ライフスタイルと健康の過去問題[衛](あん摩マッサージ指圧師編)

我が国における食中毒の発生原因で最も多いのはどれか。
(あ第1回-5)[衛生学]
現代の食生活で不足しがちな栄養素はどれか。
(あ第2回-7)[衛生学]
食中毒について誤っている記述はどれか。
(あ第5回-5)[衛生学]
三大栄養素でないのはどれか。
(あ第8回-3)[衛生学]
日本人の最近の栄養摂取状況について減少しているのはどれか。
(あ第9回-3)[衛生学]
我が国の食中毒で最も発生の少ない原因菌はどれか。
(あ第11回-5)[衛生学]
肥満の判定に用いられる指数はどれか。
(あ第12回-5)[衛生学]
潜伏期が最も短い食中毒の起因菌はどれか。
(あ第12回-8)[衛生学]
過剰摂取と疾病との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第13回-4)[衛生学]
魚介類による食中毒の病原体として適切なのはどれか。
(あ第13回-9)[衛生学]
生活習慣病でないのはどれか。
(あ第14回-6)[衛生学]
有酸素性運動として用いられないのはどれか。
(あ第15回-4)[衛生学]
健康日本21の目標にないのはどれか。
(あ第16回-4)[衛生学]
メタボリックシンドロームの判定に含まれないのはどれか。
(あ第16回-8)[衛生学]
健康日本21で食塩摂取量の1日当りの目標値はどれか。
(あ第17回-3)[衛生学]
食品衛生法で表示が義務づけられていないのはどれか。
※財団回答は「健康食品」ですが、正解無しです。何も選ばないと最後の正解数が出ないので、どれか一つ選んで下さい。
(あ第17回-4)[衛生学]
メタボリックシンドロームの診断基準項目でないのはどれか。
(あ第18回-7)[衛生学]
我が国の最近の食中毒統計で患者数が最も多い食中毒の原因はどれか。
(あ第19回-9)[衛生学]
生活習慣病でないのはどれか。
(あ第20回-4)[衛生学]
メタボリックシンドロームの診断基準に含まれるのはどれか。
(あ第20回-11)[衛生学]
我が国で肥満と判定されるBMIの基準値はどれか。
(あ第21回-7)[衛生学]
2000年に策定された食生活指針で控えめにすることを推奨しているのはどれか。
(あ第21回-8)[衛生学]
健康増進法により実施されるのはどれか。
(あ第23回-7)[衛生学]
過剰摂取と生活習慣病の組合せで正しいのはどれか。
(あ第23回-8)[衛生学]
毒素型の食中毒を起こすのはどれか。
(あ第23回-10)[衛生学]
メタボリックシンドロームの診断基準項目はどれか。
(あ第24回-10)[衛生学]
我が国の平成26年度の食中毒について正しいのはどれか。
(あ第25回-5)[衛生学]
過剰摂取で痛風になりやすいのはどれか。
(あ第25回-8)[衛生学]
メタボリックシンドロームの診断基準に含まれるのはどれか。
(あ第26回-9)[衛生学]
産生する毒素により食中毒を発症する病原体はどれか。
(あ第28回-9)[衛生学]
ライフスタイルと健康の過去問題[衛](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す