頭痛の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)

20歳の女性。数年前より時々側頭部に発作的な拍動性の痛みがある。医療機関の検査では頭蓋内病変はないという。治療として誤っているのはどれか。
(あ第1回-140)[東洋医学臨床論]
緊張性頭痛に対する治療として適切でないのはどれか。
(あ第3回-140)[東洋医学臨床論]
ネーゲリーの伸頭法が適さない疾患はどれか。
(あ第4回-136)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者に対する治療目的で正しい記述はどれか。
「25歳女性。3年前から時々、締め付けられるような頭痛が後頭部から側頭部にかけて起こる。頭痛はストレスで誘発される。頭蓋内病変の徴候はない。」
(あ第4回-137)[東洋医学臨床論]
頭痛で施術の対象として適切なのはどれか。
(あ第5回-136)[東洋医学臨床論]
片頭痛の対応で適切でないのはどれか。
(あ第6回-126)[東洋医学臨床論]
頭痛で施術対象となるのはどれか。
(あ第7回-126)[東洋医学臨床論]
ネーゲリーの伸頭法で正しいのはどれか。
(あ第8回-126)[東洋医学臨床論]
高齢者の筋収縮性頭痛に対する頸部の運動法について適切でないのはどれか。
(あ第10回-126)[東洋医学臨床論]
大後頭神経痛に対し、罹患神経への局所治療穴として適切なのはどれか。
(あ第11回-126)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の生活指導として適切でないのはどれか。「25歳の女性。月経前に乳房痛、悪心、嘔吐、下腹部膨満、頭痛、いらいら感がある。」
(あ第12回-136)[東洋医学臨床論]
肩こりに随伴する症状で、最も注意が必要なのはどれか。
(あ第12回-137)[東洋医学臨床論]
片頭痛発作時の局所施術で適切なのはどれか。
(あ第13回-126)[東洋医学臨床論]
随伴症状を伴う高血圧症で施術対象として適切なのはどれか。
(あ第13回-136)[東洋医学臨床論]
側頭部の頭痛に対し、経絡の流注から施術対象となるのはどれか。
(あ第15回-120)[東洋医学臨床論]
施術対象となる頭痛はどれか。
(あ第15回-123)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の治療方針として適切でないのはどれか。
「40歳の男性。1年前から頸肩部のこりと頭重感があり、増悪時には後頭部から側頭部にかけて締めつけられるような頭痛がある。頸部のエックス線像や頭部CTでは異常を認めない。」
(あ第16回-123)[東洋医学臨床論]
頭痛で局所への揉捏により血管拡張を引き起こし、症状を増悪させる恐れがあるのはどれか。
(あ第18回-120)[東洋医学臨床論]
後頭部の痛みに対し、流注を踏まえて施術する場合、最も適切な経脈はどれか。
(あ第19回-120)[東洋医学臨床論]
「52歳の女性。じゅうたんをたわしで洗浄した翌日から頭部全体に締め付けられるような非拍動性の痛みが出現した。悪心・嘔吐、流涙・結膜充血は伴わない。眼底検査では異常を認めなかった。」
最も考えられる疾患はどれか。
(あ第19回-139)[東洋医学臨床論]
「52歳の女性。じゅうたんをたわしで洗浄した翌日から頭部全体に締め付けられるような非拍動性の痛みが出現した。悪心・嘔吐、流涙・結膜充血は伴わない。眼底検査では異常を認めなかった。」
頭部への局所施術で適切でないのはどれか。
(あ第19回-140)[東洋医学臨床論]
大後頭神経痛の局所治療穴として適切なのはどれか。
(あ第20回-123)[東洋医学臨床論]
「28歳の女性。突然チカチカと光る模様が見え始めたが、30分後には消えた。その後、こめかみがズキンズキンと痛みだした。医療機関の検査では頭蓋内の器質的病変はみられない。」
最も考えられる頭痛はどれか。
(あ第20回-135)[東洋医学臨床論]
「28歳の女性。突然チカチカと光る模様が見え始めたが、30分後には消えた。その後、こめかみがズキンズキンと痛みだした。医療機関の検査では頭蓋内の器質的病変はみられない。」
疼痛部位の流注を考慮した場合、施術対象となる経脈はどれか。
(あ第20回-136)[東洋医学臨床論]
頭痛の部位と治療対象になる経脈との組合せで正しいのはどれか。
(あ第21回-119)[東洋医学臨床論]
後頭部の痛みに対して経脈の流注を踏まえて治療する場合、対象となるのはどれか。
(あ第22回-123)[東洋医学臨床論]
翳風穴が局所治療穴として最も適切なのはどれか。
(あ第22回-134)[東洋医学臨床論]
「53歳の女性。近頃、ほてりとのぼせがあり、倦怠感、ふらつき、頭痛、肩こり、喉の渇きもみられる。最近受けた人間ドックの検査では異常は指摘されなかった。舌質は紅、脈は細数。」
最も考えられるのはどれか。
(あ第24回-137)[東洋医学臨床論]
「53歳の女性。近頃、ほてりとのぼせがあり、倦怠感、ふらつき、頭痛、肩こり、喉の渇きもみられる。最近受けた人間ドックの検査では異常は指摘されなかった。舌質は紅、脈は細数。」
本患者に対し、東洋医学的な観点から治療する場合の治療穴で最も適切なのはどれか。
(あ第24回-138)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証で治療対象とする臓腑に対応する募穴はどれか。
「32歳の女性。主訴は頭重。症状の程度は軽く慢性的である。月経は遅れ気味で、始まると頭重が憎悪する。下痢しやすいせいか普段から倦怠感があり、痰が多く、顔色が悪い。舌質は淡、脈は弱。」
(あ第25回-115)[東洋医学臨床論]
内関を特効穴とする症状はどれか。
(あ第25回-119)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証でみられるのはどれか。
「23歳の女性。主訴は月経前の不安感。就職したばかりで、仕事にまだ慣れず緊張することが多い。月経の5日ほど前になると情緒が不安定となり、胸部の張り感と頭痛を自覚する。」
(あ第26回-113)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療方針で最も適切なのはどれか。
「45歳の女性。主訴は右耳の難聴。2週間前に突然発症し、近医で突発性難聴と診断された。耳閉感、胸苦しさ、頭重感を自覚する。舌質は紅、舌苔は黄膩、脈は滑数。」
(あ第26回-114)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療穴として最も適切なのはどれか。
「38歳の女性。主訴は頭痛。仕事が忙しくなりイライラしてくると頭頂部の痛みが生じる。ひどくなると顔面が紅潮し、口の中が苦くなる。舌質は紅、脈は弦有力。」
(あ第26回-117)[東洋医学臨床論]
第2・第3頸神経前枝に支配される領域の神経痛に対する局所治療穴として最も適切なのはどれか。
(あ第26回-131)[東洋医学臨床論]
次の文で示す頭痛の治療方針として最も適切なのはどれか。
「痛みは長く続き、活動時に軽減する。めまい、ふらつき、精神疲労、動悸を伴う。舌質は淡、脈は細。」
(あ第27回-115)[東洋医学臨床論]
後頭部痛を訴える患者で、痛みの領域から大後頭神経が罹患神経と考えた。それを確認するために押圧する最も適切な経穴はどれか。
(あ第27回-124)[東洋医学臨床論]
頭痛の過去問題[臨《症》](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す