上肢痛の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)

次の文で示す患者への施術で誤っているのはどれか。
「41歳の男性。2年前に交通事故に遭い、上肢外側部に痛みとしびれとが持続している。」
(あ第2回-141)[東洋医学臨床論]
神経痛と治療対象となる経絡との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第2回-142)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態から考えて施術対象となる筋はどれか。
「27歳の女性。ワープロ作業中に肩から腕にかけての痛みとしびれとがある。ジャクソンテスト陰性、アレンテスト陽性、鎖骨上窩部の圧迫で痛みとしびれとが上肢に放散する。
(あ第3回-137)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態から考えて、緊張を改善すべき適切な筋はどれか。
「35歳女性。3ヶ月前から電車のつり革につかまると上肢の重だるさとしびれとが起こるようになった。ライトテスト陽性。」
(あ第4回-140)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態を改善する施術部位はどれか。
「30歳の女性。左の前腕尺側の疼痛としびれ感、手指の冷感とチアノーゼがある。アレンテスト陽性、スパーリングテスト陰性。」
(あ第5回-140)[東洋医学臨床論]
尺骨神経痛の施術部位と手技との組合せで適切なのはどれか。
(あ第5回-141)[東洋医学臨床論]
上腕骨内側上顆炎による筋緊張を緩和する目的で重点的に施術する部位はどれか。
(あ第5回-149)[東洋医学臨床論]
胸郭出口症候群の患者への対応で誤っているのはどれか。
(あ第7回-129)[東洋医学臨床論]
橈骨神経痛に対する圧迫法の施術部位として適切なのはどれか。
(あ第7回-131)[東洋医学臨床論]
次の患者の病態に対し、罹患部への局所治療として適切な施術部位はどれか。
「35歳の女性。右前腕尺側から小指の痛みとしびれ。アレンテスト陽性、ライトテスト陰性。」
(あ第8回-127)[東洋医学臨床論]
橈骨神経痛の患者に対し、施術対象となる経絡はどれか。
(あ第8回-132)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対し、罹患部への局所治療として適切な施術部位はどれか。
「30歳の女性。小学校の教師。黒板に字を書いていると手がしびれる。アレンテスト陽性。ジャクソンテスト陰性。」
(あ第9回-127)[東洋医学臨床論]
理学的検査所見と罹患局所への施術部位との組合せで適切なのはどれか。
(あ第10回-130)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対し、施術対象となる経絡はどれか。
「50歳の男性。主訴は上肢痛。2か月前から頸部の後屈時に示指に放散痛が出現するようになった。」
(あ第10回-131)[東洋医学臨床論]
疾患と罹患局所への施術部位との組合せで適切でないのはどれか。
(あ第11回-129)[東洋医学臨床論]
肘から前腕尺側にかけて痛みを訴える患者で疼痛領域に一致して治療を行う場合、対象となる経絡はどれか。
(あ第11回-130)[東洋医学臨床論]
手根管症候群の罹患局所への施術部位で適切なのはどれか。
(あ第11回-132)[東洋医学臨床論]
鼻づまり・のどの痛みや上腕外側の痛みを呈する経絡の病証に対し、施術対象となるのはどれか。
(あ第12回-126)[東洋医学臨床論]
理学的検査所見と罹患局所への施術部位との組合せで適切なのはどれか。
(あ第12回-130)[東洋医学臨床論]
病態と治療法との組合せで適切でないのはどれか。
(あ第13回-125)[東洋医学臨床論]
手根管症候群に対する局所施術で対象となる経穴はどれか。
(あ第14回-124)[東洋医学臨床論]
前腕尺側から小指にかけての痛みに対する治療で経絡の流注を考慮した場合、施術対象となる経絡はどれか。
(あ第14回-126)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証で治療対象となる経脈はどれか。
「咳、喘鳴、胸が満ちた感じがあり、前腕前面橈側に冷えと痛みを伴う。」
(あ第15回-119)[東洋医学臨床論]
理学検査所見と罹患局所への施術部位との組合せで適切でないのはどれか。
(あ第15回-128)[東洋医学臨床論]
胸郭出口症候群について、橈骨動脈の拍動を指標とする理学検査で適切でないのはどれか。
(あ第15回-135)[東洋医学臨床論]
胸郭出口症候群について、罹患部への局所施術の対象として適切でない筋はどれか。
(あ第15回-136)[東洋医学臨床論]
「24歳の女性。3か月前より右上腕から小指にかけてのしびれを自覚。頸椎を患側に回旋し、後屈した状態で深呼吸させると橈骨動脈の拍動が消失する。スパーリングテスト陰性。ホフマン反射陰性。」
最も考えられる疾患はどれか。
(あ第16回-133)[東洋医学臨床論]
「24歳の女性。3か月前より右上腕から小指にかけてのしびれを自覚。頸椎を患側に回旋し、後屈した状態で深呼吸させると橈骨動脈の拍動が消失する。スパーリングテスト陰性。ホフマン反射陰性。」
罹患部への局所施術の対象として適切な筋はどれか。
(あ第16回-134)[東洋医学臨床論]
理学的検査所見と罹患局所への施術部位との組合せで適切なのはどれか。
