肝・胆・膵疾患の過去問題[各](鍼灸編)

正しいのはどれか。
(第1回-73)[臨床医学各論]
肝硬変で誤っているのはどれか。
(第1回-74)[臨床医学各論]
肝性昏睡にみられない症状はどれか。
(第2回-81)[臨床医学各論]
最も治りやすい肝炎はどれか。
(第2回-83)[臨床医学各論]
急性膵炎で誤っている記述はどれか。
(第2回-84)[臨床医学各論]
疾患と痛みが放散する部位との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第3回-67)[臨床医学各論]
肝炎について正しい記述はどれか。
(第3回-79)[臨床医学各論]
胆石症で適切でないのはどれか。
(第6回-75)[臨床医学各論]
膵臓癌で適切でない記述はどれか。
(第6回-76)[臨床医学各論]
C型肝炎で適切でない記述はどれか。
(第6回-77)[臨床医学各論]
疾患と検査との組合せで誤っているのはどれか。
(第8回-75)[臨床医学各論]
A型肝炎について誤っているのはどれか。
(第9回-80)[臨床医学各論]
肝硬変の症状でないのはどれか。
(第10回-79)[臨床医学各論]
疾患と危険因子との組合せで正しいのはどれか。
(第11回-79)[臨床医学各論]
経口感染するウイルス性肝炎はどれか。
(はき第13回-63)[臨床医学各論]
膵癌について誤っている記述はどれか。
(第13回-78)[臨床医学各論]
40歳の肥満女性。右季肋部の疝痛と発熱、黄疸が認められた。最も考えられるのはどれか。
(はき第14回-68)[臨床医学各論]
「施術後、患者の血液のついた鍼を廃棄する時に誤って施術者の指に刺さった。」
鍼刺し事故後、感染率が最も高いのはどれか。
(第14回-78)[臨床医学各論]
「施術後、患者の血液のついた鍼を廃棄する時に誤って施術者の指に刺さった。」
HBウイルス陽性患者であった場合の対応で最も適切なのはどれか。
(第14回-79)[臨床医学各論]
「施術後、患者の血液のついた鍼を廃棄する時に誤って施術者の指に刺さった。」
誤刺および感染を回避する方法として適切でないのはどれか。
(第14回-80)[臨床医学各論]
C型急性肝炎について正しい記述はどれか。
(第15回-73)[臨床医学各論]
膵管上皮由来の膵臓癌でみられないのはどれか。
(第15回-74)[臨床医学各論]
B型肝炎について正しい記述はどれか。
(第16回-64)[臨床医学各論]
ウイルス性肝炎に関して正しい記述はどれか。
(第18回-68)[臨床医学各論]
「60歳の男性。軽度呼吸困難で来院。腹部膨隆と女性化乳房とがみられ、上部消化管内視鏡検査で食道・胃静脈瘤を認める。血液検査で血小板と白血球に減少が認められ、C型肝炎ウイルス陽性であった。」
この疾患で血小板減少をきたす原因となる病変臓器はどれか。
(第18回-77)[臨床医学各論]
「60歳の男性。軽度呼吸困難で来院。腹部膨隆と女性化乳房とがみられ、上部消化管内視鏡検査で食道・胃静脈瘤を認める。血液検査で血小板と白血球に減少が認められ、C型肝炎ウイルス陽性であった。」
この疾患に合併する悪性腫瘍の早期発見に有用な腫瘍マーカーはどれか。
(第18回-78)[臨床医学各論]
慢性膵炎で正しい記述はどれか。
(第21回-62)[臨床医学各論]
「55歳の女性。夕食にてんぷらを摂取後、悪心、嘔吐、右季肋部痛が出現し、救急外来を受診した。血液検査データで白血球数19,500/μl、CRP高値、赤沈亢進を認めた。」本患者で予測される所見はどれか。
(第21回-77)[臨床医学各論]
「55歳の女性。夕食にてんぷらを摂取後、悪心、嘔吐、右季肋部痛が出現し、救急外来を受診した。血液検査データで白血球数19,500/μl、CRP高値、赤沈亢進を認めた。」本患者でまず行う検査はどれか。
(第21回-78)[臨床医学各論]
膵癌について正しいのはどれか。
(第22回-62)[臨床医学各論]
胆嚢癌について正しいのはどれか。
(はき第23回-55)[臨床医学各論]
急性ウイルス性肝炎で正しいのはどれか。
(はき第24回-57)[臨床医学各論]
「50歳の男性。大酒家である。軽度の意識障害で受診した。眼球の黄染、胸部のクモ状血管拡張と著明な腹水がみられた。また、上肢の不規則な運動が認められた。」
本症例でみられる上肢の所見はどれか。
(はき第24回-79)[臨床医学各論]
「50歳の男性。大酒家である。軽度の意識障害で受診した。眼球の黄染、胸部のクモ状血管拡張と著明な腹水がみられた。また、上肢の不規則な運動が認められた。」
本疾患でよくみられる合併症はどれか。
(はき第24回-80)[臨床医学各論]
脂肪肝に関係ないのはどれか。
(はき第26回-63)[臨床医学各論]
ウイルス性肝炎と感染経路の組合せで正しいのはどれか。
(はき第28回-71)[臨床医学各論]
「35歳の女性看護師。皮膚の黄染、全身倦怠感にて受診。針刺しの既往がある。肝炎ウイルスマーカーでは、HCV抗体陽性、HCV-RNA陽性で、他は陰性であった。」
本疾患について正しいのはどれか。
(はき第28回-75)[臨床医学各論]
「35歳の女性看護師。皮膚の黄染、全身倦怠感にて受診。針刺しの既往がある。肝炎ウイルスマーカーでは、HCV抗体陽性、HCV-RNA陽性で、他は陰性であった。」
本疾患に合併する悪性腫瘍で上昇する腫瘍マーカーはどれか。
(はき第28回-76)[臨床医学各論]
肝・胆・膵疾患の過去問題[各](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す