第13回あん摩マッサージ指圧師国家試験過去問題 (午後)

旧サイトの出題ページへ。

運動機能障害について誤っている組合せはどれか。
(あ第13回-76)[臨床医学各論]
2型糖尿病について正しい記述はどれか。
(あ第13回-77)[臨床医学各論]
ブドウ膜炎がみられないのはどれか。
(あ第13回-78)[臨床医学各論]
肺結核について誤っている記述はどれか。
(あ第13回-79)[臨床医学各論]
五十肩について誤っている記述はどれか。
(あ第13回-80)[臨床医学各論]
変形性股関節症について正しい記述はどれか。
(あ第13回-81)[臨床医学各論]
腰部脊柱管狭窄症について適切でない記述はどれか。
(あ第13回-82)[臨床医学各論]
血圧が高くなる原因として誤っているのはどれか。
(あ第13回-83)[臨床医学各論]
脈拍異常とその原因との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第13回-84)[臨床医学各論]
貧血について誤っている組合せはどれか。
(あ第13回-85)[臨床医学各論]
心筋梗塞について誤っている記述はどれか。
(あ第13回-86)[臨床医学各論]
肝硬変でみられるのはどれか。
(あ第13回-87)[臨床医学各論]
神経ブロックに用いるのはどれか。
(あ第13回-88)[臨床医学各論]
出血性ショックでみられないのはどれか。
(あ第13回-89)[臨床医学各論]
疝痛をきたすのはどれか。
(あ第13回-90)[臨床医学各論]
末期慢性腎不全の管理で適切でないのはどれか。
(あ第13回-91)[臨床医学各論]
インフルエンザについて誤っている記述はどれか。
(あ第13回-92)[臨床医学各論]
原発性自然気胸について正しい記述はどれか。
(あ第13回-93)[臨床医学各論]
発作後に後遺症を残さないのはどれか。
(あ第13回-94)[臨床医学各論]
原発性骨粗鬆症について誤っている記述はどれか。
(あ第13回-95)[臨床医学各論]
突発性難聴について誤っている記述はどれか。
(あ第13回-96)[臨床医学各論]
ノーマライゼーションの考え方として正しいのはどれか。
(あ第13回-97)[リハビリテーション医学]
障害分類における機能障害はどれか。
(あ第13回-98)[リハビリテーション医学]
運動療法の効果で誤っているのはどれか。
(あ第13回-99)[リハビリテーション医学]
温熱効果が期待できないのはどれか。
(あ第13回-100)[リハビリテーション医学]
前腕が回外位となる動作はどれか。
(あ第13回-101)[リハビリテーション医学]
鶏歩がみられるのはどれか。
(あ第13回-102)[リハビリテーション医学]
脳梗塞急性期の患者で運動を開始してはならないのはどれか。
(あ第13回-103)[リハビリテーション医学]
生後4か月児で発達異常が疑われるのはどれか。
(あ第13回-104)[リハビリテーション医学]
変形性膝関節症患者に勧めるものとして誤っているのはどれか。
(あ第13回-105)[リハビリテーション医学]
腰痛の運動療法で正しいのはどれか。
(あ第13回-106)[リハビリテーション医学]
陽に属するのはどれか。
(あ第13回-107)[東洋医学概論]
胆について誤っているのはどれか。
(あ第13回-108)[東洋医学概論]
五主と五色との組合せで正しいのはどれか。
(あ第13回-109)[東洋医学概論]
五臓と七情との組合せで正しいのはどれか。
(あ第13回-110)[東洋医学概論]
食欲減退、下痢、月経過多を示す病証はどれか。
(あ第13回-111)[東洋医学概論]
心の臓の作用で正しいのはどれか。
(あ第13回-112)[東洋医学概論]
津液について正しいのはどれか。
(あ第13回-113)[東洋医学概論]
八綱病証について正しい記述はどれか。
(あ第13回-114)[東洋医学概論]
瘀血の腹証はどれか。
(あ第13回-115)[東洋医学概論]
次の文で示す経絡病証について適切なのはどれか。
「歯痛、鼻出血、のどの痛み、上肢外側の痛み。」
(あ第13回-116)[東洋医学概論]
経脈と所属経穴との組合せで正しいのはどれか。
(あ第13回-117)[経絡経穴概論]
手の薬指で接続する経脈の組合せで正しいのはどれか。
