整形外科疾患〔脊椎疾患〕の過去問題[各](あん摩マッサージ指圧師編)

腰椎椎間板ヘルニアで誤っているのはどれか。
(あ第1回-83)[臨床医学各論]
スポーツ外傷に多い組合せで誤っているのはどれか。
(あ第1回-85)[臨床医学各論]
ラセーグ試験が陽性になる疾患はどれか。
(あ第1回-86)[臨床医学各論]
次の文で示す患者について最も考えられる疾患はどれか。
「68歳の男性。約100m歩くと左の殿部から下腿部にかけて疼痛が生じる。しばらくしゃがんでいると症状は消失する。」
(あ第2回-88)[臨床医学各論]
障害と部位との組合せで正しいのはどれか。
(あ第4回-94)[臨床医学各論]
安静時腰痛を特徴とするのはどれか。
(あ第6回-72)[臨床医学各論]
腰椎椎間板ヘルニアについて誤っている記述はどれか。
(あ第6回-90)[臨床医学各論]
腰部椎間板ヘルニアの症状で誤っているのはどれか。
(あ第7回-91)[臨床医学各論]
腰部脊柱管狭窄症で誤っている記述はどれか。
(あ第8回-87)[臨床医学各論]
腰椎椎間板ヘルニアの症状でないのはどれか。
(あ第9回-93)[臨床医学各論]
腰椎椎間板ヘルニアで正しい記述はどれか。
(あ第10回-91)[臨床医学各論]
安静時痛を特徴とする疾患はどれか。
(あ第12回-70)[臨床医学各論]
変形性脊椎症で最も適切なのはどれか。
(あ第12回-91)[臨床医学各論]
腰部脊柱管狭窄症について適切でない記述はどれか。
(あ第13回-82)[臨床医学各論]
ラセーグテストで適切でないのはどれか。
(あ第15回-61)[臨床医学各論]
腰椎椎間板ヘルニアの症状でないのはどれか。
(あ第16回-85)[臨床医学各論]
「50歳の男性。1か月前から右上腕と手背の橈側にしびれ感と痛みがある。右上肢に脱力感があり肩も挙上しにくい。近医にて椎間板ヘルニアの診断を受けた。」
この症例に行うテストで適切なのはどれか。
(あ第17回-74)[臨床医学各論]
「50歳の男性。1か月前から右上腕と手背の橈側にしびれ感と痛みがある。右上肢に脱力感があり肩も挙上しにくい。近医にて椎間板ヘルニアの診断を受けた。」
この症例について誤っているのはどれか。
(あ第17回-75)[臨床医学各論]
腰部脊柱管狭窄症で適切でないのはどれか。
(あ第17回-76)[臨床医学各論]
腰椎椎間板ヘルニアについて誤っている記述はどれか。
(あ第19回-57)[臨床医学各論]
第4-5腰椎椎間板ヘルニアの所見として正しいのはどれか。
(あ第22回-67)[臨床医学各論]
脊椎疾患と装具治療との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第22回-87)[臨床医学各論]
頸椎症性脊髄症について正しいのはどれか。
(あ第22回-88)[臨床医学各論]
脊柱管狭窄を生じるのはどれか。
(あ第23回-62)[臨床医学各論]
「45歳の男性。腰から殿部にかけての痛みを訴える。腰を反らせると痛みは増悪し、大腿部に放散する。前屈では痛みを生じない。神経学的異常所見はみられない。」
本疾患で最も考えられる病態はどれか。
(あ第24回-72)[臨床医学各論]
「45歳の男性。腰から殿部にかけての痛みを訴える。腰を反らせると痛みは増悪し、大腿部に放散する。前屈では痛みを生じない。神経学的異常所見はみられない。」
本疾患で陽性を示す所見はどれか。
(あ第24回-73)[臨床医学各論]
頸椎症性神経根症について正しいのはどれか。
(あ第25回-55)[臨床医学各論]
脊柱管狭窄を生じないのはどれか。
(あ第26回-57)[臨床医学各論]
「50歳の男性。肩の痛みで来院。2日前に左肩から上腕外側の疼痛が出現し、昨日から前腕橈側のしびれを認めた。左肩関節の挙上時痛、関節拘縮はない。」
本症例で障害されている神経根はどれか。
(あ第27回-74)[臨床医学各論]
「50歳の男性。肩の痛みで来院。2日前に左肩から上腕外側の疼痛が出現し、昨日から前腕橈側のしびれを認めた。左肩関節の挙上時痛、関節拘縮はない。」
本症例で避けるべき動作はどれか。
(あ第27回-75)[臨床医学各論]
腰部脊柱管狭窄症の治療で最も適切なのはどれか。
(あ第28回-59)[臨床医学各論]
整形外科疾患〔脊椎疾患〕の過去問題[各](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

「整形外科疾患〔脊椎疾患〕の過去問題[各](あん摩マッサージ指圧師編)」への2件のフィードバック

  1. てん より:

    24回の73 問目ケンプ兆候陽性ではないでしょうか

    1. コクシーランドの管理人 より:

      てんさん

      ご連絡ありがとうございます。
      答えが今なっている「椎間関節に一致した圧痛」ではなく、「ケンプ徴候」ではないかというご指摘でしょうか?

      ネットにあマ指第24回の正式問題が上がっていたのでリンクします。
      http://ahaki.or.jp/examination/data/mondai_24_anma_am.pdf

      答えはネットには上がっていなかったのですが、私の手元にある当時発表された正答肢表では答えは1番となっています。
      「1.椎間関節に一致した圧痛」
      ということで、今のままで正しいと思います。

      もし違う内容を言われているのでしたら、もう一度教えて頂けますか。
      よろしくお願いいします。

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)