デルマトームの過去問題[臨《質》](鍼灸編)

小児気管支喘息に対する鍼灸治療で適切なのはどれか。
(はき第1回-136)[東洋医学臨床論]
C6デルマトーム領域の疼痛に対する局所治療穴として適切な組合せはどれか。
(はき第3回-128)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の治療で適切なデルマトーム領域はどれか。
「35歳の男性。1年前から前腕外側から手にかけての痛みがある。スパーリングテスト陽性。母指と示指との触覚鈍麻があり、合谷、曲池および列缺に圧痛がみられる。」
(はき第4回-129)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への低周波鍼通電療法で適切なデルマトームはどれか。
「40歳の男性。1か月前から腰痛および下腿前外側から足背にかけての痛みとしびれ感とがある。ブラガード徴候陽性。」
(はき第5回-130)[東洋医学臨床論]
急性胃炎の患者に対し脊髄分節を考慮して刺鍼する場合、適切でない経穴はどれか。
(はき第5回-135)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の症状発現部位への治療穴で適切でないのはどれか。
「40歳の男性。半年前から腕が痛む。C5デルマトーム領域の知覚鈍麻。スパーリングテスト陽性。」
(はき第6回-128)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対する治療で適切なデルマトームはどれか。
「45歳の男性。手背から中指にかけてしびれと知覚鈍麻とがある。肘関節伸展時の筋力低下、ジャクソンテスト陽性。」
(はき第7回-134)[東洋医学臨床論]
中指背側の痛みを認める患者に対し、罹患部のデルマトームを考慮した治療穴で適切なのはどれか。
(はき第23回-120)[東洋医学臨床論]
機能性月経困難症の患者の治療でデルマトームを考慮して選穴する場合、適切でないのはどれか。
(はき第24回-118)[東洋医学臨床論]
胃痛に対して行う低周波鍼通電療法で、デルマトームを応用した経穴の組合せとして正しいのはどれか。
(はき第24回-121)[東洋医学臨床論]
C8神経根障害でデルマトームを応用した低周波鍼通電療法を行う場合の経穴の組合せで最も適切なのはどれか。
(はき第25回-122)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例に対する治療でデルマトームを応用した経穴として最も適切なのはどれか。
「22歳の女性。主訴は便秘。便意の抑制の習慣化により発症した。近医を受診し、器質的病変は認められなかった。」
(はき第25回-130)[東洋医学臨床論]
「24歳の男性。1か月前から右下肢痛を自覚。近医を受診してMRI検査にて椎間板ヘルニアと診断された。SLRテスト陽性。アキレス腱反射減弱。」
障害神経根のデルマトーム領域に治療穴を求める場合、最も適切なのはどれか。
(はき第25回-134)[東洋医学臨床論]
頸部の神経根障害により手関節背屈と肘関節屈曲の筋力低下がみられる患者に対し、デルマトームを考慮して治療する場合、最も適切な治療穴はどれか。
(はき第26回-129)[東洋医学臨床論]
デルマトームの過去問題[臨《質》](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)