【まとめ!】八脈交会穴(八総穴、八宗穴)

八脈交会穴(八総穴、八宗穴)

八脈交会穴とは、奇経八脈の主治穴(総穴、宗穴)で、正経十二経脈と奇経八脈とが密接に関係しているところです。

個々の奇経の持つ病証を元に、2つの奇経の上肢と下肢にある宗穴を1対の組み合わせにして治療に用いらます。


組み合わせ語呂
[陽蹻脈]
申脈
後渓
[督脈]
余興でシンが後家口説く、
[陽蹻(で)申(が)後渓、(口)督]
[陰維脈]
内関
公孫
[衝脈]
いい仲になって、コソコソしよう。
[陰維、内関(になって)公孫公孫、衝]
[陽維脈]
外関
[帯脈]
足臨泣
容易に外で関わるが、帯が足りず泣くはめに。
[陽維(に)外(で)関(わるが)帯(が)足臨(ず)泣(はめに)]
[任脈]
列欠
[陰蹻脈]
照海
任務決裂、隠居しようかい照る海で。
[任(務)欠⇔列、陰蹻、照海(照る海で)]

※途中で脈と穴の位置が逆になったりしているのは、ゴロを作る都合で動かしちゃっただけです。


国家試験に挑戦!

この「まとめ!」に関連する国家試験問題はこちら。

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)