老年・高齢者の過去問題[臨《症》](鍼灸編)

高齢者の鍼灸治療上の配慮で誤っているのはどれか。
(はき第1回-129)[東洋医学臨床論]
高齢者の疾患の特徴として適切でない記述はどれか。
(はき第3回-140)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の治療対象となる適切な病証はどれか。
「72歳の女性。主訴は健忘。動悸があり、夢をよく見る。食欲不振、軟便などがあり、性格的には思い悩む傾向が強い。」
(はき第5回-140)[東洋医学臨床論]
高齢者の肺気腫に対する鍼施術で気胸を起こさないよう注意しなければならない経穴はどれか。
(はき第6回-140)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対し、難経六十九難に基づき補法を行う経穴はどれか。「70歳の女性。加齢とともに難聴になる。腰が冷えてだるい。骨粗鬆症がある。脈は細弱。」
(はき第10回-126)[東洋医学臨床論]
「65歳の男性。主訴は動作緩慢と振戦で上肢に歯車様固縮がみられる。不眠、抑うつ、便秘を伴い、舌質はやや淡白、脈状は細弱を呈する。」
本症例でみられる異常歩行はどれか。
(はき第16回-139)[東洋医学臨床論]
「65歳の男性。主訴は動作緩慢と振戦で上肢に歯車様固縮がみられる。不眠、抑うつ、便秘を伴い、舌質はやや淡白、脈状は細弱を呈する。」
治療対象となる適切な病証はどれか。
(はき第16回-140)[東洋医学臨床論]
高齢者の運動器の機能評価に用いるのはどれか。
(はき第24回-130)[東洋医学臨床論]
「63歳の男性。手のふるえ、歩行困難、歯車様の筋強剛がみられる。」
本患者の特徴的な手のふるえはどれか。
(はき第24回-135)[東洋医学臨床論]
「63歳の男性。手のふるえ、歩行困難、歯車様の筋強剛がみられる。」
本患者の臓腑病証に基づいて九刺による鍼治療を行う場合の組合せで適切なのはどれか。
(はき第24回-136)[東洋医学臨床論]
次の文で示す高齢者の機能評価はどれか。
「椅子から立ち上がり、3m先の目印を回って、再び椅子に座るまでの歩行時間を測定する。」
(はき第25回-129)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例に対する鍼灸の効果を評価するのに最も適切なのはどれか。
「62歳の女性。主訴は肩こり。半年ほど前から興味や喜びがわかなくなり、食欲が減退し、よく眠れず朝早く目が覚める。疲れやすく思考力が低下している。幻覚や記憶の障害はなく、動悸、めまいもない。」
(はき第26回-127)[東洋医学臨床論]
高齢者の歩行能力に対する鍼治療の効果を評価するのに最も適切なのはどれか。
(はき第27回-127)[東洋医学臨床論]
より高次な生活能力を評価する指標(老研式活動能力指標)に含まれる項目はどれか。
(はき第27回-134)[東洋医学臨床論]
「78歳の女性。主訴は疲労感。最近、疲れやすく、動くのが面倒になった。意欲が低下し、食欲も減退している。病院ではサルコペニアと言われた。」
本症例の診断に用いないのはどれか。
(はき第27回-139)[東洋医学臨床論]
「78歳の女性。主訴は疲労感。最近、疲れやすく、動くのが面倒になった。意欲が低下し、食欲も減退している。病院ではサルコペニアと言われた。」
本症例の病証で最もみられる脈状はどれか。
(はき第27回-140)[東洋医学臨床論]
高齢者に対する評価法とその目的との組合せで正しいのはどれか。
(はき第28回-132)[東洋医学臨床論]
老年・高齢者の過去問題[臨《症》](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)