悪心と嘔吐の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)

悪心・嘔吐に対する施術に当たって適応となる原因疾患はどれか。
(あ第4回-143)[東洋医学臨床論]
悪心や嘔吐の症状に対し、施術の対象として最も適切なのはどれか。
(あ第9回-132)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の生活指導として適切でないのはどれか。「25歳の女性。月経前に乳房痛、悪心、嘔吐、下腹部膨満、頭痛、いらいら感がある。」
(あ第12回-136)[東洋医学臨床論]
随伴症状を伴う高血圧症で施術対象として適切なのはどれか。
(あ第13回-136)[東洋医学臨床論]
内関を特効穴とする症状はどれか。
(あ第25回-119)[東洋医学臨床論]
慢性胃炎患者への施術で用いる背部反応点として最も適切なのはどれか。
(あ第25回-129)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の経脈病証に対して原穴に施術する際に正しいのはどれか。
「65歳の男性。普段から食欲があまりなく、食事をすると心下につかえを感じ、嘔吐することがあるが排便により症状は軽快する。舌の強ばりや尿閉もみられる。」
(あ第27回-116)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療穴として最も適切なのはどれか。
「39歳の女性。主訴は頭痛。痛みの性質は重痛で、体の重だるさや悪心、嘔吐を伴う。飲食の不摂生で症状は悪化する。舌は淡紅、白膩苔、脈は滑を認める。」
(あ第29回-134)[東洋医学臨床論]
「30歳の女性。主訴は胸やけ。食後や夜間に口に酸っぱいものがこみ上がってくる。胃内視鏡検査で食道のびらんを指摘された。前脛骨筋に緊張と圧痛を認める。」
生活指導として最も適切なのはどれか。
(あ第29回-141)[東洋医学臨床論]
「30歳の女性。主訴は胸やけ。食後や夜間に口に酸っぱいものがこみ上がってくる。胃内視鏡検査で食道のびらんを指摘された。前脛骨筋に緊張と圧痛を認める。」
本症例の経脈病証はどれか。
(あ第29回-142)[東洋医学臨床論]
悪心と嘔吐の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)