第18回はり師・きゅう師国家試験過去問題 (午後)

2010年(平成22年)実施

旧サイトの出題ページへ。

潜伏期が最も短い食中毒の原因菌はどれか。
(はき第18回-81)[臨床医学各論]
慢性副鼻腔炎に関して正しい記述はどれか。
(はき第18回-82)[臨床医学各論]
硬膜外ブロックがよい適応である神経痛はどれか。
(はき第18回-83)[臨床医学各論]
身体障害者の分類で割合が増加しているのはどれか。
(はき第18回-84)[リハビリテーション医学]
国際生活機能分類(ICF)について正しい記述はどれか。
(はき第18回-85)[リハビリテーション医学]
医学的リハビリテーションチームを構成するメンバーでないのはどれか。
(はき第18回-86)[リハビリテーション医学]
筋力MMT2の関節運動に対し、筋力増強目的で運動療法を行う場合に、最も適切なのはどれか。
(はき第18回-87)[リハビリテーション医学]
脳卒中片麻痺患者に用いる装具はどれか。
(はき第18回-88)[リハビリテーション医学]
下肢のブルンストロームステージで「共同運動がわずかに出現し、痙性が出始める。」のはどれか。
(はき第18回-89)[リハビリテーション医学]
患肢で荷重するときに義足を必要とする切断部位はどれか。
(はき第18回-90)[リハビリテーション医学]
四肢の末梢神経麻痺のリハビリテーションで行わないのはどれか。
(はき第18回-91)[リハビリテーション医学]
五行色体の組合せで誤っているのはどれか。
(はき第18回-92)[東洋医学概論]
肺の生理作用で誤っているのはどれか。
(はき第18回-93)[東洋医学概論]
外邪とその性質との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第18回-94)[東洋医学概論]
次の文で示す患者の病証として適切なのはどれか。
「38歳の男性。半年前の失職以来、不安と不眠がある。起立時のめまいと軽度の動悸とを訴えている。」
(はき第18回-95)[東洋医学概論]
脾の病証でみられないのはどれか。
(はき第18回-96)[東洋医学概論]
喉の腫れ、鼻出血および下の歯の痛みを呈する経脈病証はどれか。
(はき第18回-97)[東洋医学概論]
腎経の経脈病証の所見として適切でないのはどれか。
(はき第18回-98)[東洋医学概論]
「おくび」について正しい記述はどれか。
※正解2つ。どちらか1つを選べば正解になります。
(はき第18回-99)[東洋医学概論]
痛みの性質と病証との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第18回-100)[東洋医学概論]
季節と脈状との組合せで正しいのはどれか。
(はき第18回-101)[東洋医学概論]
目のかすみ、めまい、脇部の隠痛および手足のふるえを呈する病証で最も考えられる舌質はどれか。
(はき第18回-102)[東洋医学概論]
十二刺に含まれないのはどれか。
(はき第18回-103)[東洋医学概論]
瀉法はどれか。
(はき第18回-104)[東洋医学概論]
補瀉迎随による経穴刺鍼で瀉法となるのはどれか。
(はき第18回-105)[東洋医学概論]
経脈の始まりの経穴と終わりの経穴との組合せで正しいのはどれか。
(はき第18回-106)[経絡経穴概論]
奇経八脈と八総穴との組合せで正しいのはどれか。
(はき第18回-107)[経絡経穴概論]
取穴法で正しい記述はどれか。
(はき第18回-108)[経絡経穴概論]
第4肋間にないのはどれか。
(はき第18回-109)[経絡経穴概論]
尺骨神経支配の筋上にある経穴はどれか。
(はき第18回-110)[経絡経穴概論]
腓腹筋とヒラメ筋との間に取るのはどれか。
(はき第18回-111)[経絡経穴概論]
経穴部位と筋との関係で同一筋上に位置しないのはどれか。
(はき第18回-112)[経絡経穴概論]
深腓骨神経の固有支配領域にある経穴はどれか。
