不眠の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)

単純性不眠症に対する施術で適切でないのはどれか。
(あ第1回-141)[東洋医学臨床論]
80歳の男性。高血圧で薬物治療中。最近睡眠が浅く肩がこるという。施術として適切なのはどれか。
(あ第1回-145)[東洋医学臨床論]
随伴症状を伴う高血圧症で施術対象として適切なのはどれか。
(あ第13回-136)[東洋医学臨床論]
入眠障害を訴える患者に勧める就寝前の生活指導で、最も適切なのはどれか。
(あ第23回-124)[東洋医学臨床論]
「55歳の男性。物忘れが多く、買い物をすることも困難になった。自分の部屋に戻れないことがある。睡眠障害はあるが、幻覚、妄想はみられない。」
最も考えられるのはどれか。
(あ第24回-139)[東洋医学臨床論]
「55歳の男性。物忘れが多く、買い物をすることも困難になった。自分の部屋に戻れないことがある。睡眠障害はあるが、幻覚、妄想はみられない。」
マッサージで改善が期待できるのはどれか。
(あ第24回-140)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証で施術対象となる部位はどれか。
「49歳の女性。主訴は不眠。心配事が多く、寝つきが悪い。心悸、健忘があり、汗をかきやすく、心窩部のしこりや軟便もみられる。舌質は淡舌苔は薄白、脈は細弱。」
(あ第26回-116)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療で最も適切な経穴の組合せはどれか。
「38歳の女性。職業はシステムエンジニア。日頃から目が乾き、仕事が忙しくなると気分が落ち着かなくなり不眠となる。最近では腰に重だるさがみられる。舌質は紅、脈は細数。」
(あ第27回-117)[東洋医学臨床論]
不眠の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す