第3回あん摩マッサージ指圧師国家試験過去問題 (午後)

旧サイトの出題ページへ。

痛みの部位と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第3回-76)[臨床医学各論]
気管支喘息の原因でないのはどれか。
(あ第3回-77)[臨床医学各論]
狭心症について誤っている記述はどれか。
(あ第3回-78)[臨床医学各論]
ネフローゼ症候群の症状でないのはどれか。
(あ第3回-79)[臨床医学各論]
細菌性食中毒の原因菌として誤っているのはどれか。
(あ第3回-80)[臨床医学各論]
糖尿病について誤っている記述はどれか。
(あ第3回-81)[臨床医学各論]
痛風について誤っている記述はどれか。
(あ第3回-82)[臨床医学各論]
不足すると口角炎の原因となるビタミンはどれか。
(あ第3回-83)[臨床医学各論]
バセドウ病の症状として誤っているのはどれか。
(あ第3回-84)[臨床医学各論]
急性虫垂炎について正しい記述はどれか。
(あ第3回-85)[臨床医学各論]
いわゆる五十肩について誤っている記述はどれか。
(あ第3回-86)[臨床医学各論]
坐骨神経痛をきたしにくい疾患はどれか。
(あ第3回-87)[臨床医学各論]
変形性膝関節症の成因について誤っているのはどれか。
(あ第3回-88)[臨床医学各論]
自律神経障害の症状はどれか。
(あ第3回-89)[臨床医学各論]
髄膜刺激症状はどれか。
(あ第3回-90)[臨床医学各論]
痴呆について誤っている組合せはどれか。
(あ第3回-91)[臨床医学各論]
症状と麻痺神経との組合せで正しいのはどれか。
(あ第3回-92)[臨床医学各論]
イレウスの症状でないのはどれか。
(あ第3回-93)[臨床医学各論]
疾患と治療法との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第3回-94)[臨床医学各論]
局所麻酔はどれか。
(あ第3回-95)[臨床医学各論]
熱傷について正しい記述はどれか。
(あ第3回-96)[臨床医学各論]
障害と医学的リハビリテーションの方法との組み合わせで適切なのはどれか。
(あ第3回-97)[リハビリテーション医学]
運動療法を中止すべき状態はどれか。
(あ第3回-98)[リハビリテーション医学]
ADLの意味はどれか。
(あ第3回-99)[リハビリテーション医学]
深部感覚でないのはどれか。
(あ第3回-100)[リハビリテーション医学]
関節可動域について正しいのはどれか。
(あ第3回-101)[リハビリテーション医学]
脳性麻痺の病型に含まれないのはどれか。
(あ第3回-102)[リハビリテーション医学]
脳卒中急性期における理学療法の原則として正しい記述はどれか。
(あ第3回-103)[リハビリテーション医学]
慢性関節リウマチについて正しい記述はどれか。
(あ第3回-104)[リハビリテーション医学]
脊髄損傷の合併症でないのはどれか。
(あ第3回-105)[リハビリテーション医学]
腰痛について誤っている記述はどれか。
(あ第3回-106)[リハビリテーション医学]
東洋医学の考え方として誤っているのはどれか。
(あ第3回-107)[東洋医学概論]
五行と五臓との組合せで正しいのはどれか。
(あ第3回-108)[東洋医学概論]
八綱病証のうちで病位が臓腑にあるのを示すのはどれか。
(あ第3回-109)[東洋医学概論]
瘀血の症状で適切でないのはどれか。
(あ第3回-110)[東洋医学概論]
耳と骨とに関係する臓はどれか。
(あ第3回-111)[東洋医学概論]
問診事項はどれか。
(あ第3回-112)[東洋医学概論]
内因はどれか。
(あ第3回-113)[東洋医学概論]
四診について誤っている組合せはどれか。
(あ第3回-114)[東洋医学概論]
次の文で示す経絡はどれか。
「手の示指から始まり、肩関節外側を通り、胸腔内、腹腔内をめぐり、側頸部を経て顔面に終わる。」
(あ第3回-115)[経絡経穴概論]
下腿の内側を上行する経脈は何本か。
(あ第3回-116)[経絡経穴概論]
合谷穴について正しいのはどれか。
(あ第3回-117)[経絡経穴概論]
腎兪穴と同じ高さにある経穴はどれか。
(あ第3回-118)[経絡経穴概論]
取穴法で正しい記述はどれか。
(あ第3回-119)[経絡経穴概論]
手の陽明大腸経に属する経穴はどれか。