(あ第13回-118)[経絡経穴概論]
同じ高さにない経穴の組合せはどれか。
(あ第13回-119)[経絡経穴概論]
陰経に所属する経穴はどれか。
(あ第13回-120)[経絡経穴概論]
内眼角から発して、頭部を循り、体幹の後面を下り、足の小指に至る経脈はどれか。
(あ第13回-121)[経絡経穴概論]
第4腰椎棘突起の下の外方1寸5分にある経穴はどれか。
(あ第13回-122)[経絡経穴概論]
経脈と原穴との組合せ誤っているのはどれか。
(あ第13回-123)[経絡経穴概論]
腹部正中から外方2寸に取穴する経穴はどれか。
(あ第13回-124)[経絡経穴概論]
病態と治療法との組合せで適切でないのはどれか。
(あ第13回-125)[東洋医学臨床論]
片頭痛発作時の局所施術で適切なのはどれか。
(あ第13回-126)[東洋医学臨床論]
眼精疲労の施術として誤っているのはどれか。
(あ第13回-127)[東洋医学臨床論]
顎関節症の開口障害に対する治療で適切でないのはどれか。
(あ第13回-128)[東洋医学臨床論]
顔面麻痺に対し、罹患神経が頭蓋骨から出る部位への施術で適切な経穴はどれか。
(あ第13回-129)[東洋医学臨床論]
三叉神経第3枝痛に対し、指頭圧迫法を行う適切な部位はどれか。
(あ第13回-130)[東洋医学臨床論]
肩こりの治療対象となる筋と治療部位との組合せで正しいのはどれか。
(あ第13回-131)[東洋医学臨床論]
抹梢性神経麻痺の治療で、障害部位とその部位を流注する経絡との組合せで正しいのはどれか。
(あ第13回-132)[東洋医学臨床論]
変形性膝関節症に伴う筋萎縮の評価法で最も適切なのはどれか。
(あ第13回-133)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病証に対し、施術対象となる経絡はどれか。
「55歳の男性。下肢の冷え、腰痛、下腹部に力がなく軟弱である。」
(あ第13回-134)[東洋医学臨床論]
随伴症状を伴う月経痛で施術対象として適切でないのはどれか。
(あ第13回-135)[東洋医学臨床論]
随伴症状を伴う高血圧症で施術対象として適切なのはどれか。
(あ第13回-136)[東洋医学臨床論]
スポーツ傷害と罹患局所との組合せで適切でないのはどれか。
(あ第13回-137)[東洋医学臨床論]
高齢者の慢性腰痛に対する治療で適切でないのはどれか。
(あ第13回-138)[東洋医学臨床論]
「35歳の男性。1か月前に自動車事故で受傷した。頸部を後屈すると上肢の疼痛・しびれが強くなる。上腕二頭筋反射減弱。」
最も考えられる障害神経根はどれか。
(あ第13回-139)[東洋医学臨床論]
「35歳の男性。1か月前に自動車事故で受傷した。頸部を後屈すると上肢の疼痛・しびれが強くなる。上腕二頭筋反射減弱。」
頸部への治療で適切でないのはどれか。
(あ第13回-140)[東洋医学臨床論]
二指揉捏法の対象となる筋はどれか。
(あ第13回-141)[あん摩マッサージ指圧理論]
施術部位と手技との組合せで適切でないのはどれか。
(あ第13回-142)[あん摩マッサージ指圧理論]
古法あん摩、導引、柔道の活法の技術を含む手技はどれか。
(あ第13回-143)[あん摩マッサージ指圧理論]
血液の還流を促すマッサージの手技として最も効果的なのはどれか。
(あ第13回-144)[あん摩マッサージ指圧理論]
骨粗鬆症が疑われる患者に対する施術で、最も注意しなければならないのはどれか。
(あ第13回-145)[あん摩マッサージ指圧理論]
胃部不快感に対するボアス点への押圧刺激で期待される作用はどれか。
(あ第13回-146)[あん摩マッサージ指圧理論]
押圧操作の三原則のうち心理面を表すのはどれか。
(あ第13回-147)[あん摩マッサージ指圧理論]
手指消毒に関する説明で誤っている記述はどれか。
(あ第13回-148)[あん摩マッサージ指圧理論]
触圧覚の伝導路として適切でないのはどれか。
(あ第13回-149)[あん摩マッサージ指圧理論]
ホメオスタシスについて誤っている記述はどれか。
(あ第13回-150)[あん摩マッサージ指圧理論]
第13回あん摩マッサージ指圧師国家試験過去問題(午後問題)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す