疲労と倦怠の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)

疲労に関する施術で最も注意が必要なのはどれか。
(あ第1回-135)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の施術対象となる最も適切な経絡はどれか。
「35歳の女性。腰が重だるく、疲れやすい。下腿に冷えがあり、小便は近く、目の周囲にくまがある。」
(あ第3回-146)[東洋医学臨床論]
施術の対象として適当なのはどれか。
(あ第4回-135)[東洋医学臨床論]
次の文で示す病証を有する患者の治療で、回復を図るべき正気の作用はどれか。
「70歳の男性。持病はないが最近疲れやすい。汗をかきやすく尿失禁がみられるようになった。」
(あ第20回-120)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療方針で適切なのはどれか。
「42歳の男性。主訴は咳嗽。声に力がなく、全身が重だるい。自汗がみられる。」
(あ第23回-116)[東洋医学臨床論]
次の文で示す経脈病証に対する施術で治療穴として最も適切なのはどれか。
「食べると吐き、胃が痛み、腹が張り、よくおくびが出る。体全体がだるい。」
(あ第23回-117)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証で適切な治療部位はどれか。
「46歳の男性。日頃から冷たいものを好んで摂取していたところ、食欲不振、食後の腹部膨満感、四肢の倦怠・無力感、軟便をきたすようになった。臍周囲は冷たく、動悸がある。脈は軟。」
(あ第24回-115)[東洋医学臨床論]
「53歳の女性。近頃、ほてりとのぼせがあり、倦怠感、ふらつき、頭痛、肩こり、喉の渇きもみられる。最近受けた人間ドックの検査では異常は指摘されなかった。舌質は紅、脈は細数。」
最も考えられるのはどれか。
(あ第24回-137)[東洋医学臨床論]
「53歳の女性。近頃、ほてりとのぼせがあり、倦怠感、ふらつき、頭痛、肩こり、喉の渇きもみられる。最近受けた人間ドックの検査では異常は指摘されなかった。舌質は紅、脈は細数。」
本患者に対し、東洋医学的な観点から治療する場合の治療穴で最も適切なのはどれか。
(あ第24回-138)[東洋医学臨床論]
症状と病証の組合わせで最も適切なのはどれか。
(あ第25回-112)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証で治療対象とする臓腑に対応する募穴はどれか。
「32歳の女性。主訴は頭重。症状の程度は軽く慢性的である。月経は遅れ気味で、始まると頭重が憎悪する。下痢しやすいせいか普段から倦怠感があり、痰が多く、顔色が悪い。舌質は淡、脈は弱。」
(あ第25回-115)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療方針で最も適切なのはどれか。
「30歳の女性。主訴は倦怠感と息切れ。月経周期が短く、月経量は多く、色は薄い。舌質は淡、舌苔は薄、脈は弱。」
(あ第27回-114)[東洋医学臨床論]
疲労と倦怠の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す