鍼灸療法の一般治効理論の過去問題[きゅう]

有痕灸の心血管系に及ぼす影響で正しいのはどれか。
(第1回-153)[きゅう理論]
内因性オピオイドに含まれないのはどれか。
(第2回-154)[きゅう理論]
施灸の火傷により局所で産生される物質はどれか。
(第3回-153)[きゅう理論]
透熱灸の局所に起こる反応として適切でないのはどれか。
(第3回-156)[きゅう理論]
施灸後に水疱を残す程度の火傷はどれか。
(第4回-151)[きゅう理論]
施灸による火傷の反応として適切でないのはどれか。
(第4回-156)[きゅう理論]
施灸部の血管拡張に関与するのはどれか。
(第5回-158)[きゅう理論]
施灸直後から増加する血液成分はどれか。
(第8回-155)[きゅう理論]
灸刺激が下垂体-副腎皮質系に影響を及ぼした場合に変化するのはどれか。
(第8回-156)[きゅう理論]
有痕灸の施灸局所で起こらない現象はどれか。
(第8回-157)[きゅう理論]
内因性オピオイドに属さないのはどれか。
(第8回-159)[きゅう理論]
灸施術の防衛作用に関係するとされているのはどれか。
(第9回-156)[きゅう理論]
灸刺激の作用で正しいのはどれか。
(第9回-157)[きゅう理論]
施灸局所で産生されないのはどれか。
(第9回-160)[きゅう理論]
米粒大の艾炷の連続施灸で最初に出現する局所の変化はどれか。
(第10回-157)[きゅう理論]
打膿灸による炎症の発生に関与しないのはどれか。
(第10回-158)[きゅう理論]
施灸局所の血行促進に関与するのはどれか。
(第11回-157)[きゅう理論]
熱刺激による副腎のカテコールアミン分泌に関与するのはどれか。
(第11回-159)[きゅう理論]
施灸部位の細胞破壊に伴ってアラキドン酸から産生されるのはどれか。
(第12回-157)[きゅう理論]
透熱灸で施灸局所辺縁にみられないのはどれか。
(第12回-158)[きゅう理論]
体幹部への灸刺激による交感神経α受容体を介する反応はどれか。
(第12回-159)[きゅう理論]
施灸による水疱はどれか。
(第13回-155)[きゅう理論]
透熱灸による局所炎症の発現に関与しないのはどれか。
(第14回-158)[きゅう理論]
透熱灸による血液凝固・線維素溶解系の亢進に関与しないのはどれか。
(第14回-159)[きゅう理論]
灸治療による微小炎症で免疫系を活性化するための抗原提示をするのはどれか。
(第14回-160)[きゅう理論]
透熱灸でマスト細胞から放出される物質による現象はどれか。
(第15回-155)[きゅう理論]
透熱灸によって一番早く起こる現象はどれか。
(第15回-158)[きゅう理論]
胃の六ツ灸によって胃部不快感が改善する理由として適切なのはどれか。
(第15回-159)[きゅう理論]
施灸後にサイトカインを産生しないのどれか。
(第15回-160)[きゅう理論]
打膿灸の施灸局所で起こらない現象はどれか。
(第16回-158)[きゅう理論]
ストレス蛋白質について正しいのはどれか。
(第16回-160)[きゅう理論]
施灸によるフレア一現象に関与しないのはどれか。
(第17回-157)[きゅう理論]
透熱灸による生体反応でないのはどれか。
(第17回-158)[きゅう理論]
灸刺激による末梢血管収縮の機序に関与するのはどれか。
(第18回-158)[きゅう理論]
透熱灸による生体反応で誤っているのはどれか。
(第18回-159)[きゅう理論]
透熱灸刺激の脊髄内伝達に関与する物質はどれか。
(第19回-156)[きゅう理論]
透熱灸後のフレアー現象の機序となる反射はどれか。
(第19回-157)[きゅう理論]
灸施術による局所炎症反応に関与するのはどれか。
(第19回-158)[きゅう理論]
灸施術の防御作用に関係するのはどれか。
(第19回-159)[きゅう理論]
透熱灸刺激によって生じる局所炎症反応の際に起こるのはどれか。
(第20回-157)[きゅう理論]
施灸直後の反応でみられないのはどれか。
(第20回-158)[きゅう理論]
内因性オピオイドの特徴について正しい記述はどれか。
(第20回-159)[きゅう理論]
温灸刺激について正しい記述はどれか。
(第21回-156)[きゅう理論]
血管の透過性亢進作用をもつ物質はどれか。
※正解3つ。どれか一つを選べば正解になります。
(第21回-158)[きゅう理論]
施灸時に血圧上昇をきたす反射の遠心路はどれか。
(第21回-159)[きゅう理論]
施灸部の組織を破壊する目的で行う灸法はどれか。
(第22回-153)[きゅう理論]
無痕灸による局所炎症反応でみられるのはどれか。
(第22回-160)[きゅう理論]
「45歳の女性。両下腿に冷えを訴えて来院。愁訴を改善する目的で、両側の三陰交に半米粒大の透熱灸5壮の施術を行った。」
施灸部に生じた膨隆に関与するのはどれか。
(き第23回-159)[きゅう理論]
透熱灸により好中球の遊走性を最も高めるのはどれか。
(き第23回-160)[きゅう理論]
ラットの背部への施灸において同一脊髄レベルでの神経損傷により軸索反射が消失するのはどれか。
(はき第24回-158)[きゅう理論]
ブラジキニン発痛作用を増強させるのはどれか。
(はき第24回-159)[きゅう理論]
過敏性腸症候群における下痢に対して、脊髄性の自律神経反射を考慮して灸治療を行う場合、最も効果が期待できるのはどれか。
(はき第25回-157)[きゅう理論]
施灸局所の血流増加に関与するのはどれか。
(はき第25回-158)[きゅう理論]
透熱灸の施灸局所に起こる反応で正しいのはどれか。
※正解2つ。どちらか1つを選べば正解になります。
(はき第25回-159)[きゅう理論]
温筒灸を行った際に、第Ⅱ度熱傷予防のため、艾炷を取り除く目安はどれか。
(はき第26回-153)[きゅう理論]
透熱灸によるヒスタミンの分泌に直接関与するのはどれか。
(はき第26回-158)[きゅう理論]
施灸によりアラキドン酸から産生される物質が引き起こす作用はどれか。
※正解3つ。どれか一つを選べば正解になります。
(はき第26回-159)[きゅう理論]
透熱灸施灸により生成されるアラキドン酸代謝産物はどれか。
(はき第27回-157)[きゅう理論]
透熱灸による局所炎症反応で正しいのはどれか。
(はき第27回-158)[きゅう理論]
デルマトームを考慮した体性-自律神経反射を利用して下痢の灸治療を行う場合、最も効果が期待できるのはどれか。
※正解2つ。どちらか1つを選べば正解になります。
(はき第28回-156)[きゅう理論]
透熱灸の施灸局所で発痛を増強するのはどれか。
※正解2つ。どちらか1つを選べば正解になります。
(はき第28回-157)[きゅう理論]
施灸局所の肥満細胞から放出される血管透過性亢進物質はどれか。
(はき第28回-158)[きゅう理論]
施灸後早期に貪食能の活性が亢進すると考えられるのはどれか。
(はき第28回-160)[きゅう理論]
鍼灸療法の一般治効理論の過去問題[きゅう]
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す