リハビリテーション医学と医療[リ](あん摩マッサージ指圧師編)

反射現象で誤っているのはどれか。
(あ第1回-97)[リハビリテーション医学]
肩関節について誤っているのはどれか。
(あ第1回-98)[リハビリテーション医学]
変形性関節症について正しいのはどれか。
(あ第1回-99)[リハビリテーション医学]
慢性関節リウマチで正しいのはどれか。
(あ第1回-100)[リハビリテーション医学]
運動療法で正しいのはどれか。
(あ第1回-101)[リハビリテーション医学]
異常歩行で誤っているのはどれか。
(あ第1回-102)[リハビリテーション医学]
歩行訓練について正しいのはどれか。
(あ第1回-103)[リハビリテーション医学]
急性期の脳血管障害の対応で正しいのはどれか。
(あ第1回-104)[リハビリテーション医学]
失語症で誤っているのはどれか。
(あ第1回-105)[リハビリテーション医学]
脊髄損傷について正しいのはどれか。
(あ第1回-106)[リハビリテーション医学]
運動療法の中止が必要な状況はどれか。
(あ第2回-97)[リハビリテーション医学]
疾患と歩行との組合わせで正しいのはどれか。
(あ第2回-98)[リハビリテーション医学]
腰痛の治療で誤っている記述はどれか。
(あ第2回-99)[リハビリテーション医学]
歩行について正しい記述はどれか。
(あ第2回-100)[リハビリテーション医学]
脊柱について正しい記述はどれか。
(あ第2回-101)[リハビリテーション医学]
理学療法について正しい記述はどれか。
(あ第2回-102)[リハビリテーション医学]
水治療法について正しい記述はどれか。
(あ第2回-103)[リハビリテーション医学]
脳卒中について誤っている記述はどれか。
(あ第2回-104)[リハビリテーション医学]
脊髄損傷で誤っている記述はどれか。
(あ第2回-105)[リハビリテーション医学]
身分が法律で定められていない職種はどれか。
(あ第2回-106)[リハビリテーション医学]
障害と医学的リハビリテーションの方法との組み合わせで適切なのはどれか。
(あ第3回-97)[リハビリテーション医学]
運動療法を中止すべき状態はどれか。
(あ第3回-98)[リハビリテーション医学]
ADLの意味はどれか。
(あ第3回-99)[リハビリテーション医学]
深部感覚でないのはどれか。
(あ第3回-100)[リハビリテーション医学]
関節可動域について正しいのはどれか。
(あ第3回-101)[リハビリテーション医学]
脳性麻痺の病型に含まれないのはどれか。
(あ第3回-102)[リハビリテーション医学]
脳卒中急性期における理学療法の原則として正しい記述はどれか。
(あ第3回-103)[リハビリテーション医学]
慢性関節リウマチについて正しい記述はどれか。
(あ第3回-104)[リハビリテーション医学]
脊髄損傷の合併症でないのはどれか。
(あ第3回-105)[リハビリテーション医学]
腰痛について誤っている記述はどれか。
(あ第3回-106)[リハビリテーション医学]
身体障害者福祉法に基づく内部障害でないのはどれか。
※2010年からは肝臓機能障害も新たに追加されたので正解無しなのですが、何も選ばないと最後の正解数が出ませんので、どれか一つ選んで下さい。
(あ第4回-97)[リハビリテーション医学]
関節の正常可動範囲で正しいのはどれか。
(あ第4回-98)[リハビリテーション医学]
肩関節の運動で誤っているのはどれか。
(あ第4回-99)[リハビリテーション医学]
運動療法で正しい記述はどれか。
(あ第4回-100)[リハビリテーション医学]
温熱刺激の作用で誤っている記述はどれか。
(あ第4回-101)[リハビリテーション医学]
脳卒中に属さない疾患はどれか。
(あ第4回-102)[リハビリテーション医学]
脊髄損傷について正しい記述はどれか。
(あ第4回-103)[リハビリテーション医学]
慢性関節リウマチで誤っている記述はどれか。
(あ第4回-104)[リハビリテーション医学]
脳性麻痺によく見られる状態として誤っているのはどれか。
(あ第4回-105)[リハビリテーション医学]
五十肩について誤っている記述はどれか。
(あ第4回-106)[リハビリテーション医学]
