下肢痛の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)

腓骨神経麻痺の治療目的で誤っているのはどれか。
(あ第1回-139)[東洋医学臨床論]
スポーツによる足関節捻挫に対する応急処置で誤っているのはどれか。
(あ第2回-147)[東洋医学臨床論]
競技前に行うアキレス腱炎の予防法として適切でないのはどれか。
(あ第3回-149)[東洋医学臨床論]
足関節捻挫の応急処置として適切でないのはどれか。
(あ第7回-139)[東洋医学臨床論]
深腓骨神経麻痺に対し、筋力強化運動を行う場合、正しいのはどれか。
(あ第8回-135)[東洋医学臨床論]
末梢神経麻痺による症状と罹患局所への施術部位との組合せで適切でないのはどれか。
(あ第9回-130)[東洋医学臨床論]
下垂足に対し、罹患筋への局所施術で対象となるのはどれか。
(あ第10回-133)[東洋医学臨床論]
スポーツ障害とその施術対象になる罹患筋との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第10回-137)[東洋医学臨床論]
神経麻痺による下垂足の麻痺筋に施術を行う場合、対象となる経絡はどれか。
(あ第12回-125)[東洋医学臨床論]
脛骨神経麻痺の治療で麻痺筋への施術部位として適切なのはどれか。
(あ第12回-134)[東洋医学臨床論]
末梢性神経麻痺の治療で、障害部位とその部位を流注する経絡との組合せで正しいのはどれか。
(あ第13回-132)[東洋医学臨床論]
スポーツ傷害と罹患局所との組合せで適切でないのはどれか。
(あ第13回-137)[東洋医学臨床論]
腓骨神経麻痺の治療方針と治療法との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第14回-131)[東洋医学臨床論]
スポーツ障害と局所施術の対象となる筋との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第14回-132)[東洋医学臨床論]
下腿三頭筋のストレッチングを行う場合、足関節の運動方向として最も適切なのはどれか。
(あ第15回-133)[東洋医学臨床論]
足関節捻挫の局所への応急処置として適切でないのはどれか。
(あ第15回-134)[東洋医学臨床論]
シンスプリントに対し、施術対象となる罹患筋はどれか。
(あ第16回-130)[東洋医学臨床論]
「21歳の男性。サッカーの試合で転倒した際に左足首を内側にひねった。足首に疼痛と腫脹がある。」
患部に対する応急処置として適切でないのはどれか。
(あ第16回-137)[東洋医学臨床論]
「21歳の男性。サッカーの試合で転倒した際に左足首を内側にひねった。足首に疼痛と腫脹がある。」
足首の内がえしで最も伸展される部位を走行する経脈はどれか。
(あ第16回-138)[東洋医学臨床論]
次の文で示す末梢神経麻痺に対し、施術対象となる罹患筋はどれか。
「足関節の底屈(屈曲)ができず、階段昇降が困難である。」
(あ第17回-121)[東洋医学臨床論]
スポーツ障害と局所施術の対象となる筋との組合せで正しいのはどれか。
(あ第18回-128)[東洋医学臨床論]
末梢神経麻痺の罹患神経と局所治療穴との組合せで正しいのはどれか。
(あ第19回-122)[東洋医学臨床論]
疾患と局所施術部位との組合せで正しいのはどれか。
(あ第19回-132)[東洋医学臨床論]
「32歳の男性。バレーボールの試合で相手のスパイクをブロックしようとジャンプして着地した際に左ふくらはぎに痛みを感じた。試合後、ふくらはぎが腫れて、足関節を背屈すると疼痛が誘発される。」
患部への応急手当として適切なのはどれか。
(あ第19回-137)[東洋医学臨床論]
「32歳の男性。バレーボールの試合で相手のスパイクをブロックしようとジャンプして着地した際に左ふくらはぎに痛みを感じた。試合後、ふくらはぎが腫れて、足関節を背屈すると疼痛が誘発される。」
足関節の背屈で最も伸展される領域に分布する経脈はどれか。
(あ第19回-138)[東洋医学臨床論]
腓骨頭骨折によるギプス固定後、足関節を背屈することが困難となった患者に対して施術対象となる罹患筋はどれか。
(あ第20回-134)[東洋医学臨床論]
足関節の伸展(背屈)と内がえしが困難となる場合、施術対象となる罹患筋はどれか。
(あ第21回-133)[東洋医学臨床論]
運動麻痺による症状と施術対象となる罹患筋との組合せで正しいのはどれか。
(あ第22回-127)[東洋医学臨床論]
片麻痺患者における尖足の悪化防止を目的とする施術で、対象となる筋はどれか。
(あ第23回-120)[東洋医学臨床論]
下腿三頭筋のストレッチでゆっくりと足関節を背屈位にし、そのまま保持するのはどれか。
(あ第25回-127)[東洋医学臨床論]
スポーツ障害と局所施術の対象となる筋の組合せで正しいのはどれか。
(あ第26回-126)[東洋医学臨床論]
スポーツ障害による下肢痛に対する施術において、治療対象となる筋・靭帯と経穴の組合せで正しいのはどれか。
(あ第26回-128)[東洋医学臨床論]
腓腹筋けいれんがみられる患者に対する施術で、症状を再現するおそれが最も高いのはどれか。
(あ第26回-130)[東洋医学臨床論]
スポーツ障害と局所施術の対象となる筋との組合せで正しいのはどれか。
(あ第28回-134)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例の障害神経として最も適切なのはどれか。「23歳の男性。空手の練習中に下腿前面を強打した後、強い腫脹と疼痛が起こった。第1足趾と第2足趾の背側の知覚障害が現れ、足関節の背屈ができなくなった。」
(あ第29回-127)[東洋医学臨床論]
「30歳の女性。主訴は胸やけ。食後や夜間に口に酸っぱいものがこみ上がってくる。胃内視鏡検査で食道のびらんを指摘された。前脛骨筋に緊張と圧痛を認める。」
生活指導として最も適切なのはどれか。
(あ第29回-141)[東洋医学臨床論]
「30歳の女性。主訴は胸やけ。食後や夜間に口に酸っぱいものがこみ上がってくる。胃内視鏡検査で食道のびらんを指摘された。前脛骨筋に緊張と圧痛を認める。」
本症例の経脈病証はどれか。
(あ第29回-142)[東洋医学臨床論]
「68歳の女性。国際線の機内で左下腿が次第に腫脹してきた。熱感や冷感はない。 左ふくらはぎに把握痛がある。」
最も考えられるのはどれか。
(あ第30回-79)[東洋医学臨床論]
下肢痛の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}


コクシーランドのご愛用、
ありがとうございます。

サイトをサポート

寄付する

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)