消化管疾患の過去問題[各](鍼灸編)

う歯について誤っているのはどれか。
(はき第1回-70)[臨床医学各論]
正しい組合せはどれか。
(はき第1回-72)[臨床医学各論]
腸閉塞症について誤っている組合せはどれか。
(はき第2回-82)[臨床医学各論]
疾患と痛みが放散する部位との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第3回-67)[臨床医学各論]
過敏性腸症候群について正しい記述はどれか。
(はき第3回-78)[臨床医学各論]
ダンピング症候群を起こす原因はどれか。
(はき第4回-76)[臨床医学各論]
胃切除後症候群の症状でないのはどれか。
(はき第7回-74)[臨床医学各論]
下痢の原因疾患でないのはどれか。
(はき第7回-75)[臨床医学各論]
疾患と検査との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第8回-75)[臨床医学各論]
う歯の要因でないのはどれか。
(はき第9回-78)[臨床医学各論]
疾患と危険因子との組合せで正しいのはどれか。
(はき第11回-79)[臨床医学各論]
疾患と原因との組合せで正しいのはどれか。
(はき第14回-67)[臨床医学各論]
クローン病の合併症はどれか。
(はき第15回-72)[臨床医学各論]
食道癌でみられないのはどれか。
(はき第16回-63)[臨床医学各論]
胃潰瘍について誤っている記述はどれか。
(はき第17回-69)[臨床医学各論]
潰瘍性大腸炎の特徴でないのはどれか。
(はき第18回-75)[臨床医学各論]
麻痺性イレウスの症状で誤っているのはどれか。
(はき第19回-66)[臨床医学各論]
癌と腫瘍マーカーとの組合せで正しいのはどれか。
(はき第20回-65)[臨床医学各論]
潰瘍性大腸炎の合併症でないのはどれか。
(はき第20回-66)[臨床医学各論]
胃切除術後のダンピング症候群の所見で誤っているのはどれか。
(はき第21回-74)[臨床医学各論]
口腔内所見と疾患の組合せで正しいのはどれか。
(はき第23回-57)[臨床医学各論]
「70歳の男性。嚥下障害と体重減少で来院し、食道癌と診断された。さらに右眼瞼下垂と縮瞳が認められた。」
本疾患について適切なのはどれか。
(はき第23回-79)[臨床医学各論]
「70歳の男性。嚥下障害と体重減少で来院し、食道癌と診断された。さらに右眼瞼下垂と縮瞳が認められた。」
本症例にみられる合併症はどれか。
(はき第23回-80)[臨床医学各論]
過敏性腸症候群でよくみられるのはどれか。
(はき第24回-70)[臨床医学各論]
脱水を起こしやすいのはどれか。
(はき第24回-71)[臨床医学各論]
歯周病の増悪因子でないのはどれか。
(はき第25回-62)[臨床医学各論]
痔瘻を合併しやすいのはどれか。
(はき第25回-69)[臨床医学各論]
「45歳の男性。最近、心窩部から背中の皮膚にかけて痛みが起きる。胸やけ、食欲不振もある。上部消化管内視鏡検査では、胃角部に潰瘍を認め、ヘリコバクター・ピロリの感染を疑った。」
本症例の背中の皮膚の痛みで最も適切なのはどれか。
(はき第25回-79)[臨床医学各論]
「45歳の男性。最近、心窩部から背中の皮膚にかけて痛みが起きる。胸やけ、食欲不振もある。上部消化管内視鏡検査では、胃角部に潰瘍を認め、ヘリコバクター・ピロリの感染を疑った。」
ヘリコバクター・ピロリの検査はどれか。
(はき第25回-80)[臨床医学各論]
ホルネル症候群がみられやすいのはどれか。
(はき第26回-69)[臨床医学各論]
潰瘍性大腸炎の特徴で正しいのはどれか。
(はき第28回-70)[臨床医学各論]
食道癌について正しいのはどれか。
(はき第28回-72)[臨床医学各論]
消化管疾患の過去問題[各](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す