障害の評価の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)

変形性膝関節症に伴う筋萎縮の評価法で最も適切なのはどれか。
(あ第13回-133)[東洋医学臨床論]
大腿四頭筋のMMTが4の運動選手がさらに筋力を強化するための訓練で最も適切なのはどれか。
(あ第24回-131)[東洋医学臨床論]
「65歳の男性。3か月前に脳梗塞を発症し右半身に麻痺が残った。座位にて患側の股関節・膝関節・足関節の集団屈曲運動はできるようになったが、個々の関節の単独運動はできない。」
下肢のブルンストロームステージで該当するのはどれか。
(あ第24回-135)[東洋医学臨床論]
高齢者の日常生活機能を評価するのに最も適切なのはどれか。
(あ第25回-120)[リハビリテーション医学(東洋医学臨床論)]
「56歳の男性。主訴は右片麻痺。麻痺側の上肢を動かそうとすると肩・肘の同時屈曲がみられる。」
本症例のブルンストローム回復ステージ(6段階)はどれか。
(あ第25回-137)[東洋医学臨床論]
高齢者に対して、立ったままの姿勢で90度前方挙上した上肢を、できる限り前方へ伸ばしていき、倒れないところで止めて、またもとの位置に戻す動作(ファンクショナルリーチテスト)を行わせて評価するのはどれか。
(あ第26回-122)[東洋医学臨床論]
高齢者の認知機能の評価法はどれか。
(あ第27回-129)[東洋医学臨床論]
痛みの評価法で、患者が想像できる最大の痛みを10とし、0から10の 11段階で現在の痛みの程度を評価する方法はどれか。
(あ第28回-121)[東洋医学臨床論]
「60歳の男性。200m程の歩行で左大腿後側から下腿外側にかけて痛む。ケンプ徴候陽性。第5趾に触覚の鈍麻がみられる。」
痛みを評価する方法として最も適切なのはどれか。
(あ第21回-139)[東洋医学臨床論]
高齢者の日常動作において、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)のチェック項目に該当するのはどれか。
(あ第23回-132)[東洋医学臨床論]
指床間距離を評価として用いるのはどれか。
(あ第24回-112)[東洋医学臨床論]
改訂長谷川式簡易知能評価スケールの評価項目で正しいのはどれか。
(あ第24回-129)[東洋医学臨床論]
「32歳の男性。朝起きると顔の右半分が動かしにくい。眉毛を上げたり目を閉じたりする動作が鈍く、口角から水がもれる。顔に痛みや発疹はない。」
本疾患について正しいのはどれか。
(あ第29回-145)[東洋医学臨床論]
障害の評価の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)