第2回あん摩マッサージ指圧師国家試験過去問題 (午後)

旧サイトの出題ページへ。

アキレス腱反射の反射中枢はどの脊髄分節か。
(あ第2回-76)[臨床医学総論]
肺気腫の原因とならないのはどれか。
(あ第2回-77)[臨床医学各論]
肺癌と関係のない症状はどれか。
(あ第2回-78)[臨床医学各論]
心臓弁膜症の原因となる疾患はどれか。
(あ第2回-79)[臨床医学各論]
不足すると貧血になるのはどれか。
(あ第2回-80)[臨床医学各論]
糖尿病について誤っている記述はどれか。
(あ第2回-81)[臨床医学各論]
痛風について誤っているのはどれか。
(あ第2回-82)[臨床医学各論]
内分泌疾患と症状とについて誤っている組合せはどれか。
(あ第2回-83)[臨床医学各論]
重症筋無力症でみられない症状はどれか。
(あ第2回-84)[臨床医学各論]
神経痛と痛みの部位との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第2回-85)[臨床医学各論]
ビタミンの種類と欠乏症との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第2回-86)[臨床医学各論]
疲労骨折の起きやすい部位はどれか。
(あ第2回-87)[臨床医学各論]
次の文で示す患者について最も考えられる疾患はどれか。
「68歳の男性。約100m歩くと左の殿部から下腿部にかけて疼痛が生じる。しばらくしゃがんでいると症状は消失する。」
(あ第2回-88)[臨床医学各論]
疾患と所見との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第2回-89)[臨床医学各論]
胸やけの原因とならない疾患はどれか。
(あ第2回-90)[臨床医学各論]
吐血の原因とならない疾患はどれか。
(あ第2回-91)[臨床医学各論]
肝硬変症の症状でないのはどれか。
(あ第2回-92)[臨床医学各論]
総腓骨神経麻痺で正しい症状はどれか。
(あ第2回-93)[臨床医学各論]
末梢神経炎の原因となる疾患はどれか。
(あ第2回-94)[臨床医学各論]
リウマチ熱について誤っている記述はどれか。
(あ第2回-95)[臨床医学各論]
慢性糸球体腎炎で誤っている所見はどれか。
(あ第2回-96)[臨床医学各論]
運動療法の中止が必要な状況はどれか。
(あ第2回-97)[リハビリテーション医学]
疾患と歩行との組合わせで正しいのはどれか。
(あ第2回-98)[リハビリテーション医学]
腰痛の治療で誤っている記述はどれか。
(あ第2回-99)[リハビリテーション医学]
歩行について正しい記述はどれか。
(あ第2回-100)[リハビリテーション医学]
脊柱について正しい記述はどれか。
(あ第2回-101)[リハビリテーション医学]
理学療法について正しい記述はどれか。
(あ第2回-102)[リハビリテーション医学]
水治療法について正しい記述はどれか。
(あ第2回-103)[リハビリテーション医学]
脳卒中について誤っている記述はどれか。
(あ第2回-104)[リハビリテーション医学]
脊髄損傷で誤っている記述はどれか。
(あ第2回-105)[リハビリテーション医学]
身分が法律で定められていない職種はどれか。
(あ第2回-106)[リハビリテーション医学]
陰に属するのはどれか。
(あ第2回-107)[東洋医学概論]
脾は何番目の胸椎に付くか。
(あ第2回-108)[東洋医学概論]
相生関係で正しい記述はどれか。
(あ第2回-109)[東洋医学概論]
表裏関係で正しい組合せはどれか。
(あ第2回-110)[東洋医学概論]
病因のうち外因はどれか。
(あ第2回-111)[東洋医学概論]
肝を傷つけやすい邪気はどれか。
(あ第2回-112)[東洋医学概論]
五味に属さない味はどれか。
(あ第2回-113)[東洋医学概論]
あん摩法について正しい記述はどれか。
(あ第2回-114)[東洋医学概論]
四診のうち脈の状態を診るのはどれか。
(あ第2回-115)[東洋医学概論]
次の文で示す症状はどの臓腑の病か。
「顔色は青く、酸味を好み、目がかすみ、夜間にふくらはぎがつる。」
(あ第2回-116)[東洋医学概論]
肘に最も近い経穴はどれか。
(あ第2回-117)[経絡経穴概論]
手の厥陰心包経の経穴はどれか。
(あ第2回-118)[経絡経穴概論]
下腿にある経穴はどれか。
(あ第2回-119)[経絡経穴概論]
第2腰椎棘突起下の外方1寸5分にある経穴はどれか。
(あ第2回-120)[経絡経穴概論]
督脈に属する経穴はどれか。
(あ第2回-121)[経絡経穴概論]
