整形外科疾患〔関節疾患〕の過去問題[各](あん摩マッサージ指圧師編)

いわゆる五十肩について誤っているのはどれか。
(あ第1回-87)[臨床医学各論]
次の文で示す患者について最も考えられる疾患はどれか。
「68歳の男性。約100m歩くと左の殿部から下腿部にかけて疼痛が生じる。しばらくしゃがんでいると症状は消失する。」
(あ第2回-88)[臨床医学各論]
いわゆる五十肩について誤っている記述はどれか。
(あ第3回-86)[臨床医学各論]
変形性膝関節症の成因について誤っているのはどれか。
(あ第3回-88)[臨床医学各論]
五十肩(肩関節周囲炎)について正しい記述はどれか。
(あ第6回-89)[臨床医学各論]
変形性膝関節症の症状で誤っているのはどれか。
(あ第7回-89)[臨床医学各論]
五十肩について誤っているのはどれか。
(あ第7回-90)[臨床医学各論]
肩関節周囲炎について誤っているのはどれか。
(あ第8回-85)[臨床医学各論]
肩関節周囲炎で誤っているのはどれか。
(あ第9回-88)[臨床医学各論]
いわゆる五十肩で誤っているのはどれか。
(あ第10回-92)[臨床医学各論]
いわゆる五十肩で誤っている記述はどれか。
(あ第12回-89)[臨床医学各論]
変形性膝関節症に関連が少ないのはどれか。
(あ第12回-90)[臨床医学各論]
五十肩について誤っている記述はどれか。
(あ第13回-80)[臨床医学各論]
変形性股関節症について正しい記述はどれか。
(あ第13回-81)[臨床医学各論]
いわゆる五十肩について誤っている記述はどれか。
(あ第14回-83)[臨床医学各論]
「60歳の女性。生来健康で病気や外傷の既往はない。3ヶ月前から右膝の疼痛と腫脹に気付く。膝の完全屈曲がやや困難。」
最も起こりにくいのはどれか。
(あ第15回-74)[臨床医学各論]
「60歳の女性。生来健康で病気や外傷の既往はない。3ヶ月前から右膝の疼痛と腫脹に気付く。膝の完全屈曲がやや困難。」
この患者への指導で誤っているのはどれか。
(あ第15回-75)[臨床医学各論]
肩関節周囲炎について適切でない記述はどれか。
(あ第15回-76)[臨床医学各論]
肩関節周囲炎について適切でない記述はどれか。
(あ第18回-71)[臨床医学各論]
ピロリン酸カルシウムが原因である疹痛発作性関節炎はどれか。
(あ第19回-69)[臨床医学各論]
変形性膝関節症で正しい記述はどれか。
(あ第20回-71)[臨床医学各論]
変形性膝関節症について正しい記述はどれか。
(あ第21回-81)[臨床医学各論]
肩関節の腱板損傷が多いのはどれか。
(あ第21回-86)[臨床医学各論]
疾患と所見との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第22回-80)[臨床医学各論]
女児に多い疾患はどれか。
(あ第22回-81)[臨床医学各論]
小児運動器疾患と所見の組合せで正しいのはどれか。
(あ第24回-49)[臨床医学各論]
変形性膝関節症について正しいのはどれか。
(あ第22回-86)[臨床医学各論]
肩関節周囲炎について正しいのはどれか。
(あ第24回-61)[臨床医学各論]
女性に多い疾患はどれか。
(あ第25回-58)[臨床医学各論]
変形性関節症の単純エックス線所見で正しいのはどれか。
(あ第26回-55)[臨床医学各論]
次の文で示す症例で最も適切な疾患はどれか。
「7歳の男児。外傷などの誘因はなく、右大腿から膝関節の痛みを訴えて来院した。」
(あ第28回-47)[臨床医学各論]
肘部管症候群を疑う所見はどれか。
(あ第28回-62)[臨床医学各論]
変形性股関節症について正しいのはどれか。
(あ第29回-50)[臨床医学各論]
整形外科疾患〔関節疾患〕の過去問題[各](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)