第31回(2023年)はり師・きゅう師国家試験過去問題 【午後】


2023年(令和5年)実施


五行色体における五臓と五労の組合せで誤っているのはどれか。
(はき第31回-91) [東洋医学概論]
成長や生殖活動を行うもととなる基本的な物質の生理作用で最も適切なのはどれか。
(はき第31回-92) [東洋医学概論]
三焦を通って臓腑の気になるのはどれか。
(はき第31回-93)[東洋医学概論]
条達作用をもつ臓腑と相生関係にある臓腑の作用はどれか。
(はき第31回-94)[東洋医学概論]
肺が外邪の侵襲を防ぎ、臓腑を保護することを示すのはどれか。
(はき第31回-95)[東洋医学概論]
降濁作用の補助を受けている作用はどれか。
(はき第31回-96)[東洋医学概論]
経脈病証で、喉に症状があり、外側前腕皮神経の支配領域に痛みがあるのはどれか。
(はき第31回-97)[東洋医学概論]
六淫で生風を特徴とするのはどれか。
(はき第31回-98)[東洋医学概論]
内因において、気を緩ませる感情が過度に生じることでみられる症状はどれか。
(はき第31回-99)[東洋医学概論]
湯液療法(和漢薬)について正しいのはどれか。
(はき第31回-100)[東洋医学概論]
五心煩熱や盗汗がみられるのはどれか。
(はき第31回-101)[東洋医学概論]
次の文で示す症例の経脈病証はどれか。
「65歳の男性。2週間前から腰痛で、前かがみや仰向けができない。最近は下腹部が痛み、季肋部が腫れ、喉が渇き、下痢をする。」
(はき第31回-102)[東洋医学概論]
汗と脈状の組合せで正しいのはどれか。
(はき第31回-103)[東洋医学概論]
次の文で示す症例の腹診所見はどれか。
「44歳の女性。主訴は頭痛。半年前に転職し、上司との人間関係がうまくいかず気が滅入る。頭部に刺すような痛みがあり、顔のシミが目立つようになってきた。」
(はき第31回-104)[東洋医学概論]
六部定位脈診で左手関上の沈の部が実している場合、難経六十九難に基づく治療穴はどれか。
(はき第31回-105)[東洋医学概論]
次の文で示す病証の病理で正しいのはどれか。
「48歳の男性。3か月前に新型コロナウイルス感染症で30日間入院した。退院後も乾いた咳嗽が続き、粘稠性で黄色の痰が少量出る。また手足がほてり、頰が紅い。」
(はき第31回-106)[東洋医学概論]
胸中で接続する経脈の井穴の組合せで正しいのはどれか。
(はき第31回-107)[経絡経穴概論]
経絡の概要について正しいのはどれか。
(はき第31回-108)[経絡経穴概論]
奇経で子宮から起こるのはどれか。
(はき第31回-109)[経絡経穴概論]
腧穴の概要について正しいのはどれか。
(はき第31回-110)[経絡経穴概論]
手の三陽経、足の三陽経が交わる交会穴はどれか。
(はき第31回-111)[経絡経穴概論]
骨度で左右の乳様突起の間と同じ長さなのはどれか。
(はき第31回-112)[経絡経穴概論]
腹部において、腎経、胃経ともに同じ高さに経穴がないのはどれか。
(はき第31回-113)[経絡経穴概論]
督脈の経穴がある部位はどれか。
(はき第31回-114)[経絡経穴概論]
顖会について正しいのはどれか。
(はき第31回-115)[経絡経穴概論]
経穴の部位で正しいのはどれか。
(はき第31回-116)[経絡経穴概論]
取穴部位が後頸三角の領域にあるのはどれか。
(はき第31回-117)[経絡経穴概論]
同じ高さに並ぶ経穴はどれか。
(はき第31回-118)[経絡経穴概論]
鎖骨下縁に取るのはどれか。
(はき第31回-119)[経絡経穴概論]
橈側手根屈筋腱の橈側に位置する経穴はどれか。
(はき第31回-120)[経絡経穴概論]
深刺すると、前鋸筋と肋間筋を貫き肺を損傷するのはどれか。
(はき第31回-121)[経絡経穴概論]
足の太陰経にある経金穴の部位はどれか。
(はき第31回-122)[経絡経穴概論]
五要穴について正しいのはどれか。
(はき第31回-123)[経絡経穴概論]