募穴でないのはどれか。
(あ第2回-122)[経絡経穴概論]
次の文で示す経絡はどれか。
「顔面部に起こり、胸部、腹部を下り、大腿下腿の前側を下り、足の第2指末端に終わる。」
(あ第2回-123)[経絡経穴概論]
正経と奇経の数で正しいのはどれか。
(あ第2回-124)[経絡経穴概論]
手技について誤っている記述はどれか。
(あ第2回-125)[あん摩マッサージ指圧理論]
2段押し、3段押しともいわれ、圧操作が深部に浸透する手技はどれか。
(あ第2回-126)[あん摩マッサージ指圧理論]
次の文で示す法則を提唱したのは誰か。
「弱刺激は神経機能を喚起し、中等度刺激はこれを興奮させ、強刺激はこれを抑制する。」
(あ第2回-127)[あん摩マッサージ指圧理論]
内臓の連関痛の特徴について正しい記述はどれか。
(あ第2回-128)[あん摩マッサージ指圧理論]
触・圧感覚を伝える伝導路はどれか。
(あ第2回-129)[あん摩マッサージ指圧理論]
関節の拘縮をゆるめ、可動範囲を広げる作用を持つのはどれか。
(あ第2回-130)[あん摩マッサージ指圧理論]
痛みを抑制する刺激としてゲートコントロール説に最も合致するのはどれか。
(あ第2回-131)[あん摩マッサージ指圧理論]
あん摩・マッサージ・指圧施術で強刺激によって期待される作用はどれか。
(あ第2回-132)[あん摩マッサージ指圧理論]
疲労回復のマッサージ効果として適切でないのはどれか。
(あ第2回-133)[あん摩マッサージ指圧理論]
ホメオスタシスという言葉を初めて用いたのは誰か。
(あ第2回-134)[あん摩マッサージ指圧理論]
次の文で示す患者の神経麻痺と治療との組合せで正しいのはどれか。
「突然、左側の額にしわをよせることや目を閉じることができなくなり、口笛も吹けなくなった。」
(あ第2回-135)[東洋医学臨床論]
コンピュータ作業による眼精疲労の治療として誤っているのはどれか。
(あ第2回-136)[東洋医学臨床論]
めまいを訴える疾患に対して全身マッサージが効果的と考えられるのはどれか。
(あ第2回-137)[東洋医学臨床論]
胸痛のうち施術対象となる状況はどれか。
(あ第2回-138)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への対応で適切でないのはどれか。
「35歳の男性。数年前から便秘が続き、4、5日に一回、太く長い便を出す。」
(あ第2回-139)[東洋医学臨床論]
月経異常に対して施術の最も適応性の高いのはどれか。
(あ第2回-140)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への施術で誤っているのはどれか。
「41歳の男性。2年前に交通事故に遭い、上肢外側部に痛みとしびれとが持続している。」
(あ第2回-141)[東洋医学臨床論]
神経痛と治療対象となる経絡との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第2回-142)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への治療で誤っているのはどれか。
「23歳のテニス選手。最近、ボールを打つ時に肘の外側が痛む。」
(あ第2回-143)[東洋医学臨床論]
次の文で示す患者への治療として適切でないのはどれか。
「60歳の男性。数ヶ月前から徐々に腰が痛くなり、最近では右下肢後側も痛むようになった。」
(あ第2回-144)[東洋医学臨床論]
次に示す文の患者について最も強化すべき筋はどれか。
「60歳の女性。起立時と歩行時に膝が痛む。炎症所見はない。」
(あ第2回-145)[東洋医学臨床論]
本態性高血圧症の治療として適切でないのはどれか。
(あ第2回-146)[東洋医学臨床論]
スポーツによる足関節捻挫に対する応急処置で誤っているのはどれか。
(あ第2回-147)[東洋医学臨床論]
高齢者への対応で誤っている記述はどれか。
(あ第2回-148)[東洋医学臨床論]
「54歳の女性。最近、高い所にある物を取ったり、髪をとかしたり、エプロンのひもを結んだりする時に肩関節部が痛む。」
最も考えられる疾患はどれか。
(あ第2回-149)[東洋医学臨床論]
「54歳の女性。最近、高い所にある物を取ったり、髪をとかしたり、エプロンのひもを結んだりする時に肩関節部が痛む。」
この患者への治療で正しい記述はどれか。
(あ第2回-150)[東洋医学臨床論]
第2回あん摩マッサージ指圧師国家試験過去問題(午後問題)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す