循環器疾患の過去問題[各](鍼灸編)

急性心筋梗塞の所見で誤っているのはどれか。
(はき第1回-83)[臨床医学各論]
階段を上がる時、前胸部に圧迫感が生じ、数分の安静で軽快するという症状を訴えた場合、最も考えられる疾患はどれか。
(はき第1回-84)[臨床医学各論]
動脈硬化症を増悪しない血中因子はどれか。
(はき第2回-69)[臨床医学各論]
二次性高血圧の原因とならない疾患はどれか。
(はき第2回-70)[臨床医学各論]
狭心症で異常を示さない検査はどれか。
(はき第2回-71)[臨床医学各論]
拡張型心筋症で誤っている記述はどれか。
(はき第2回-72)[臨床医学各論]
疾患と痛みが放散する部位との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第3回-67)[臨床医学各論]
僧帽弁狭窄症について正しい記述はどれか。
(はき第3回-70)[臨床医学各論]
心筋梗塞の診断上有用でない酵素はどれか。
(はき第4回-69)[臨床医学各論]
心電図では診断できない病態はどれか。
(はき第4回-70)[臨床医学各論]
心筋梗塞について正しいのはどれか。
(はき第5回-70)[臨床医学各論]
疾患と検査所見との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第5回-85)[臨床医学各論]
労作性狭心症発作の特徴でない記述はどれか。
(はき第6回-78)[臨床医学各論]
動脈疾患とその症状との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第8回-79)[臨床医学各論]
虚血性心疾患の危険因子(リスク要因)はどれか。
(はき第6回-80)[臨床医学各論]
症状とその軽減体位との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第9回-83)[臨床医学各論]
心電図で異常Q波が出現する疾患はどれか。
(はき第10回-75)[臨床医学各論]
心筋梗塞で誤っているのはどれか。
(はき第11回-73)[臨床医学各論]
高血圧症の臨床所見でみられないのはどれか。
※正解2つ。どちらか1つを選べば正解になります。
(はき第12回-78)[臨床医学各論]
下肢静脈瘤に認められないのはどれか。
(はき第12回-79)[臨床医学各論]
動脈疾患について誤っている組合せはどれか。
(はき第13回-62)[臨床医学各論]
心臓弁膜疾患と症状との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第13回-76)[臨床医学各論]
循環器疾患と臨床所見との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第14回-57)[臨床医学各論]
腰背部痛の原因で生命の危険をきたすのはどれか。
(はき第14回-75)[臨床医学各論]
閉塞により同名半盲をきたしやすい血管はどれか。
(はき第14回-76)[臨床医学各論]
大動脈弁狭窄症で誤っているのはどれか。
(はき第17回-75)[臨床医学各論]
心筋梗塞の心電図変化誤っているのはどれか。
(はき第17回-76)[臨床医学各論]
「69歳の女性。10年前から高血圧症にて内服加療中。時々右上下肢のしびれを自覚していたが、最近物忘れがひどくなってきた。また、わけもなく泣いたりすることも多い。物忘れが多いわりには判断力は保たれている。」
最も考えられるのはどれか。
(はき第17回-79)[臨床医学各論]
「69歳の女性。10年前から高血圧症にて内服加療中。時々右上下肢のしびれを自覚していたが、最近物忘れがひどくなってきた。また、わけもなく泣いたりすることも多い。物忘れが多いわりには判断力は保たれている。」
この症例に対する対応で適切でないのはどれか。
(はき第17回-80)[臨床医学各論]
心臓弁膜症と聴診所見との組合せで正しいのはどれか。
(はき第18回-67)[臨床医学各論]
ファロー四徴症で認められないのはどれか。
(はき第18回-74)[臨床医学各論]
心房中隔欠損症で誤っている記述はどれか。
(はき第19回-68)[臨床医学各論]
「78歳の男性。5年前に高血圧を指摘されたが、自覚症状がないため放置していた。早朝、安静時に突然強い胸背部痛が出現し、救急搬送された。その際に胸部エックス線検査で上縦隔の著明な拡大を認めたが、心電図上有意な変化はみられなかった。」
本疾患の診断のため、直ちに施行すべき検査はどれか。
(はき第19回-79)[臨床医学各論]
「78歳の男性。5年前に高血圧を指摘されたが、自覚症状がないため放置していた。早朝、安静時に突然強い胸背部痛が出現し、救急搬送された。その際に胸部エックス線検査で上縦隔の著明な拡大を認めたが、心電図上有意な変化はみられなかった。」
本疾患による合併症はどれか。
(はき第19回-80)[臨床医学各論]
閉塞性肥大型心筋症でみられるのはどれか。
(はき第20回-67)[臨床医学各論]
大動脈弁狭窄症でみられるのはどれか。
(はき第20回-74)[臨床医学各論]
「71歳の女性。1週間前から労作時の胸痛を自覚していたが、安静で症状は軽減したため放置していた。しかし、昨日より安静時でも胸痛が起こるようになり、救急受診した。」本疾患の危険因子として最も重要なのはどれか。
(はき第21回-79)[臨床医学各論]
「71歳の女性。1週間前から労作時の胸痛を自覚していたが、安静で症状は軽減したため放置していた。しかし、昨日より安静時でも胸痛が起こるようになり、救急受診した。」本疾患の合併症としてよくみられるのはどれか。
(はき第21回-80)[臨床医学各論]
急性心筋梗塞の検査項目で最も有用性が高いのはどれか。
(はき第22回-65)[臨床医学各論]
僧帽弁狭窄症について正しいのはどれか。
(はき第23回-67)[臨床医学各論]
狭心症について正しいのはどれか。
(はき第23回-68)[臨床医学各論]
「20歳の女性。呼吸困難、全身倦怠感の精査のため受診。胸部レントゲン写真で心拡大と肺うっ血を認めた。心エコー検査では左室内腔は著明に拡大し、心室中隔と左室後壁は薄くなっていた。」
本疾患の所見で適切なのはどれか。
(はき第23回-75)[臨床医学各論]
「20歳の女性。呼吸困難、全身倦怠感の精査のため受診。胸部レントゲン写真で心拡大と肺うっ血を認めた。心エコー検査では左室内腔は著明に拡大し、心室中隔と左室後壁は薄くなっていた。」
本疾患に最も有用な血液検査項目はどれか。
(はき第23回-76)[臨床医学各論]
心房細動について正しいのはどれか。
(はき第24回-68)[臨床医学各論]
心不全について正しいのはどれか。
(はき第25回-66)[臨床医学各論]
狭心症について正しいのはどれか。
(はき第26回-67)[臨床医学各論]
僧帽弁狭窄症について正しいのはどれか。
(はき第26回-68)[臨床医学各論]
循環器疾患の過去問題[各](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す