疾患と歩行との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第5回-97)[リハビリテーション医学]
温熱の作用で誤っているのはどれか。
(あ第5回-98)[リハビリテーション医学]
脳性麻痺について正しい記述はどれか。
(あ第5回-99)[リハビリテーション医学]
障害を持った個人としての機能の低下を表す言葉で正しいのはどれか。
(あ第5回-100)[リハビリテーション医学]
通常のリハビリテーション施設で作業療法として行われないのはどれか。
(あ第5回-101)[リハビリテーション医学]
膝関節について誤っている記述はどれか。
(あ第5回-102)[リハビリテーション医学]
脳卒中急性期の理学療法で適切でないのはどれか。
(あ第5回-103)[リハビリテーション医学]
C6損傷(第7頸髄節以下の損傷)の患者ができない動作はどれか。
(あ第5回-104)[リハビリテーション医学]
慢性関節リウマチ患者の理学療法で適切でないのはどれか。
(あ第5回-105)[リハビリテーション医学]
変形性関節症の症状で誤っているのはどれか。
(あ第5回-106)[リハビリテーション医学]
リハビリテーション領域で福祉事務所が主たる役割を担っているのはどれか。
(あ第6回-97)[リハビリテーション医学]
障害における能力低下の評価はどれか。
(あ第6回-98)[リハビリテーション医学]
関節の運動方向と動作との組合せで正しいのはどれか。
(あ第6回-99)[リハビリテーション医学]
正常の歩行周期で踵接地の次にくるのはどれか。
(あ第6回-100)[リハビリテーション医学]
水治療法に含まれないのはどれか。
(あ第6回-101)[リハビリテーション医学]
脳卒中片麻痺患者の歩行訓練で誤っている記述はどれか。
(あ第6回-102)[リハビリテーション医学]
脊髄損傷急性期の訓練で誤っているのはどれか。
(あ第6回-103)[リハビリテーション医学]
変形性膝関節症で適切でない記述はどれか。
(あ第6回-104)[リハビリテーション医学]
慢性関節リウマチの温熱療法の効果で誤っている記述はどれか。
(あ第6回-105)[リハビリテーション医学]
脳性麻痺について誤っている記述はどれか。
(あ第6回-106)[リハビリテーション医学]
障害とそのアプローチとの組合せで誤っているのはどれか。
(あ第7回-97)[リハビリテーション医学]
身体障害に含まれないのはどれか。
(あ第7回-98)[リハビリテーション医学]
前腕にのみみられる動きはどれか。
(あ第7回-99)[リハビリテーション医学]
立位姿勢が安定する要因で正しい記述はどれか。
(あ第7回-100)[リハビリテーション医学]
理学療法の内容で誤っているのはどれか。
(あ第7回-101)[リハビリテーション医学]
脳卒中のリハビリテーションで誤っている記述はどれか。
(あ第7回-102)[リハビリテーション医学]
脳性麻痺の早期訓練開始の目的で誤っているのはどれか。
(あ第7回-103)[リハビリテーション医学]
慢性関節リウマチのリハビリテーションで適切でないのはどれか。
(あ第7回-104)[リハビリテーション医学]
変形性膝関節症のリハビリテーションで適切でないのはどれか。
(あ第7回-105)[リハビリテーション医学]
脊髄損傷のリハビリテーションについて誤っている組合せはどれか。
(あ第7回-106)[リハビリテーション医学]
経済的問題の解決を図るリハビリテーションの分野はどれか。
(あ第8回-97)[リハビリテーション医学]
四肢の計測で誤っている組合せはどれか。
(あ第8回-98)[リハビリテーション医学]
徒手筋力テストで重力除去すれは完全に運動できるのはどれか。
(あ第8回-99)[リハビリテーション医学]
関節の種類でラセン関節に分類されるのはどれか。
(あ第8回-100)[リハビリテーション医学]
補装具に分類されるのはどれか。
(あ第8回-101)[リハビリテーション医学]
片麻痺患者の3動作での平行棒内歩行で正しい順序はどれか。
(あ第8回-102)[リハビリテーション医学]
脊髄損傷について誤っている記述はどれか。
(あ第8回-103)[リハビリテーション医学]
脳性麻痺について誤っている記述はどれか。
(あ第8回-104)[リハビリテーション医学]