(あ第17回-128)[東洋医学臨床論]
「43歳の女性。3週間前から母指、示指、中指に痛み・しびれが発症し、最近は母指が動かしにくい。仕事は手作業。」
理学的検査法として適切なのはどれか。
(あ第17回-139)[東洋医学臨床論]
「43歳の女性。3週間前から母指、示指、中指に痛み・しびれが発症し、最近は母指が動かしにくい。仕事は手作業。」
治療対象となる罹患神経はどれか。
(あ第17回-140)[東洋医学臨床論]
斜角筋への施術の必要性を示す理学検査所見はどれか。
(あ第18回-123)[東洋医学臨床論]
疾患と施術部位との組合せで適切でないのはどれか。
(あ第18回-124)[東洋医学臨床論]
「55歳の男性。2か月前、左上腕から前腕尺側、小指にかけて痛みが発症し、持続している。痛みは頸部後屈時に再現する。小指に知覚鈍麻がみられる。ライトテスト陰性。」
最も考えられる疾患はどれか。
(あ第18回-133)[東洋医学臨床論]
モーリーテスト陽性の場合、その原因となる罹患筋を触知する部位として適切なのはどれか。
(あ第19回-125)[東洋医学臨床論]
理学検査所見と局所施術部位との組合せで正しいのはどれか。
(あ第19回-130)[東洋医学臨床論]
「30歳の女性。電車での通勤時、右手でつり革につかまっていると同側上肢に痛みとしびれが出現する。烏口突起下部に圧痛を認める。」
病態の確認を目的として行う理学検査で最も適切なのはどれか。
(あ第19回-135)[東洋医学臨床論]
「30歳の女性。電車での通勤時、右手でつり革につかまっていると同側上肢に痛みとしびれが出現する。烏口突起下部に圧痛を認める。」
病態に対する局所施術部位で適切なのはどれか。
(あ第19回-136)[東洋医学臨床論]
「56歳の女性。2年前に右乳癌で同側の全乳腺切除術と腋窩リンパ節の郭清を受けた。胸筋は温存されている。上腕の周径は右27cm、左24cm。右の腋窩部から上腕後側部の重だるさを訴えて来院した。」
術後の障害で最も生じやすい所見はどれか。
(あ第20回-139)[東洋医学臨床論]
「56歳の女性。2年前に右乳癌で同側の全乳腺切除術と腋窩リンパ節の郭清を受けた。胸筋は温存されている。上腕の周径は右27cm、左24cm。右の腋窩部から上腕後側部の重だるさを訴えて来院した。」
この患者の患肢に対するマッサージ施術で最も効果が期待される術式はどれか。
(あ第20回-140)[東洋医学臨床論]
モーリーテストが陽性となる疾患に対し局所施術を行う場合、対象となる筋はどれか。
(あ第21回-127)[東洋医学臨床論]
ファレンテスト陽性の患者にティネル徴候をみる場合、叩打する部位の指標として最も適切なのはどれか。
(あ第22回-126)[東洋医学臨床論]
小胸筋への施術の必要性を示す徒手検査所見はどれか。
(あ第22回-128)[東洋医学臨床論]
ライトテスト陽性を示す患者の施術対象となる筋で、停止腱に対応する経穴はどれか。
(あ第23回-121)[東洋医学臨床論]
絞扼性神経障害について罹患神経と局所治療穴の組合せで正しいのはどれか。
(あ第23回-122)[東洋医学臨床論]
小海への圧迫法が最も有効なのはどれか。
(あ第23回-130)[東洋医学臨床論]
パラフィン浴が適応となる疾患で最も適切なのはどれか。
(あ第24回-113)[東洋医学臨床論]
パラフィン浴を実施する際の最適温度はどれか。
(あ第24回-114)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例に対する適切な局所治療穴はどれか。
「40歳の女性。職業は調理師。痛みとしびれが第1~第3指の掌側にある。ファレンテスト陽性。」
(あ第24回-118)[東洋医学臨床論]
局所治療として欠盆への施術が最も適切な徒手検査所見はどれか。
(あ第25回-122)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例に対し、施術対象となる筋で最も適切なのはどれか。
「35歳の男性。手掌の母指から中指にかけて痛みとしびれを自覚。中指掌側に知覚異常が認められる。少海から孔最にかけての圧迫で症状の再現する部位があった。」
(あ第25回-123)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例に対する徒手検査で陽性となる可能性が最も高いのはどれか。
「28歳の女性。スマートフォンを母指で長時間操作していると、手関節橈側が痛くなる。」
(あ第26回-124)[東洋医学臨床論]
徒手検査とそれが陽性となる罹患筋の作用との組合せで正しいのはどれか。
(あ第26回-129)[東洋医学臨床論]
徒手検査の陽性所見と局所施術部位の組合せで最も適切なのはどれか。
(あ第27回-119)[東洋医学臨床論]
徒手検査法の陽性所見と罹患部への局所治療穴の組合せで最も適切なのはどれか。
(あ第27回-131)[東洋医学臨床論]
徒手検査法の陽性所見と罹患部への施術部位との組合せで適切なのはどれか。
(あ第28回-124)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例に対する徒手検査で陽性となる可能性が最も高いのはどれか。
「55歳の女性。長期にわたり人工透析を受けている。早朝に手掌の橈側にしびれが生じ、最近では母指球筋の萎縮もみられる。」
(あ第28回-130)[東洋医学臨床論]
上肢痛の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す