神経の過去問題[臨《質》](鍼灸編)

根性坐骨神経痛で罹患神経を対象とした刺鍼部位として適切でないのはどれか。
(はき第2回-135)[東洋医学臨床論]
下肢の神経と絞扼部位への刺鍼点との組合せで正しいのはどれか。
(はき第5回-131)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症状を起こす罹患神経の絞扼部に対する刺鍼部位はどれか。
「痛みとしびれが第1~3指の掌側と第4指の橈側の掌側にある。ファーレンテスト陽性。」
(はき第6回-129)[東洋医学臨床論]
高血圧に対し、自律神経反射を利用して鍼治療を行う場合、最も効果的な刺鍼部位はどれか。
(はき第10回-138)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対し、施術対象となる罹患神経はどれか。
「45歳の女性。嚥下時に舌根部から下顎にかけての放散痛が数十秒間出現し、唾液分泌の亢進を伴うことがある。」
(はき第11回-131)[東洋医学臨床論]
「35歳の男性。突然、左眼を閉じることができなくなり、口から唾液が漏れた。症状発現の数日前に耳介部に水疱ができ、耳の痛みを感じた。」
施術対象となる神経はどれか。
(はき第15回-136)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対する治療方針で最も適切なのはどれか。
「21歳の女性。2か月前から就職活動がうまくいかず、腹部膨満感がある。食後すぐに便意を催し、1日に5回以上の水様性の下痢が続く。病院での検査所見では異常はみられなかった。」
(はき第20回-131)[東洋医学臨床論]
「36歳の女性。締め付けの強い下着をはくようにしたところ、最近、太ももの外側部に痛みとしびれが起こったので来院した。運動麻痺はない。MRIでは腰椎の異常はなかった。」
本症例の障害神経はどれか。
(はき第26回-139)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例に対して神経を介した治療部位として最も適切なのはどれか。
「52歳の女性。1年前に子宮癌で摘出手術を受けた。転移はない。会陰部の痛みとともに、尿失禁も起こるようになった。」
(はき第27回-132)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例で罹患神経の絞扼部位に対する刺鍼部位として最も適切なのはどれか。
「33歳の女性。主訴は右手掌の母指から環指橈側にかけての痛みとしびれ。妊娠中に発症し、出産後、家事と育児で症状が増悪し、物がつまみにくくなった。」
(はき第29回-132)[東洋医学臨床論]
神経の過去問題[臨《質》](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)