慢性関節リウマチについて誤っている記述はどれか。
(あ第8回-105)[リハビリテーション医学]
骨折のリハビリテーションについて誤っている記述はどれか。
(あ第8回-106)[リハビリテーション医学]
WHOの定義による障害分類で誤っているのはどれか。
(あ第9回-97)[リハビリテーション医学]
リハビリテーションにおける目標の設定で誤っているのはどれか。
(あ第9回-98)[リハビリテーション医学]
感覚性失語症がみられるのはどれか。
(あ第9回-99)[リハビリテーション医学]
肩関節の外転運動に関与しないのはどれか。
(あ第9回-100)[リハビリテーション医学]
異常歩行について正しい組合せはどれか。
(あ第9回-101)[リハビリテーション医学]
脳卒中急性期の理学療法で誤っている記述はどれか。
(あ第9回-102)[リハビリテーション医学]
脳性麻痺の早期治療の目的で誤っているのはどれか。
(あ第9回-103)[リハビリテーション医学]
胸髄損傷による対麻痺患者ができない活動はどれか。
(あ第9回-104)[リハビリテーション医学]
片麻痺で亜脱臼が起こりやすい関節はどれか。
(あ第9回-105)[リハビリテーション医学]
腰痛の治療について正しい記述はどれか。
(あ第9回-106)[リハビリテーション医学]
運動障害について誤っている組合せはどれか。
(あ第10回-97)[リハビリテーション医学]
肩関節の運動方向で誤っているのはどれか。
(あ第10回-98)[リハビリテーション医学]
医療ソーシャルワーカーが行うのはどれか。
(あ第10回-99)[リハビリテーション医学]
立位時に生理的にみられないのはどれか。
(あ第10回-100)[リハビリテーション医学]
脳卒中患者の杖歩行で誤っている記述はどれか。
(あ第10回-101)[リハビリテーション医学]
脳卒中患者の二次合併症はどれか。
(あ第10回-102)[リハビリテーション医学]
慢性関節リウマチの自助具として適切でないのはどれか。
(あ第10回-103)[リハビリテーション医学]
骨折について誤っている記述はどれか。
(あ第10回-104)[リハビリテーション医学]
頸髄損傷のリハビリテーションで誤っている記述はどれか。
(あ第10回-105)[リハビリテーション医学]
腰痛の治療で適切でない記述はどれか。
(あ第10回-106)[リハビリテーション医学]
温熱療法に用いられないのはどれか。
(あ第11回-97)[リハビリテーション医学]
筋力と運動療法との組合せで適切でないのはどれか。
(あ第11回-98)[リハビリテーション医学]
股関節を動かす作用のない筋はどれか。
(あ第11回-99)[リハビリテーション医学]
治療体操と疾患との組合せ誤っているのはどれか。
(あ第11回-100)[リハビリテーション医学]
障害分類における機能障害でないのはどれか。
(あ第11回-101)[リハビリテーション医学]
動作と関節の運動方向との組合せで正しいのはどれか。
(あ第11回-102)[リハビリテーション医学]
仙骨部褥瘡の予防対策で誤っているのはどれか。
(あ第11回-103)[リハビリテーション医学]
脳卒中患者への指導で正しい記述はどれか。
(あ第11回-104)[リハビリテーション医学]
痙性麻痺を呈するのはどれか。
(あ第11回-105)[リハビリテーション医学]
疾患とその治療との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第11回-106)[リハビリテーション医学]
高齢者の転倒予防で誤っている記述はどれか。
(あ第12回-88)[リハビリテーション医学]
職種とその業務との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第12回-97)[リハビリテーション医学]
日常生活関連動作(APDL)はどれか。
(あ第12回-98)[リハビリテーション医学]
手指変形で遠位指節間関節が過伸展位となるのはどれか。
(あ第12回-99)[リハビリテーション医学]
関節可動域で誤っている記述はどれか。
(あ第12回-100)[リハビリテーション医学]
片麻痺の伸展共同運動でみられるのはどれか。
(あ第12回-101)[リハビリテーション医学]