(はき第18回-113)[経絡経穴概論]
五兪穴(五行穴)で脈気が注ぐ穴の主治はどれか。
(はき第18回-114)[経絡経穴概論]
脾経の経金穴の取穴法はどれか。
(はき第18回-115)[経絡経穴概論]
太淵と足三里に共通するのはどれか。
(はき第18回-116)[経絡経穴概論]
自経に募穴がないのはどれか。
(はき第18回-117)[経絡経穴概論]
胸椎の棘突起間に取穴するのはどれか。
(はき第18回-118)[経絡経穴概論]
実熱証に対する刺法で適切なのはどれか。
(はき第18回-119)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対し、五臓の病に用いる経穴で適切なのはどれか。
「50歳の男性。最近、毛髪が多く抜け落ち、細く柔らかくなった。頭皮は脂が多い。耳鳴りや腰のだるさもある。脈は細数。」
(はき第18回-120)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療方針で適切なのはどれか。
「35歳の女性。日頃から前頭部に頭重感があり、頭がぼんやりする。胃のつかえ感、泥状便を伴う。舌苔は白膩、脈は滑。」
(はき第18回-121)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対する治療方針で適切なのはどれか。
「45歳の女性。疲労時に腹痛が起こり、冷えると増悪する。倦怠感があり、便は水様性。舌質は淡、脈は沈細。」
(はき第18回-122)[東洋医学臨床論]
急性の胃痛に対して要穴を用いる場合、適切なのはどれか。
(はき第18回-123)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対し、治療対象となる経脈で適切なのはどれか。「28歳の女性。1年前から月経周期が不規則で月経量は少ない。乳房脹痛、月経痛がある。月経前から月経中にかけて抑うつがある。」
(はき第18回-124)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対し五兪穴の主治を考慮して施術を行う場合、最も適切な経穴はどれか。「45歳の女性。右肩関節の後面に痛みがあり、右上肢後内側に放散痛がみられる。」
(はき第18回-125)[東洋医学臨床論]
半腱様筋の痛みに対し、五刺の刺法を用いて施術する場合、適切な部位はどれか。
(はき第18回-126)[東洋医学臨床論]
理学検査所見と病態に対する局所治療穴との組合せで適切でないのはどれか。
(はき第18回-127)[東洋医学臨床論]
理学検査所見と病態に対する局所治療穴との組合せで正しいのはどれか。
(はき第18回-128)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対し、罹患部へ局所治療を行う場合、適切な筋はどれか。
「20歳の男性。ハードルの選手。練習中に右臀部に痛みを感じるようになった。股関節の他動的な内旋によって痛みは増強する。」
(はき第18回-129)[東洋医学臨床論]
シンスプリントの罹患部に対する局所治療穴として適切なのはどれか。
(はき第18回-130)[東洋医学臨床論]
顎関節症の開口障害に対する局所治療穴として適切なのはどれか。
(はき第18回-131)[東洋医学臨床論]
下の歯の痛みの軽減を目的として循経取穴をする場合、適切な経穴はどれか。
(はき第18回-132)[東洋医学臨床論]
「70歳の男性。3か月前から歩行によって右下腿後面に締めつけられるような痛みが出現する。休息すると、姿勢にかかわらず痛みが軽減する。SLRテスト陰性、知覚検査異常なし。」
最も考えられる疾患はどれか。
(はき第18回-133)[東洋医学臨床論]
「70歳の男性。3か月前から歩行によって右下腿後面に締めつけられるような痛みが出現する。休息すると、姿勢にかかわらず痛みが軽減する。SLRテスト陰性、知覚検査異常なし。」