組合せで用いる経穴で八会穴を含まないのはどれか。
(はき第31回-124)[経絡経穴概論]
肓門穴の外方5分にある奇穴の主治はどれか。
(はき第31回-125)[経絡経穴概論]
奇穴とその部位の組合せで正しいのはどれか。
(はき第31回-126)[経絡経穴概論]
医療面接の態度について最も適切なのはどれか。
(はき第31回-127)[東洋医学臨床論]
腰椎前弯の増強を改善する目的で行う体操はどれか。
(はき第31回-128)[東洋医学臨床論]
左手中指のしびれを訴える患者に第6・第7頸椎棘突起間の左外方に刺鍼し症状が改善した。本症例の検査所見として最も適切なのはどれか。
(はき第31回-129)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例で障害神経根として最も適切なのはどれか。
「45歳の男性。荷物の搬送中に腰に激痛が走り、右下肢に痛みが生じている。近医にて腰椎椎間板ヘルニアと診断された。しゃがんだ状態から立ち上がる際に右膝の力が入らない。」
(はき第31回-130)[東洋医学臨床論]
上後腸骨棘と大転子近位端を結んだ線の中点から垂直下方に1~2横指下がったところを局所刺鍼点とすべき疾患で、陽性となる徒手検査法として最も適切なのはどれか。
(はき第31回-131)[東洋医学臨床論]
アレルギー性鼻炎について正しいのはどれか。
(はき第31回-132)[東洋医学臨床論]
末梢神経麻痺における罹患神経と麻痺筋の組合せで正しいのはどれか。
(はき第31回-133)[東洋医学臨床論]
糖尿病性末梢神経障害に特徴的な所見はどれか。
(はき第31回-134)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例で将来起こりうる徴候はどれか。
「生後6か月の乳児。仰臥位で寝かせたときに右の大腿皮膚溝が左と比べて数が多く、深く、長い。右股関節の開排制限もある。」
(はき第31回-135)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例で最も適切な所見はどれか。
「40歳の女性。半年前から回転性のめまい発作に苦しむ。耳鳴り、難聴、耳閉塞感が生じる。悪心・嘔吐を伴うこともある。カロリックテスト陰性。」
※全て正解です。どれか1つを選ぶと正解になります。
(はき第31回-136)[東洋医学臨床論]
高齢者に対する評価法とその内容の組合せで最も適切なのはどれか。
(はき第31回-137)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例で考えられる疾患はどれか。
「65歳の女性。軽度の肥満。主訴は膝痛。膝の内側が動作開始時や疲労時に痛む。膝のロッキングはみられない。」
(はき第31回-138)[東洋医学臨床論]
次の文で示す症例で障害筋への局所治療穴として最も適切なのはどれか。
「53歳の男性。最近、長時間歩くと、足がつる。今朝は、ウォーキング中に母指が屈曲する筋けいれんとともに下腿後面の深部に疼痛が生じたが、しばらく休むと軽快した。」
(はき第31回-139)[東洋医学臨床論]
詐病が疑われる腰痛患者に対して、坐位で膝を他動的に伸展させるのはどれか。
(はき第31回-140)[東洋医学臨床論]
こめかみがズキズキする頭痛に対して九刺の遠道刺を用いて治療する場合、最も適切な経穴はどれか。
(はき第31回-141)[東洋医学臨床論]
命門火衰により冷えを訴える患者に対し、臓腑を考慮して施灸する場合、最も適切な経穴はどれか。
(はき第31回-142)[東洋医学臨床論]
次の文で示す病証が進行した場合、みられやすい症状はどれか。
「39歳の女性。主訴は眼精疲労。長時間のデスクワークで目がかすむ。日頃から眠りが浅く、爪の血色が悪い。舌苔は薄白、脈は細数を帯びてきた。」
(はき第31回-143)[東洋医学臨床論]
次の文で示す病証で最も適切なのはどれか。