パーキンソン病にみられる運動障害で適切でないのはどれか。
(あ第12回-102)[リハビリテーション医学]
廃用症候群でみられるのはどれか。
(あ第12回-103)[リハビリテーション医学]
下肢の痙性麻痺がみられるのはどれか。
(あ第12回-104)[リハビリテーション医学]
脳性麻痺患者に伴わないのはどれか。
(あ第12回-105)[リハビリテーション医学]
体内金属埋め込み部位への施行が禁忌なのはどれか。
(あ第12回-106)[リハビリテーション医学]
ノーマライゼーションの考え方として正しいのはどれか。
(あ第13回-97)[リハビリテーション医学]
障害分類における機能障害はどれか。
(あ第13回-98)[リハビリテーション医学]
運動療法の効果で誤っているのはどれか。
(あ第13回-99)[リハビリテーション医学]
温熱効果が期待できないのはどれか。
(あ第13回-100)[リハビリテーション医学]
前腕が回外位となる動作はどれか。
(あ第13回-101)[リハビリテーション医学]
鶏歩がみられるのはどれか。
(あ第13回-102)[リハビリテーション医学]
脳梗塞急性期の患者で運動を開始してはならないのはどれか。
(あ第13回-103)[リハビリテーション医学]
生後4か月児で発達異常が疑われるのはどれか。
(あ第13回-104)[リハビリテーション医学]
変形性膝関節症患者に勧めるものとして誤っているのはどれか。
(あ第13回-105)[リハビリテーション医学]
腰痛の運動療法で正しいのはどれか。
(あ第13回-106)[リハビリテーション医学]
リハビリテーションの理念として誤っている記述はどれか。
(あ第14回-95)[リハビリテーション医学]
関節運動と最大可動域との組合せで正しいのはどれか。
(あ第14回-96)[リハビリテーション医学]
病態と対応する義肢装具との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第14回-97)[リハビリテーション医学]
車いすのパーツの名称として誤っているのはどれか。
(あ第14回-98)[リハビリテーション医学]
健常成人の立位姿勢で側方からみて重心線が通らないのはどれか。
(あ第14回-99)[リハビリテーション医学]
正常歩行の立脚中期にみられないのはどれか。
(あ第14回-100)[リハビリテーション医学]
脳卒中急性期にみられない症状はどれか。
(あ第14回-101)[リハビリテーション医学]
呼吸器疾患のリハビリテーションで誤っているのはどれか。
(あ第14回-102)[リハビリテーション医学]
訓練法と疾患との組合せで正しいのはどれか。
(あ第14回-103)[リハビリテーション医学]
大腿骨頸部骨折に対する人工骨頭置換術後のリハビリテーションで誤っているのはどれか。
(あ第14回-104)[リハビリテーション医学]
国際生活機能分類(ICF)において、「課題や行為の個人による遂行」にあたるのはどれか。
(あ第16回-91)[リハビリテーション医学]
四肢の周径測定の際にその最大部を測定に用いないのはどれか。
(あ第16回-92)[リハビリテーション医学]
徒手筋力テストでMMT3以上の場合に側臥位で測定するのはどれか。
(あ第16回-93)[リハビリテーション医学]
改訂版長谷川式簡易知能評価スケールの質問内容として誤っているのはどれか。
(あ第16回-94)[リハビリテーション医学]
温熱療法について誤っている記述はどれか。
(あ第16回-95)[リハビリテーション医学]
脳卒中片麻痺に起こりやすい拘縮肢位として誤っているのはどれか。
(あ第16回-96)[リハビリテーション医学]
第5頸髄節レベル残存の脊髄損傷完全麻痺患者で可能なのはどれか。
(あ第16回-97)[リハビリテーション医学]
脳性麻痺を疑う根拠として誤っている記述はどれか。
(あ第16回-98)[リハビリテーション医学]
腰痛に対する運動療法で誤っているのはどれか。
(あ第16回-99)[リハビリテーション医学]
呼吸困難の程度を表わす分類はどれか。
(あ第16回-100)[リハビリテーション医学]
国際生活機能分類の障害レベルについて正しい組合せはどれか。
(あ第17回-91)[リハビリテーション医学]
関節運動と最大可動域との組合せで正しいのはどれか。
