喘息の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)

気管支喘息発作中の施術で有効なのはどれか。
(あ第1回-144)[東洋医学臨床論]
気管支喘息患者への対応で適切でない記述はどれか。
(あ第7回-136)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態への対応で誤っている記述はどれか。
「12歳の男児。夜間から明け方にかけてときどき喘鳴を伴う呼吸困難の発作を起こす。風邪を引くと症状が増悪する。」
(あ第9回-133)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証で治療対象となる経脈はどれか。
「咳、喘鳴、胸が満ちた感じがあり、前腕前面橈側に冷えと痛みを伴う。」
(あ第15回-119)[東洋医学臨床論]
「64歳の男性。発作性の呼吸困難と喘鳴を伴う。呼吸機能検査では1秒率が低く、血中IgE値が高い。イヌの毛で誘発される。」
疾患の増悪時にみられる呼吸はどれか。
(あ第15回-137)[東洋医学臨床論]
「64歳の男性。発作性の呼吸困難と喘鳴を伴う。呼吸機能検査では1秒率が低く、血中IgE値が高い。イヌの毛で誘発される。」
非発作時において呼吸困難に対するマッサージで施術対象とならないのはどれか。
(あ第15回-138)[東洋医学臨床論]
喘息の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す