施術目的の過去問題[臨《質》](鍼灸編)

変形性膝関節症に対する施術目的で適切でないのはどれか。
(はき第1回-125)[東洋医学臨床論]
気管支喘息の治療目的として適切な記述はどれか。
(はき第3回-131)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対する施術目的で最も適切なのはどれか。
「76歳の男性。主訴は右下肢痛。間歇性跛行があり、足背動脈及び後脛骨動脈の触知が困難である。下肢の知覚や深部反射に異常はない。」
(はき第7回-140)[東洋医学臨床論]
メニエール病に対する治療方針として適切でないのはどれか。
(はき第8回-139)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対する治療目的で適切でないのはどれか。
「50歳の男性。中間管理職でストレスが絶えない。数日前から頭部全体に締め付けられるような鈍痛がある。」
(はき第10回-131)[東洋医学臨床論]
「70歳の男性。3か月前から歩行によって右下腿後面に締めつけられるような痛みが出現する。休息すると、姿勢にかかわらず痛みが軽減する。SLRテスト陰性、知覚検査異常なし。」
この患者の病態に対する施術目的で最も適切なのはどれか。
(はき第18回-134)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の頭痛発作時に対する治療方針として最も適切なのはどれか。
「27歳の女性。最近、仕事が忙しくなり残業が続いている。時々、拍動性の頭痛が数時間から1日続く。発作には前兆があり羞明を伴う。医療機関を受診したが、器質的病変はみられなかった。」
(はき第22回-132)[東洋医学臨床論]
施術目的の過去問題[臨《質》](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)