(あ第17回-92)[リハビリテーション医学]
作業療法について誤っているのはどれか。
(あ第17回-93)[リハビリテーション医学]
温熱療法で直接深部を温めるのはどれか。
(あ第17回-94)[リハビリテーション医学]
異常歩行とその原因との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第17回-95)[リハビリテーション医学]
脳卒中の合併症で誤っているのはどれか。
(あ第17回-96)[リハビリテーション医学]
脳卒中の急性期リハビリテーションで誤っているのはどれか。
(あ第17回-97)[リハビリテーション医学]
脳性麻痺について誤っている記述はどれか。
(あ第17回-98)[リハビリテーション医学]
慢性閉塞性換気障害に対するリハビリテーションで誤っているのはどれか。
(あ第17回-99)[リハビリテーション医学]
疾患と装具との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第17回-100)[リハビリテーション医学]
地域リハビリテーションについて正しい記述はどれか。
(あ第18回-91)[リハビリテーション医学]
関節可動域について正しい記述はどれか。
(あ第18回-92)[リハビリテーション医学]
肩関節運動に対する徒手筋力テストの際、MMT2を評価するときに側臥位で実施するのはどれか。
(あ第18回-93)[リハビリテーション医学]
ADLの項目として正しいのはどれか。
(あ第18回-94)[リハビリテーション医学]
長下肢装具を用いないのはどれか。
(あ第18回-95)[リハビリテーション医学]
正常歩行における右足の踵接地時の説明として誤っている記述はどれか。
(あ第18回-96)[リハビリテーション医学]
脳卒中のリハビリテーションで正しい記述はどれか。
(あ第18回-97)[リハビリテーション医学]
脊髄損傷でみられないのはどれか。
(あ第18回-98)[リハビリテーション医学]
下肢の切断原因で近年特に増加しているのはどれか。
(あ第18回-99)[リハビリテーション医学]
肩関節周囲炎のリハビリテーションで正しい記述はどれか。
(あ第18回-100)[リハビリテーション医学]
18歳以上の在宅身体障害者で最も多い原因疾患はどれか。
(あ第19回-91)[リハビリテーション医学]
ノーマライゼーションの基本理念はどれか。
(あ第19回-92)[リハビリテーション医学]
下肢長を脛骨内果から測定する際に近位側の測定点はどこか。
(あ第19回-93)[リハビリテーション医学]
運動の協調性をみる評価法はどれか。
(あ第19回-94)[リハビリテーション医学]
基本肢位における関節可動域角度で正しいのはどれか。
(あ第19回-95)[リハビリテーション医学]
作業療法の内容で正しいのはどれか。
(あ第19回-96)[リハビリテーション医学]
脳卒中左片麻痺患者で適切な記述はどれか。
(あ第19回-97)[リハビリテーション医学]
脳性麻痺について正しい組合せはどれか。
(あ第19回-98)[リハビリテーション医学]
慢性閉塞性肺疾患患者に対するリハビリテーションで正しいのはどれか。
(あ第19回-99)[リハビリテーション医学]
変形性膝関節症に対する歩行訓練で誤っているのはどれか。
(あ第19回-100)[リハビリテーション医学]
国際生活機能分類(ICF)において、「活動」に該当するリハビリテーションはどれか。
(あ第20回-91)[リハビリテーション医学]
脳卒中維持期のリハビリテーションを担うのはどれか。
(あ第20回-92)[リハビリテーション医学]
関節可動域で正しいのはどれか。
(あ第20回-93)[リハビリテーション医学]
デローム・ワトキンス法で用いる運動療法はどれか。
(あ第20回-94)[リハビリテーション医学]
温熱療法の禁忌はどれか。
(あ第20回-95)[リハビリテーション医学]
ブローカ失語の特徴として正しい記述はどれか。
(あ第20回-96)[リハビリテーション医学]
錐体外路障害の症状はどれか。
(あ第20回-97)[リハビリテーション医学]
脳卒中患者の運動療法でアンダーソン分類の中止基準となるのはどれか。
(あ第20回-98)[リハビリテーション医学]
