生活指導の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)

弛緩性便秘の患者に対する適切な指導はどれか。
(あ第3回-144)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対する初期対応で適切なのはどれか。
「40 歳の女性。今朝、布団を押入れにしまおうとして、突然激しい腰痛を発症した。腰を伸ばすことができない。」
(あ第5回-145)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の生活指導として適切でないのはどれか。
「60歳の肥満した女性。数年前から正座をするときや立ち上がるときに膝が痛む。膝関節部に熱感はない。」
(あ第5回-146)[東洋医学臨床論]
高齢者に対する生活指導で適切でないのはどれか。
(あ第6回-140)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺に対する生活指導で適切でないのはどれか。
(あ第8回-134)[東洋医学臨床論]
常習性便秘の患者に対する生活指導で誤っているのはどれか。
(あ第9回-136)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の生活指導として適切でないのはどれか。「25歳の女性。月経前に乳房痛、悪心、嘔吐、下腹部膨満、頭痛、いらいら感がある。」
(あ第12回-136)[東洋医学臨床論]
「45歳の男性。身長160cm、体重70kg。職場の健診で中性脂肪、コレステロールの高値と共に肥満を指摘された。運動と食事について指導が行われた。」
肥満を改善するための運動で適切でないのはどれか。
(あ第15回-140)[東洋医学臨床論]
弛緩性便秘の患者に対する生活指導で、適切でないのはどれか。
(あ第16回-131)[東洋医学臨床論]
「67歳の男性。BMI30。糖尿病で加療中。200m程歩くと右下腿に痛みが生じるが、休むと軽減し、再び歩くことができる。前屈みで痛みに変化がなかった。」
患者への生活指導で適切でないのはどれか。
(あ第18回-138)[東洋医学臨床論]
弛緩性便秘の生活指導として適切でないのはどれか。
(あ第21回-129)[東洋医学臨床論]
入眠障害を訴える患者に勧める就寝前の生活指導で、最も適切なのはどれか。
(あ第23回-124)[東洋医学臨床論]
「24歳の女性。主訴は便秘。3年前から外勤となり、仕事の都合で便意を催しても我慢することが多くなった。」
本症例の病態を考慮した生活指導として最も適切なのはどれか。
(あ第26回-138)[東洋医学臨床論]
コレステロール型胆石症の既往をもつ患者の胆石生成予防に対する食事指導で、最も制限すべきなのはどれか。
(あ第27回-134)[東洋医学臨床論]
「65歳の男性。主訴は肥満。過食によって徐々に体重が増加し、リンゴ型の肥満症と診断された。肥満以外の症状はない。身長170cm、体重85kg。」
本症例の肥満に対する日常の指導として最も適切なのはどれか。
(あ第28回-138)[東洋医学臨床論]
「30歳の女性。主訴は胸やけ。食後や夜間に口に酸っぱいものがこみ上がってくる。胃内視鏡検査で食道のびらんを指摘された。前脛骨筋に緊張と圧痛を認める。」
生活指導として最も適切なのはどれか。
(あ第29回-141)[東洋医学臨床論]
生活指導の過去問題[臨《質》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)