耳鳴りと難聴の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)

30歳の女性。1年前から発作的な回転性眩暈、耳鳴と難聴がある。施術として正しいのはどれか。
(あ第1回-148)[東洋医学臨床論]
メニエール病に対する治療方針で正しいのはどれか。
(あ第4回-148)[東洋医学臨床論]
めまいと耳鳴りを訴える疾患で、頭頸部への局所治療が最も効果的なのはどれか。
(あ第8回-139)[東洋医学臨床論]
耳鳴りに対する局所治療穴として適切なのはどれか。
(あ第17回-129)[東洋医学臨床論]
肝の病証による難聴に対する治療穴として最も適切なのはどれか。
(あ第19回-119)[東洋医学臨床論]
翳風穴が局所治療穴として最も適切なのはどれか。
(あ第22回-134)[東洋医学臨床論]
「65歳の男性。最近、一晩に2回排尿するようになった。また、トイレではすぐに小便が出ず、腹圧をかけて排尿することが多くなった。残尿感がある。慢性の腰痛、難聴傾向もみられる。」
排尿障害の病巣部位として最も適切なのはどれか。
(あ第22回-139)[東洋医学臨床論]
「65歳の男性。最近、一晩に2回排尿するようになった。また、トイレではすぐに小便が出ず、腹圧をかけて排尿することが多くなった。残尿感がある。慢性の腰痛、難聴傾向もみられる。」
病証に基づいてあん摩を行う場合で最も適切な経脈はどれか。
(あ第22回-140)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療で、原穴の組合せとして最も適切なのはどれか。
「68歳の男性。主訴は立ちくらみ。最近しゃがんだ状態から急に立ち上がった際に気を失いそうになった。細身で食が細く、軟便になりやすい。また腰痛、難聴、手足のだるさと冷えを自覚している。舌質は淡胖。脈は沈細。」
(あ第24回-120)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対して原穴に施術する際の正しい部位はどれか。
「64歳の男性。主訴は聴力低下。半年前から徐々に右耳が聞こえにくくなり、回復しないままである。白髪が増え、腰や膝に力が入らない症状も伴う。」
(あ第25回-116)[東洋医学臨床論]
内関を特効穴とする症状はどれか。
(あ第25回-119)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療方針で最も適切なのはどれか。
「45歳の女性。主訴は右耳の難聴。2週間前に突然発症し、近医で突発性難聴と診断された。耳閉感、胸苦しさ、頭重感を自覚する。舌質は紅、舌苔は黄膩、脈は滑数。」
(あ第26回-114)[東洋医学臨床論]
耳鳴りと難聴の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す