この患者の病態に対する施術目的で最も適切なのはどれか。
(はき第18回-134)[東洋医学臨床論]
「40歳の男性。普段から鼻炎に悩まされ、息切れがある。子供の頃から風邪を引きやすく、寒がりである。舌質は淡。舌苔は薄白。脈は緩弱。」病証に基づいた治療方針で最も適切なのはどれか。
(はき第18回-135)[東洋医学臨床論]
「40歳の男性。普段から鼻炎に悩まされ、息切れがある。子供の頃から風邪を引きやすく、寒がりである。舌質は淡。舌苔は薄白。脈は緩弱。」難経六十九難に基づく治療を行う場合、適切な経穴はどれか。
(はき第18回-136)[東洋医学臨床論]
「21歳の女性。最近、食思不振や発熱があり、次第に血便や腹痛を伴うようになった。痔瘻はない。内視鏡検査で縦走潰瘍、敷石状病変はみられなかった。普段から寒がりで、冷たいものを飲食すると下痢が出現しやすい。手足が冷え、腰がだるい。舌質は淡白、脈は細くて弱い。」診断として最も考えられるのはどれか。
(はき第18回-137)[東洋医学臨床論]
「21歳の女性。最近、食思不振や発熱があり、次第に血便や腹痛を伴うようになった。痔瘻はない。内視鏡検査で縦走潰瘍、敷石状病変はみられなかった。普段から寒がりで、冷たいものを飲食すると下痢が出現しやすい。手足が冷え、腰がだるい。舌質は淡白、脈は細くて弱い。」東洋医学からみた病証として適切なのはどれか。
(はき第18回-138)[東洋医学臨床論]
「49歳の男性。左耳痛で始まり、その後に外耳道、耳介周辺に水疱がみられ、同側の顔面が麻痺した。」最も考えられる疾患はどれか。
(はき第18回-139)[東洋医学臨床論]
「49歳の男性。左耳痛で始まり、その後に外耳道、耳介周辺に水疱がみられ、同側の顔面が麻痺した。」顔面筋を広範囲に刺激するのに最も適切な経穴はどれか。
(はき第18回-140)[東洋医学臨床論]
鍼の手技で最も新しいのはどれか。
(は第18回-141)[はり理論]
鍼を使用せず弱刺激を与える手技はどれか。
(は第18回-142)[はり理論]
筋など深部まで刺入を必要とする鍼法はどれか。
(は第18回-143)[はり理論]
撚鍼法に適した鍼尖の形状はどれか。
(は第18回-144)[はり理論]
鍼治療後の気胸を疑う症状はどれか。
(は第18回-145)[はり理論]
深刺による臓器傷害について誤っている組合せはどれか。
(は第18回-146)[はり理論]
鍼鎮痛機構に関与しないのはどれか。
(は第18回-147)[はり理論]
鍼麻酔の特徴として適切でない記述はどれか。
(は第18回-148)[はり理論]
鍼刺激による反応でポリモーダル受容器が関与しないのはどれか。
(は第18回-149)[はり理論]
刺鍼局所に起こるフレアー現象に関与する反射はどれか。
(は第18回-150)[はり理論]
良質艾の精製過程で最終段階に使用する道具はどれか。
(き第18回-151)[きゅう理論]
良質文の成分について正しい記述はどれか。
(き第18回-152)[きゅう理論]
隔物灸でないのはどれか。
(き第18回-153)[きゅう理論]
多壮灸を原則とするのはどれか。
(き第18回-154)[きゅう理論]
小児に対する灸施術で適切でないのはどれか。
(き第18回-155)[きゅう理論]
患者の状態と灸法との組合せで適切でないのはどれか。
(き第18回-156)[きゅう理論]
透熱灸による熱痛覚を伝える伝導路はどれか。
(き第18回-157)[きゅう理論]
灸刺激による末梢血管収縮の機序に関与するのはどれか。
(き第18回-158)[きゅう理論]
透熱灸による生体反応で誤っているのはどれか。
(き第18回-159)[きゅう理論]
サイバネティックスの学説で提唱されたのはどれか。
(き第18回-160)[きゅう理論]
第18回はり師・きゅう師国家試験過去問題(午後問題)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す