関連学説の過去問題[きゅう]

圧発汗反射では、側臥位のとき上になる半身の発汗はどうなるか。
(第1回-157)[きゅう理論]
学説と創始者との組合せで正しいのはどれか。
(第4回-158)[きゅう理論]
ストレスに対する生体反応の指標で適切な物質はどれか。
(第5回-160)[きゅう理論]
ストレス学説でいう交絡感作期に該当するのはどれか。
(第6回-160)[きゅう理論]
レイリー現象で次に示す文に該当するのはどれか。
「過剰刺激であればいかなる種類の刺激でも障害が起こる。」
(第7回-160)[きゅう理論]
生体のフィードバック機構を説明した学説はどれか。
(第8回-160)[きゅう理論]
過剰刺激を受けてレイリー現象を起こす神経系はどれか。
(第10回-160)[きゅう理論]
ストレス学説に関する記述で誤っているのはどれか。
(第11回-160)[きゅう理論]
健康増進を目的とした灸施術の反応で適切でないのはどれか。
(第12回-160)[きゅう理論]
内外各種の刺激に対して交感神経がすばやく反応するという説はどれか。
※正解3つ。どれか一つを選べば正解になります。
(第13回-160)[きゅう理論]
ホメオスタシスについて適切な記述はどれか。
(第17回-159)[きゅう理論]
サイバネティックスの学説で提唱されたのはどれか。
(第18回-160)[きゅう理論]
関連学説について正しい組合せはどれか。
(第19回-160)[きゅう理論]
セリエのストレス学説に関する事項はどれか。
(第20回-160)[きゅう理論]
出力の一部を入力部に戻すことで自動制御を行うという学説はどれか。
(第21回-160)[きゅう理論]
「生体の内部環境は適当な制御機構が働いて、ほぼ一定に維持されている」と定義されるのはどれか。
(はき第25回-160)[きゅう理論]
足三里へ多壮灸をした後、患者がすぐに全身倦怠感を訴えた。この原因を説明するのに適切なのはどれか。
(はき第27回-160)[きゅう理論]
関連学説の過去問題[きゅう]
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す