「31歳の男性。主訴は悪心・嘔吐。業務の繁忙とともに食欲がなくなり、上腹部の膨満感、胸脇部の脹痛を自覚するようになった。精神的な緊張によって噯気が頻回に起こる。脈は弦を認める。」
(はき第31回-144)[東洋医学臨床論]
次の文で示す病証に対する治療方針として最も適切なのはどれか。
「49歳の男性。主訴は食欲不振。空腹感はあるが多くは食べられない。胃脘部に我慢できる程度のはっきりしない痛みがある。舌質は紅を認める。」
(はき第31回-145)[東洋医学臨床論]
次の文で示す臓腑病証に対し、その郄穴に迎随の補瀉に基づき斜刺する場合、鍼尖の方向にある経穴として適切なのはどれか。
「30歳の男性。3日前に愛車に落書きをされて怒りが収まらず、顔面の痛みとのぼせも出てきた。夜も眠れず目が赤い。舌質は紅、脈は弦数を認める。」
(はき第31回-146)[東洋医学臨床論]
次の文で示す病証でみられる痛みの性質はどれか。
「53歳の男性。主訴は肩関節痛。過労により食欲減退が続き、倦怠感とともに肩が痛みだした。痛みは慢性に経過し、息切れ、自汗を伴う。舌質は淡、舌苔は薄白、脈は細弱を認める。」
(はき第31回-147)[東洋医学臨床論]
膀胱湿熱でみられるのはどれか。
(はき第31回-148)[東洋医学臨床論]
次の文で示す病証を八脈交会穴を用いて治療する場合、取穴部位として正しいのはどれか。
「帯下があり、腹部の皮膚のかゆみ、下腿前側のひきつりがみられる。」
(はき第31回-149)[東洋医学臨床論]
次の文で示す病証の治療方針として最も適切なのはどれか。
「47歳の女性。最近よく口渇を感じるが、水分は口を潤す程度で少量しか飲めない。手足の皮膚が鮫肌になってきた。舌質は紫暗、脈は濇を認める。」
(はき第31回-150)[東洋医学臨床論]
「47歳の女性。頭痛が続き、いらだちがある。耳鳴りもあり受診した。口苦があり、睡眠が浅い。昨年に閉経。舌は紅、脈は弦数、腹は胸脇苦満を認める。」
内分泌検査で血中濃度が基準値より高いのはどれか。
(はき第31回-151)[東洋医学臨床論]
「47歳の女性。頭痛が続き、いらだちがある。耳鳴りもあり受診した。口苦があり、睡眠が浅い。昨年に閉経。舌は紅、脈は弦数、腹は胸脇苦満を認める。」
病証として最も適切なのはどれか。
(はき第31回-152)[東洋医学臨床論]
「40歳の男性。右腰下肢が痛み、右足部外側にしびれがある。アキレス腱反射減弱、下肢伸展挙上テスト陽性。」
施術対象となる神経根として最も適切なのはどれか。
(はき第31回-153)[東洋医学臨床論]
「40歳の男性。右腰下肢が痛み、右足部外側にしびれがある。アキレス腱反射減弱、下肢伸展挙上テスト陽性。」
筋力が最も低下する筋はどれか。
(はき第31回-154)[東洋医学臨床論]
「47歳の女性。主訴は左顔面の麻痺。2週間前に腹痛、下腿前面の痛みとともに発症。現在は下腿内側の重だるさ、軟便を伴う。」
原絡表裏配穴法で主証に対応する経穴の部位にあるのはどれか。
(はき第31回-155)[東洋医学臨床論]
「47歳の女性。主訴は左顔面の麻痺。2週間前に腹痛、下腿前面の痛みとともに発症。現在は下腿内側の重だるさ、軟便を伴う。」
発症から4か月後、口輪筋を収縮させると左の眼輪筋も収縮する病的共同運動が出現した。両筋に対して30mmのステンレス鍼で鍼通電療法を行う場合、最も適切なのはどれか。
(はき第31回-156)[東洋医学臨床論]
「18歳の女性。新体操の選手で毎日の激しい練習と無理なダイエットをしていたら月経が止まった。近医で、利用できるエネルギー不足が原因の運動性無月経と言われた。」
同じ原因で起こる合併症として最も考えられるのはどれか。
(はき第31回-157)[東洋医学臨床論]
「18歳の女性。新体操の選手で毎日の激しい練習と無理なダイエットをしていたら月経が止まった。近医で、利用できるエネルギー不足が原因の運動性無月経と言われた。」
無月経に対し、胞宮から起こる経脈に治療する場合、最も適切な奇経はどれか。
(はき第31回-158)[東洋医学臨床論]