(あ第3回-120)[経絡経穴概論]
内果の上方3寸で脛骨の内側縁にある経穴はどれか。
(あ第3回-121)[経絡経穴概論]
第9胸椎棘突起の下の外方1寸5分にある経穴はどれか。
(あ第3回-122)[経絡経穴概論]
経穴と部位との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第3回-123)[経絡経穴概論]
膝窩中央にある経穴はどれか。
(あ第3回-124)[経絡経穴概論]
古法あん摩の手技と現在行われている手技との組合せで正しいのはどれか。
(あ第3回-125)[あん摩マッサージ指圧理論]
筋に対する揉捏法の作用として適切でないのはどれか。
(あ第3回-126)[あん摩マッサージ指圧理論]
施術と手技との組合せで正しいのはどれか。
(あ第3回-127)[あん摩マッサージ指圧理論]
指圧の押圧操作の三原則に含まれないのはどれか。
(あ第3回-128)[あん摩マッサージ指圧理論]
触圧刺激による鎮痛のメカニズムを説明するのはどれか。
(あ第3回-129)[あん摩マッサージ指圧理論]
腰痛症の治療法で適切なのはどれか。
(あ第3回-130)[あん摩マッサージ指圧理論]
関節拘縮を正常に戻し機能の回復を図るのはどれか。
(あ第3回-131)[あん摩マッサージ指圧理論]
あん摩・マッサージ・指圧が最も適する疾患はどれか。
(あ第3回-132)[あん摩マッサージ指圧理論]
主に母指を用いて行う曲手はどれか。
(あ第3回-133)[あん摩マッサージ指圧理論]
乳房マッサージの前後に一般に併用する療法はどれか。
(あ第3回-134)[あん摩マッサージ指圧理論]
マッサージの治療対象として適切でないのはどれか。
(あ第3回-135)[東洋医学臨床論]
菱形筋のこりに対する施術部位はどれか。
(あ第3回-136)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の病態から考えて施術対象となる筋はどれか。
「27歳の女性。ワープロ作業中に肩から腕にかけての痛みとしびれとがある。ジャクソンテスト陰性、アレンテスト陽性、鎖骨上窩部の圧迫で痛みとしびれとが上肢に放散する。
(あ第3回-137)[東洋医学臨床論]
肩関節周囲炎の治療法と目的との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第3回-138)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への対応として適切でないのはどれか。
「55歳の男性。職業は引っ越し業。10年前から腰痛があり、夕方になると増強する。」
(あ第3回-139)[東洋医学臨床論]
緊張性頭痛に対する治療として適切でないのはどれか。
(あ第3回-140)[東洋医学臨床論]
末梢性顔面神経麻痺の顔面マッサージ手技として適切でないのはどれか。
(あ第3回-141)[東洋医学臨床論]
次の文で示す麻痺症状に対して治療対象となる神経はどれか。
「手関節や中手指節関節の伸展運動ができない。」
(あ第3回-142)[東洋医学臨床論]
腹部に施術を行ってもよい腹痛はどれか。
(あ第3回-143)[東洋医学臨床論]
弛緩性便秘の患者に対する適切な指導はどれか。
(あ第3回-144)[東洋医学臨床論]
慢性胃炎に対する治療法で適切でないのはどれか。
(あ第3回-145)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者の施術対象となる最も適切な経絡はどれか。
「35歳の女性。腰が重だるく、疲れやすい。下腿に冷えがあり、小便は近く、目の周囲にくまがある。」
(あ第3回-146)[東洋医学臨床論]
月経困難症に対する施術として適切でないのはどれか。
(あ第3回-147)[東洋医学臨床論]
排尿異常をきたす疾患で施術が適応となるのはどれか。
(あ第3回-148)[東洋医学臨床論]
競技前に行うアキレス腱炎の予防法として適切でないのはどれか。
(あ第3回-149)[東洋医学臨床論]
骨粗しょう症の患者への対応として適切なのはどれか。
(あ第3回-150)[東洋医学臨床論]
第3回あん摩マッサージ指圧師国家試験過去問題(午後問題)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す