第8回はり師・きゅう師国家試験過去問題 (午後)

2000年(平成12年)実施

旧サイトの出題ページへ。

小児の上腕骨顆上骨折について誤っている記述はどれか。
(はき第8回-81)[臨床医学各論]
出血性ショックの症状で誤っているのはどれか。
(はき第8回-82)[臨床医学各論]
痛みの治療を目的としない神経ブロックはどれか。
(はき第8回-83)[臨床医学各論]
膝関節のスポーツ外傷で誤っている組合せはどれか。
(はき第8回-84)[臨床医学各論]
感染による中枢神経疾患はどれか。
(はき第8回-85)[臨床医学各論]
筋萎縮性側索硬化症でみられない症候はどれか。
(はき第8回-86)[臨床医学各論]
痴呆が出現しない疾患はどれか。
(はき第8回-87)[臨床医学各論]
眼疾患について正しい組合せはどれか。
(はき第8回-88)[臨床医学各論]
社会的不利について正しい記述はどれか。
(はき第8回-89)[リハビリテーション医学]
股関節について誤っている記述はどれか。
(はき第8回-90)[リハビリテーション医学]
正常歩行において遊脚期に活動がみられない筋はどれか。
(はき第8回-91)[リハビリテーション医学]
関節可動域測定で誤っている記述はどれか。
(はき第8回-92)[リハビリテーション医学]
脳卒中片麻痺患者のリハビリテーションについて誤っている記述はどれか。
(はき第8回-93)[リハビリテーション医学]
脊髄損傷の理学療法で誤っているのはどれか。
(はき第8回-94)[リハビリテーション医学]
末梢神経損傷におけるリハビリテーションとその目的との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第8回-95)[リハビリテーション医学]
心疾患における運動強度の指標として適切でないのはどれか。
(はき第8回-96)[リハビリテーション医学]
陰陽のリズム現象はどれか。
(はき第8回-97)[東洋医学概論]
神を蔵し君主の官といわれるのはどれか。
(はき第8回-98)[東洋医学概論]
血を脈外に漏らさないようにするのはどれか。
(はき第8回-99)[東洋医学概論]
五臓と五志との組合せで正しいのはどれか。
(はき第8回-100)[東洋医学概論]
血を生成し、血とともに脈中をめぐる気はどれか。
(はき第8回-101)[東洋医学概論]
次の文で示す症状はどの経絡病証か。
「空腹感はあるが食欲はなく、顔色は黒ずみ、呼吸が苦しくせき込む。」
(はき第8回-102)[東洋医学概論]
脾の病証でみられる症状はどれか。
(はき第8回-103)[東洋医学概論]
八綱病証で病勢を示すのはどれか。
(はき第8回-104)[東洋医学概論]
弱々しく細く指に感じられる脈状で虚証にみられるのはどれか。
(はき第8回-105)[東洋医学概論]
聞診で診るのはどれか。
(はき第8回-106)[東洋医学概論]
小腹不仁を示す臓の病はどれか。
(はき第8回-107)[東洋医学概論]
脈について誤っている記述はどれか。
(はき第8回-108)[東洋医学概論]
骨痺に対する刺法はどれか。
(はき第8回-109)[東洋医学概論]
難経六十九難で肝実証に行間穴とともに瀉法を行う経穴はどれか。
(はき第8回-110)[東洋医学概論]
補法に該当しない刺鍼法はどれか。
(はき第8回-111)[東洋医学概論]
骨度法で前髪際から後髪際までの長さはどれか。
(はき第8回-112)[経絡経穴概論]
足の第1指外側爪甲根部に始まる経絡はどれか。
(はき第8回-113)[経絡経穴概論]
かかとから始まり足の少陰の別脈といわれるのはどれか。
(はき第8回-114)[経絡経穴概論]
中脘穴について誤っているのはどれか。
(はき第8回-115)[経絡経穴概論]
経穴で同じ高さにあるのはどれか。
(はき第8回-116)[経絡経穴概論]
胸椎棘突起間の外方3寸の取穴で正しいのはどれか。
(はき第8回-117)[経絡経穴概論]
取穴法で正しい記述はどれか。
(はき第8回-118)[経絡経穴概論]
咬筋上にある経穴はどれか。
(はき第8回-119)[経絡経穴概論]
経穴と動脈との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第8回-120)[経絡経穴概論]
橈骨神経の支配領域にある経穴はどれか。
(はき第8回-121)[経絡経穴概論]
五行穴の主治で誤っている記述はどれか。
(はき第8回-122)[経絡経穴概論]
絡穴はどれか。
(はき第8回-123)[経絡経穴概論]
八会穴に属さない経穴はどれか。
(はき第8回-124)[経絡経穴概論]
霊枢経脈篇の治療原則で正しい記述はどれか。
(はき第8回-125)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対し、難経六十九難に基づき補法を行う治療穴はどれか。
「40歳の女性。1年前から歩きすぎると膝が痛み、眩暈と手足のひきつりが時々起こる。脈状は弦脈。」
(はき第8回-126)[東洋医学臨床論]