脊髄損傷患者で杖と短下肢装具の使用により実用歩行が可能となる損傷レベルはどれか。
(あ第20回-99)[リハビリテーション医学]
末梢神経の障害で鷲手を起こすのはどれか。
(あ第20回-100)[リハビリテーション医学]
医学的リハビリテーションに該当するのはどれか。
(あ第21回-91)[リハビリテーション医学]
医学的リハビリテーションを担う職種とその内容との組合せで正しいのはどれか。
(あ第21回-92)[リハビリテーション医学]
錐体路障害で生じるのはどれか。
(あ第21回-93)[リハビリテーション医学]
検者が母指と示指で輪を作り、それを模倣させる動作ができない時に疑われる高次脳機能障害はどれか。
(あ第21回-94)[リハビリテーション医学]
機能的作業療法として行われるのはどれか。
(あ第21回-95)[リハビリテーション医学]
正常立位姿勢で重心線が通る部位として正しいのはどれか。
(あ第21回-96)[リハビリテーション医学]
足の変形と原因となる筋との組合せで正しいのはどれか。
(あ第21回-97)[リハビリテーション医学]
脳卒中の障害について正しい記述はどれか。
(あ第21回-98)[リハビリテーション医学]
第6頸髄節レベルの脊髄損傷患者に可能なADLで正しいのはどれか。
(あ第21回-99)[リハビリテーション医学]
下肢切断患者の幻肢痛について正しい記述はどれか。
(あ第21回-100)[リハビリテーション医学]
ノーマライゼーションとして正しいのはどれか。
(あ第22回-91)[リハビリテーション医学]
急性期リハビリテーションとして行うのはどれか。
(あ第22回-92)[リハビリテーション医学]
徒手筋力テストで4以上の筋力を評価する際に座位で行うのはどれか。
(あ第22回-93)[リハビリテーション医学]
脳卒中のブルンストロームステージで弛緩性麻痺がみられるのはどれか。
(あ第22回-94)[リハビリテーション医学]
整形外科手術と術後の理学療法との組合せで正しいのはどれか。
(あ第22回-95)[リハビリテーション医学]
良肢位で正しいのはどれか。
(あ第22回-96)[リハビリテーション医学]
脳卒中の肩手症候群に対するリハビリテーションで正しいのはどれか。
(あ第22回-97)[リハビリテーション医学]
第5頸髄節残存の頸髄損傷患者に可能なのはどれか。
(あ第22回-98)[リハビリテーション医学]
上腕後面への圧迫で生じる末梢神経麻痺に用いる装具はどれか。
(あ第22回-99)[リハビリテーション医学]
変形性膝関節症に対する人工関節置換術後のリハビリテーションで正しいのはどれか。
(あ第22回-100)[リハビリテーション医学]
ICFの「参加」に該当する内容はどれか。
(あ第23回-79)[リハビリテーション医学]
改訂長谷川式簡易知能評価スケールで正しい質問はどれか。
(あ第23回-80)[リハビリテーション医学]
筋萎縮を予防する目的で用いる物理療法はどれか。
(あ第23回-81)[リハビリテーション医学]
筋が伸長しながら収縮するのはどれか。
(あ第23回-82)[リハビリテーション医学]
脳卒中の急性期リハビリテーションの内容で正しいのはどれか。
(あ第23回-83)[リハビリテーション医学]
第6頸髄節残存の頸髄損傷患者の移動動作に対する訓練で正しいのはどれか。
(あ第23回-84)[リハビリテーション医学]
下腿切断術後に起こりやすい拘縮はどれか。
(あ第23回-85)[リハビリテーション医学]
呼吸リハビリテーションを行う疾患で閉塞性換気障害をきたすのはどれか。
(あ第23回-86)[リハビリテーション医学]
腰痛に対して行われるリハビリテーションで正しいのはどれか。
(あ第23回-87)[リハビリテーション医学]
大腿骨頸部骨折に対する人工骨頭置換術後のリハビリテーションで正しいのはどれか。
(あ第23回-88)[リハビリテーション医学]
肩関節周囲炎に対するコッドマン体操について正しいのはどれか。
(あ第23回-89)[リハビリテーション医学]
パーキンソン病患者に対する歩行訓練で最も有効なのはどれか。
(あ第23回-90)[リハビリテーション医学]
介護保険法による「訪問リハビリテーション」を行う職種はどれか。
(あ第24回-79)[リハビリテーション医学]
