高血圧の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)

80歳の男性。高血圧で薬物治療中。最近睡眠が浅く肩がこるという。施術として適切なのはどれか。
(あ第1回-145)[東洋医学臨床論]
高血圧症患者について施術の適応性の最も高いのはどれか。
(あ第1回-147)[東洋医学臨床論]
本態性高血圧症の治療として適切でないのはどれか。
(あ第2回-146)[東洋医学臨床論]
高血圧症で施術の対象として適切なのはどれか。
(あ第5回-147)[東洋医学臨床論]
高血圧症で施術の適応性の最も高いのはどれか。
(あ第7回-135)[東洋医学臨床論]
高血圧症で施術の適応性の最も高いのはどれか。
(あ第8回-137)[東洋医学臨床論]
肩こりに対する治療で、全身施術を最も重視しなければならないのはどれか。
(あ第9回-131)[東洋医学臨床論]
随伴症状を伴う高血圧症で施術対象として適切なのはどれか。
(あ第13回-136)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証の治療方針として最も適切なのはどれか。
「67歳の男性。最近、血圧が高くなってきた。普段から頭がぼんやりして、不眠で熟睡感がない。痰が多く、口が粘る。便は泥状。舌質紅、胖大舌、脈は濡数。」
(あ第28回-119)[東洋医学臨床論]
高血圧の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す