障害の評価の過去問題[臨《質》](鍼灸編)

高齢者の運動器の機能評価に用いるのはどれか。
(はき第24回-130)[東洋医学臨床論]
次の文で示す高齢者の機能評価はどれか。
「椅子から立ち上がり、3m先の目印を回って、再び椅子に座るまでの歩行時間を測定する。」
(はき第25回-129)[東洋医学臨床論]
「24歳の男性。1か月前から右下肢痛を自覚。近医を受診してMRI検査にて椎間板ヘルニアと診断された。SLRテスト陽性。アキレス腱反射減弱。」
痛みを評価する方法として最も適切なのはどれか。
(はき第25回-133)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例に対する鍼灸の効果を評価するのに最も適切なのはどれか。
「62歳の女性。主訴は肩こり。半年ほど前から興味や喜びがわかなくなり、食欲が減退し、よく眠れず朝早く目が覚める。疲れやすく思考力が低下している。幻覚や記憶の障害はなく、動悸、めまいもない。」
(はき第26回-127)[東洋医学臨床論]
高齢者の歩行能力に対する鍼治療の効果を評価するのに最も適切なのはどれか。
(はき第27回-127)[東洋医学臨床論]
より高次な生活能力を評価する指標(老研式活動能力指標)に含まれる項目はどれか。
(はき第27回-134)[東洋医学臨床論]
高齢者に対する評価法とその目的との組合せで正しいのはどれか。
(はき第28回-132)[東洋医学臨床論]
障害の評価の過去問題[臨《質》](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)