失調症の検査として正しいのはどれか。
(あ第24回-80)[リハビリテーション医学]
温熱療法の効果はどれか。
(あ第24回-81)[リハビリテーション医学]
慢性期の脳卒中片麻痺患者に最もよく用いられる装具はどれか。
(あ第24回-82)[リハビリテーション医学]
脳卒中片麻痺の特徴的な異常歩行はどれか。
(あ第24回-83)[リハビリテーション医学]
脳卒中の運動療法を開始する際にアンダーソン・土肥の基準で訓練を行わない方が良い場合はどれか。
(あ第24回-84)[リハビリテーション医学]
脊髄損傷後に生じる合併症で最もよくみられるのはどれか。
(あ第24回-85)[リハビリテーション医学]
下肢切断後の合併症で義足歩行訓練に有利に働くのはどれか。
(あ第24回-86)[リハビリテーション医学]
アテトーゼ型脳性麻痺にみられる二次的合併症で最も多いのはどれか。
(あ第24回-87)[リハビリテーション医学]
慢性閉塞性肺疾患に対する運動療法でボルグ・スケールによる負荷量として最も適切なのはどれか。
(あ第24回-88)[リハビリテーション医学]
ウィリアムス体操で正しいのはどれか。
(あ第24回-89)[リハビリテーション医学]
パーキンソン病のリハビリテーションについて正しいのはどれか。
(あ第24回-90)[リハビリテーション医学]
ICFの「活動」に該当する内容はどれか。
(あ第25回-79)[リハビリテーション医学]
維持期リハビリテーションで主に取り組むべきことはどれか。
(あ第25回-80)[リハビリテーション医学]
高次脳機能障害の評価で正しいのはどれか。
(あ第25回-81)[リハビリテーション医学]
摂食嚥下障害に対する対応として誤っているのはどれか。
(あ第25回-82)[リハビリテーション医学]
錐体路の障害で生じるのはどれか。
(あ第25回-83)[リハビリテーション医学]
脳卒中の嚥下障害で正しいのはどれか。
(あ第25回-84)[リハビリテーション医学]
 
脊髄損傷の合併症はどれか。
(あ第25回-85)[リハビリテーション医学]
カナダ式ソケットの適応となるのはどれか。
(あ第25回-86)[リハビリテーション医学]
脳性麻痺で起こる痙直型両麻痺の歩行について正しいのはどれか。
(あ第25回-87)[リハビリテーション医学]
心臓リハビリテーションにおける運動療法の禁忌はどれか。
(あ第25回-88)[リハビリテーション医学]
大腿骨頸部骨折のリハビリテーションで正しいのはどれか。
(あ第25回-89)[リハビリテーション医学]
パーキンソン病にみられる症状はどれか。
(あ第25回-90)[リハビリテーション医学]
機能的作業療法に含まれるのはどれか。
(あ第26回-80)[リハビリテーション医学]
歩行補助具はどれか。
(あ第26回-81)[リハビリテーション医学]
第6頸髄節残存の頸髄損傷患者で可能な動作はどれか。
(あ第26回-82)[リハビリテーション医学]
COPD患者に対する呼吸訓練はどれか。
(あ第26回-83)[リハビリテーション医学]
急性期リハビリテーションとして適切でないのはどれか。
(あ第26回-84)[リハビリテーション医学]
変形性膝関節症患者に対する生活指導として誤っているのはどれか。
(あ第26回-85)[リハビリテーション医学]
膝蓋腱部で体重の大部分を支持する義足はどれか。
(あ第26回-86)[リハビリテーション医学]
回復期リハビリテーションで主に作業療法士が行う項目はどれか。
(あ第26回-87)[リハビリテーション医学]
自律神経障害で生じる症状はどれか。
(あ第26回-88)[リハビリテーション医学]
脳卒中患者で積極的なリハビリテーションを行わないのはどれか。
(あ第26回-89)[リハビリテーション医学]
脳性麻痺で最も多い病型はどれか。
(あ第26回-90)[リハビリテーション医学]
社会的リハビリテーションに該当するのはどれか。
(あ第27回-79)[リハビリテーション医学]
リハビリテーションについて正しいのはどれか。
(あ第27回-80)[リハビリテーション医学]
理学療法士が中心的に行うリハビリテーションで正しいのはどれか。
(あ第27回-81)[リハビリテーション医学]
脳卒中片麻痺患者に最もよく用いられるのはどれか。
(あ第27回-82)[リハビリテーション医学]