次の文で示す病証に対する適切な治療穴はどれか。
「四肢の無力感、息切れ及び食欲不振。顔色が悪く黄色っぽい。舌苔白。脈が弱い。」
(はき第8回-127)[東洋医学臨床論]
肩痛の罹患部位と局所治療穴との組合せで適切でないのはどれか。
(はき第8回-128)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対する適切な治療はどれか。
「35歳の女性。食欲がなく、痩せて顔色が悪い。少し動くと息切れがして疲れる。低血圧で朝起きるのがつらい。脈は弱い。」
(はき第8回-129)[東洋医学臨床論]
出産後、頸肩部の経絡が滋養されないことで起こる肩こりに対する適切な治療法はどれか。
(はき第8回-130)[東洋医学臨床論]
理学的検査と刺鍼部位との組合せで適切でないのはどれか。
(はき第8回-131)[東洋医学臨床論]
頭部の神経痛と治療穴との組合せで適切なのはどれか。
(はき第8回-132)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対する治療穴で適切なのはどれか。
「45歳の女性。1年前から水泳を始めた。最近クロールの際右肩に痛みが起こる。ペインフルアークサイン陽性。」
(はき第8回-133)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対し、罹患部への局所治療穴として適切なのはどれか。
「50歳の男性。左官業。上肢に痛みとしびれが出現し、作業により増悪する。ライトテスト陽性。ジャクソンテスト陰性。」
(はき第8回-134)[東洋医学臨床論]
次の文で示す病態に対し、神経絞扼部に直接刺激を与える治療穴はどれか。
「手掌中央部が痛む。指先の感覚が鈍く、しびれもある。」
(はき第8回-135)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対し、適切な刺鍼部位はどれか。
「30歳の男性。椎間板ヘルニアを発症し腰下肢が痛む。患側では足指屈曲時の筋力低下、足底部の知覚鈍麻、アキレス腱反射の減弱がみられる。」
(はき第8回-136)[東洋医学臨床論]
次の文で示す麻痺に対し、施術対象となる罹患筋はどれか。
「足関節の屈曲が困難となり、爪先立ちができない。」
(はき第8回-137)[東洋医学臨床論]
次に示す部位への施術が効果的な運動麻痺はどれか。
「鎖骨上窩、腋窩、内側上腕二頭筋溝および浅指屈筋と長掌筋との間」
(はき第8回-138)[東洋医学臨床論]
メニエール病に対する治療方針として適切でないのはどれか。
(はき第8回-139)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態に対し、治療対象となる罹患筋はどれか。
「45歳の男性。テニスをする際、バックハンドストローク時に肘に痛みを感じる。チェアテスト陽性。」
(はき第8回-140)[東洋医学臨床論]
次の古代九鍼のうち皮膚を切開するのはどれか。
(は第8回-141)[はり理論]
最も古くからある鍼法はどれか。
(は第8回-142)[はり理論]
1寸6分の3番鍼の太さと長さとの組合せで正しいのはどれか。
(は第8回-143)[はり理論]
雀啄を用いる手技はどれか。
(は第8回-144)[はり理論]
最も弱い刺激となる手技はどれか。
(は第8回-145)[はり理論]
鍼の過誤について誤っている記述はどれか。
(は第8回-146)[はり理論]
内因性オピオイドの効果を特異的に消失させる物質はどれか。
(は第8回-147)[はり理論]
常習性便秘に対する背部の鍼治療の効果はどの作用によるか。
(は第8回-148)[はり理論]
鍼刺激が膵臓のホルモンに与える影響を調べる場合、指標とならないのはどれか。
(は第8回-149)[はり理論]
圧発汗反射の学説で圧迫側に起こる反応として正しい組合せはどれか。
(は第8回-150)[はり理論]
艾の品質について正しい組合せはどれか。
(き第8回-151)[きゅう理論]
うおのめの治療に適した灸法はどれか。
(き第8回-152)[きゅう理論]
灸施術の刺激量について誤っている記述はどれか。
(き第8回-153)[きゅう理論]
患者への灸の刺激量を決める要因でないのはどれか。
(き第8回-154)[きゅう理論]
施灸直後から増加する血液成分はどれか。
(き第8回-155)[きゅう理論]
灸刺激が下垂体-副腎皮質系に影響を及ぼした場合に変化するのはどれか。
(き第8回-156)[きゅう理論]
有痕灸の施灸局所で起こらない現象はどれか。
(き第8回-157)[きゅう理論]
エアポケット現象と関連の深いのはどれか。
(き第8回-158)[きゅう理論]
内因性オピオイドに属さないのはどれか。
(き第8回-159)[きゅう理論]
生体のフィードバック機構を説明した学説はどれか。
(き第8回-160)[きゅう理論]
第8回はり師・きゅう師国家試験過去問題(午後問題)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す