感染症の過去問題[衛](あん摩マッサージ指圧師編)

届出る必要がない感染症はどれか。
(あ第2回-4)[衛生学]
食物を介さない感染症はどれか。
(あ第3回-3)[衛生学]
飲料水により感染する疾患はどれか。
(あ第4回-6)[衛生学]
輸入感染症はどれか。
(あ第5回-7)[衛生学]
日本脳炎の原因となる微生物はどれか。
(あ第6回-9)[衛生学]
経皮感染する疾病はどれか。
(あ第7回-6)[衛生学]
予防接種が有効な感染症はどれか。
(あ第7回-7)[衛生学]
個体(宿主)因子でないのはどれか。
(あ第8回-4)[衛生学]
飛沫感染するのはどれか。
(あ第8回-6)[衛生学]
正しい組合せはどれか。
(あ第8回-8)[衛生学]
生物学的病因でないのはどれか。
(あ第9回-5)[衛生学]
ネズミを感染源動物とする疾患はどれか。
(あ第9回-7)[衛生学]
検疫感染症はどれか。
※出題当時は「コレラ」が正解でしたが、2019年現在の答えは?
(あ第9回-8)[衛生学]
予防接種に生菌ワクチンが使用されているのはどれか。
(あ第9回-9)[衛生学]
施術者の罹患で施術対象者が感染する可能性が最も高い疾患はどれか。
(あ第10回-10)[衛生学]
複製によって増殖するのはどれか。
※協会解答は「ウイルス」でしたが、全て正解。
(あ第12回-9)[衛生学]
疾病とその病原体との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第13回-8)[衛生学]
ウイルス疾患はどれか。
(あ第14回-5)[衛生学]
潜伏期が最も長いのはどれか。
(あ第14回-7)[衛生学]
感染症流行で疫学の3大要因でないのはどれか。
(あ第14回-8)[衛生学]
3類感染症はどれか。
※正解2つ。どちらか1つを選べば正解になります。
(あ第15回-9)[衛生学]
感染症流行での感受性対策はどれか。
(あ第15回-10)[衛生学]
空気感染するのはどれか。
(あ第16回-5)[衛生学]
血液を介して直接感染するのはどれか。
(あ第16回-10)[衛生学]
蚊が媒介する疾患はどれか。
(あ第17回-6)[衛生学]
感染症法で1類感染症はどれか。
(あ第17回-7)[衛生学]
我が国の定期予防接種に含まれないのはどれか。
(あ第17回-11)[衛生学]
地球上から撲滅された感染症はどれか。
(あ第18回-8)[衛生学]
法令で保健所に報告することが定められている疾病はどれか。
(あ第20回-9)[衛生学]
後天性免疫不全症候群について正しい記述はどれか。
(あ第21回-5)[衛生学]
悪性新生物の予防を目的にしたワクチンはどれか。
(あ第22回-3)[衛生学]
ウイルス感染症はどれか。
(あ第22回-8)[衛生学]
予防接種が有効なのはどれか。
(ああ第23回-9)[衛生学]
感染症法で入院勧告の対象となる疾患はどれか。
(あ第27回-6)[衛生学]
感染症の過去問題[衛](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す