高血圧の過去問題[臨《症》](鍼灸編)

高齢者の鍼灸治療上の配慮で誤っているのはどれか。
(はき第1回-129)[東洋医学臨床論]
境界域高血圧症患者の生活指導で誤っているのはどれか。
(はき第2回-137)[東洋医学臨床論]
高血圧に対し、自律神経反射を利用して鍼治療を行う場合、最も効果的な刺鍼部位はどれか。
(はき第10回-138)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対し、補法を行う経絡はどれか。
「60歳の男性。血圧が高く、腰のだるさ、耳鳴り、不眠を伴う。舌質紅。脈は細数。」
(はき第12回-129)[東洋医学臨床論]
「本態性高血圧で降圧薬を服用している78歳の男性。夜間頻尿を主訴として来院。手足のほてり、腰の重だるさがみられ、舌診では舌質紅・無苔、脈診では浮で無力を呈した。随時血圧測定では収縮期血圧148mmHg、拡張期血圧84mmHgであった。」
随時血圧の測定で誤っているのはどれか。
(はき第14回-138)[東洋医学臨床論]
「本態性高血圧で降圧薬を服用している78歳の男性。夜間頻尿を主訴として来院。手足のほてり、腰の重だるさがみられ、舌診では舌質紅・無苔、脈診では浮で無力を呈した。随時血圧測定では収縮期血圧148mmHg、拡張期血圧84mmHgであった。」
本症例の高血圧の治療を放置した場合、 臓器障害がみられにくいのはどれか。
(はき第14回-139)[東洋医学臨床論]
「本態性高血圧で降圧薬を服用している78歳の男性。夜間頻尿を主訴として来院。手足のほてり、腰の重だるさがみられ、舌診では舌質紅・無苔、脈診では浮で無力を呈した。随時血圧測定では収縮期血圧148mmHg、拡張期血圧84mmHgであった。」
証に基づいて、鍼灸治療を行う場合の治療対象となる適切な病証はどれか。
(はき第14回-140)[東洋医学臨床論]
高血圧の過去問題[臨《症》](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)