整形外科疾患〔関節疾患〕の過去問題[各](鍼灸編)

疾患と症状との組合せで正しいのはどれか。
(はき第4回-83)[臨床医学各論]
変形性関節症について誤っている記述はどれか。
(はき第6回-82)[臨床医学各論]
変形性関節症でヘバーデン結節のみられる関節はどれか。
(はき第8回-78)[臨床医学各論]
二次性変形性関節症の原因とならないのはどれか。
(はき第10回-81)[臨床医学各論]
15歳の肥満男子。軽微な外傷後跛行を主訴として来院した。最も考えられるのはどれか。
(はき第13回-73)[臨床医学各論]
変形性関節症について誤っている記述はどれか。
(はき第14回-73)[臨床医学各論]
へバーデン結節について誤っているのはどれか。
(はき第16回-70)[臨床医学各論]
肩関節周囲炎について適切でない記述はどれか。
(はき第19回-64)[臨床医学各論]
生後3か月検診で右股関節の開排制限を認めた。最も考えられる疾患はどれか。
(はき第21回-60)[臨床医学各論]
関節疾患について正しいのはどれか。
(はき第22回-68)[臨床医学各論]
変形性関節症のエックス線所見でないのはどれか。
(はき第24回-61)[臨床医学各論]
ピロリン酸カルシウムが原因であるのはどれか。
(はき第25回-56)[臨床医学各論]
変形性股関節症の原因とならないのはどれか。
(はき第26回-56)[臨床医学各論]
整形外科疾患〔関節疾患〕の過去問題[各](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す