胸痛の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)

コッドマン体操が適しているのはどれか。
(あ第1回-138)[東洋医学臨床論]
肋間神経痛の施術について誤っているのはどれか。
(あ第1回-142)[東洋医学臨床論]
胸痛のうち施術対象となる状況はどれか。
(あ第2回-138)[東洋医学臨床論]
特発性肋間神経痛に対する施術で適切でないのはどれか。
(あ第4回-142)[東洋医学臨床論]
特発性肋間神経痛に対する施術で適切でない記述はどれか。
(あ第6回-129)[東洋医学臨床論]
特発性肋間神経痛の局所治療として適切でないのはどれか。
(あ第9回-137)[東洋医学臨床論]
胸痛に対する施術で適応性が最も高いのはどれか。
(あ第10回-138)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の生活指導として適切でないのはどれか。「25歳の女性。月経前に乳房痛、悪心、嘔吐、下腹部膨満、頭痛、いらいら感がある。」
(あ第12回-136)[東洋医学臨床論]
肩こりに随伴する症状で、最も注意が必要なのはどれか。
(あ第12回-137)[東洋医学臨床論]
随伴症状を伴う高血圧症で施術対象として適切なのはどれか。
(あ第13回-136)[東洋医学臨床論]
特発性肋間神経痛による背部から側胸部にかけての痛みに対し、局所治療穴として適切なのはどれか。
(あ第17回-123)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療方針として最も適切なのはどれか。
「36歳の女性。動悸と胸苦しさがあり、少し動いただけでも汗をかく。めまいや倦怠感もみられる。舌は淡、脈は弱を認める。」
(あ第29回-130)[東洋医学臨床論]
「65歳の女性。指圧を受けているときに左側胸部に強い痛みを感じた。帰宅後も痛みは続き、疼痛部位に一致して半円球状の膨隆がみられたため、病院の夜間外来を受診した。」
考えられる疾患はどれか。
(あ第29回-77)[東洋医学臨床論]
「65歳の女性。指圧を受けているときに左側胸部に強い痛みを感じた。帰宅後も痛みは続き、疼痛部位に一致して半円球状の膨隆がみられたため、病院の夜間外来を受診した。」
半円球状の膨隆の原因として最も考えられるのはどれか。
(あ第29回-78)[東洋医学臨床論]
胸痛の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)