「40歳の女性。仕事でパソコン作業が多く、午後から締め付けられるような両側性の頭痛を発症する。頭痛は非拍動性で悪心・嘔吐はない。飲酒で増悪しない。」
考えられる疾患はどれか。
(はき第31回-159)[東洋医学臨床論]
「40歳の女性。仕事でパソコン作業が多く、午後から締め付けられるような両側性の頭痛を発症する。頭痛は非拍動性で悪心・嘔吐はない。飲酒で増悪しない。」
生活指導で最も適切なのはどれか。
(はき第31回-160)[東洋医学臨床論]
2寸5番鍼を使用し、皮膚面に対し直刺で鍼体長の半分まで刺入したときの深度はどれか。
(はき第31回-161)[はり理論]
松葉形の鍼尖形状について正しいのはどれか。
(はき第31回-162)[はり理論]
機械刺激と温熱刺激を同時に与える特殊鍼法はどれか。
(はき第31回-163)[はり理論]
クリーン・ニードル・テクニックの説明として最も適切なのはどれか。
(はき第31回-164)[はり理論]
主にC線維終末にある皮膚の受容器はどれか。
(はき第31回-165)[はり理論]
痛みの識別に関与する中枢内伝導路はどれか。
(はき第31回-166)[はり理論]
四肢や体幹からの痛覚情報を伝える三次ニューロンが局在するのはどれか。
(はき第31回-167)[はり理論]
刺鍼により起こる軸索反射について正しいのはどれか。
(はき第31回-168)[はり理論]
広汎性侵害抑制調節の特徴について正しいのはどれか。
(はき第31回-169)[はり理論]
ストレス刺激による交感神経活動亢進反応はどれか。
(はき第31回-170)[はり理論]
艾の製造工程で艾葉から毛茸を剝離するのに用いるのはどれか。
(はき第31回-171)[きゅう理論]
施灸に用いる線香について誤っているのはどれか。
(はき第31回-172)[きゅう理論]
知熱灸について誤っているのはどれか。
(はき第31回-173)[きゅう理論]
灸あたりの予防として最も適切なのはどれか。
(はき第31回-174)[きゅう理論]
痛みを伴う熱刺激を伝導するのはどれか。
(はき第31回-175)[きゅう理論]
灸による温熱刺激の受容・伝導について正しいのはどれか。
(はき第31回-176)[きゅう理論]
血管に対し収縮性に作用する物質はどれか。
(はき第31回-177)[きゅう理論]
施灸刺激の早期より肥満細胞から放出されるのはどれか。
(はき第31回-178)[きゅう理論]
灸療法の治療的作用において、細網内皮系の機能亢進に関与するのはどれか。
(はき第31回-179)[きゅう理論]
灸施術による局所炎症反応に最も関与するのはどれか。
(はき第31回-180)[きゅう理論]
第31回(2023年)はり師・きゅう師国家試験過去問題 【午後】
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}


第31回(2023年)はり師・きゅう師国家試験過去問題 【午前】

第32回(2024年)はり師・きゅう師国家試験過去問題 【午前】へ →



1100円割引クーポン有り

【紙の参考書】国試黒本の紹介

コクシーランドのご愛用、
ありがとうございます。

サイトをサポート

寄付する

コメント

  1. いつもありがとうございます より:

    管理人さま
    東洋療法研修試験財団より
    「第136問については設問に不備があるため、全選択肢を正解として採点する。」
    とお知らせが来ました。

    個人的には「前庭迷路性の失調性歩行」がみられるはずなので、2以外も1が正解といえるのかな、と思いました。

    第22回-137問とほぼ同じ問題ですよね。

    • コクシーランドの管理人 より:

      いつもありがとうございますさん

      ご連絡ありがとうございます。
      既に全選択肢を正解とていたのですが(どれを選んでも4つ全てが緑色になる)、「※全て正解です。どれか1つを選ぶと正解になります。」という追記が表示されていませんでした。
      修正しました!