後頭神経痛の過去問題[臨《症》](鍼灸編)

神経痛と罹患神経を対象とした刺鍼経穴との組合せで適切なのはどれか。
(はき第3回-127)[東洋医学臨床論]
頭部の神経痛と治療穴との組合せで適切なのはどれか。
(はき第8回-132)[東洋医学臨床論]
頭部の神経痛と罹患神経を対象とした治療穴との組合せで正しいのはどれか。
(はき第9回-132)[東洋医学臨床論]
神経痛とその罹患神経を対象にした治療穴との組合せで適切でないのはどれか。
(はき第10回-134)[東洋医学臨床論]
大後頭神経痛に対し、罹患神経への局所治療穴として適切なのはどれか。
(はき第16回-126)[東洋医学臨床論]
「55歳の男性。3か月前より右耳の後ろから側頭部にかけてピリッとした電撃様の痛みが起こる。めまい、嘔気はない。」
最も考えられるのはどれか。
(はき第17回-133)[東洋医学臨床論]
「55歳の男性。3か月前より右耳の後ろから側頭部にかけてピリッとした電撃様の痛みが起こる。めまい、嘔気はない。」
罹患部への局所治療穴として適切なのはどれか。
(はき第17回-134)[東洋医学臨床論]
神経痛と罹患神経に対する局所治療穴との組合せで正しいのはどれか。
(はき第19回-131)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の頭痛発作時に対する治療方針として最も適切なのはどれか。
「27歳の女性。最近、仕事が忙しくなり残業が続いている。時々、拍動性の頭痛が数時間から1日続く。発作には前兆があり羞明を伴う。医療機関を受診したが、器質的病変はみられなかった。」
(はき第22回-132)[東洋医学臨床論]
神経痛と局所治療穴の組合せで正しいのはどれか。
(はき第23回-119)[東洋医学臨床論]
後頭神経痛の過去問題[臨《症》](鍼灸編) (1)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

関連するまとめ


コクシーランドのご愛用、
ありがとうございます。

サイトをサポート

寄付する

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)