便秘の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)

次の文で示す患者への対応で適切でないのはどれか。
「35歳の男性。数年前から便秘が続き、4、5日に一回、太く長い便を出す。」
(あ第2回-139)[東洋医学臨床論]
弛緩性便秘の患者に対する適切な指導はどれか。
(あ第3回-144)[東洋医学臨床論]
常習性便秘における宿便部位への適切な施術部はどれか。
(あ第5回-148)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への対応で適切でないのはどれか。
「26歳の女性。胃腸が弱く下痢と便秘を繰り返す。精神的ストレスが加わると症状が悪化する。」
(あ第7回-137)[東洋医学臨床論]
常習性便秘の患者に対する生活指導で誤っているのはどれか。
(あ第9回-136)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態への対応で適切でないのはどれか。
「50歳の男性。約10年前から便秘が続き、4、5日に1回太く長い便が出る。」
(あ第10回-139)[東洋医学臨床論]
弛緩性便秘の患者に対する生活指導で、適切でないのはどれか。
(あ第16回-131)[東洋医学臨床論]
大腸の腑の病による便秘に対して用いる募穴はどれか。
(あ第17回-130)[東洋医学臨床論]
「26歳の女性。便秘と下痢が交互に反復する。粘血便は出ないが、精神的ストレスと関連して発症する。」
認められる症状として適切でないのはどれか。
(あ第17回-137)[東洋医学臨床論]
「26歳の女性。便秘と下痢が交互に反復する。粘血便は出ないが、精神的ストレスと関連して発症する。」
臍の左側3寸5分の部位に顕著な圧痛を認めた。相当する経穴はどれか。
※現在「大横」の位置は「臍中央から外方4寸」ですが、旧教科書では「3寸5分」となっていました。
(あ第17回-138)[東洋医学臨床論]
常習性便秘の宿便部位に対する指圧施術で最も適切な局所治療穴はどれか。
(あ第20回-130)[東洋医学臨床論]
弛緩性便秘の生活指導として適切でないのはどれか。
(あ第21回-129)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証で補う気の作用はどれか。
「50歳の女性。以前から汗をかきにくい体質で、夏場は人並みに暑さを感じるものの、汗が出ずにのぼせることが多い。食欲は普通だが便秘傾向である。」
(あ第22回-121)[東洋医学臨床論]
便秘に対する腹部マッサージの方法で最も適切なのはどれか。
(あ第22回-133)[東洋医学臨床論]
大腸の走行を考慮した施術で、弛緩性便秘に用いる経穴として適切なのはどれか。
(あ第24回-116)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対するあん摩施術で対象となる経脈の組合せとして正しいのはどれか。
「27歳の男性。5年前に就職してから腹部にガスがたまりやすく、便秘と下痢を繰り返すようになった。仕事でストレスが増えると症状は増悪する。内科受診をしても特に器質的疾患はないと言われた。」
(あ第24回-121)[東洋医学臨床論]
「24歳の女性。主訴は便秘。3年前から外勤となり、仕事の都合で便意を催しても我慢することが多くなった。」
本症例の大腸の病態として最も考えられるのはどれか。
(あ第26回-137)[東洋医学臨床論]
「24歳の女性。主訴は便秘。3年前から外勤となり、仕事の都合で便意を催しても我慢することが多くなった。」
本症例の病態を考慮した生活指導として最も適切なのはどれか。
(あ第26回-138)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例について、身体診察でみられる可能性が最も高いのはどれか。
「65歳の男性。3年ほど前から手のふるえが出現し、徐々に進行している。また動作が緩慢となり、すくみ足もみられ、顔の表情も乏しくなっている。便秘もある。」
(あ第28回-127)[東洋医学臨床論]
「71歳の女性。主訴は慢性の便秘。最近は硬い便で4日に1回となった。便意がなく、食欲も減退し口が渇く。腹力もない。病院では機能性便秘と言われた。」
本症例の発生要因を明らかにするために必要な情報はどれか。
(あ第28回-139)[東洋医学臨床論]
「71歳の女性。主訴は慢性の便秘。最近は硬い便で4日に1回となった。便意がなく、食欲も減退し口が渇く。腹力もない。病院では機能性便秘と言われた。」
本症例にみられる病証で最も適切なのはどれか。
(あ第28回-140)[東洋医学臨床論]
弛緩性便秘の患者に対し、腹部に軽擦法を施す場合の方向として最も適切なのはどれか。
(あ第29回-111)[東洋医学臨床論]
便秘の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}


コクシーランドのご愛用、
ありがとうございます。

サイトをサポート

寄付する

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)