕の過去問題[各](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す