内分泌疾患の過去問題[各](鍼灸編)

内分泌疾患について誤っているのはどれか。
(はき第1回-87)[臨床医学各論]
アジソン病の症状でないのはどれか。
(はき第3回-75)[臨床医学各論]
疾患と原因との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第3回-77)[臨床医学各論]
粘液水腫について誤っている記述はどれか。
(はき第4回-78)[臨床医学各論]
テタニー症状をきたす疾患はどれか。
(はき第4回-79)[臨床医学各論]
肥満をきたす内分泌疾患はどれか。
(はき第5回-83)[臨床医学各論]
内分泌疾患とその症状との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第5回-86)[臨床医学各論]
バセドウ病でみられる症候はどれか。
(はき第6回-86)[臨床医学各論]
高血圧がみられない疾患はどれか。
(はき第7回-76)[臨床医学各論]
四肢麻痺をきたす疾患はどれか。
(はき第8回-72)[臨床医学各論]
低カリウム血症の症状でないのはどれか。
(はき第9回-81)[臨床医学各論]
四肢の筋力低下をきたさないのはどれか。
(はき第10回-74)[臨床医学各論]
疾患と血清カリウムとの組合せで正しいのはどれか。
(はき第10回-76)[臨床医学各論]
次の文で示す患者で最も考えられる疾患はどれか。
「56歳の女性。2か月で5kgの体重増加。体温が低く、寒さに敏感となってきた。」
(はき第11回-59)[臨床医学各論]
次の文で示す患者で最も考えられるのはどれか。
「35歳の男性。口渇、多飲、多尿(低比重尿)、水制限試験で尿量の減少はみられなかった。」
(はき第12回-73)[臨床医学各論]
低血圧がみられる疾患はどれか。
(はき第12回-77)[臨床医学各論]
甲状腺機能低下症でみられないのはどれか。
(はき第13回-69)[臨床医学各論]
次の文で示す患者で最も考えられるのはどれか。
「45歳の男性。高血圧、多尿、四肢麻痺、低カリウム血症、高ナトリウム血症を認めた。」
(はき第13回-70)[臨床医学各論]
アジソン病の症状でACTH増加によるのはどれか。
(第はき13回-71)[臨床医学各論]
自己免疫疾患はどれか。
(はき第14回-64)[臨床医学各論]
巨人症でみられないのはどれか。
(はき第14回-71)[臨床医学各論]
尿路結石がみられないのはどれか。
(はき第15回-52)[臨床医学各論]
疾患と病態との組合せで正しいのはどれか。
(はき第15回-62)[臨床医学各論]
原発性アルドステロン症の腎臓で再吸収が亢進しているのはどれか。
(はき第15回-63)[臨床医学各論]
成長ホルモン分泌不全性低身長症(下垂体性低身長症)について正しい記述はどれか。
(はき第16回-68)[臨床医学各論]
甲状腺刺激ホルモンが高値となるのはどれか。
(はき第16回-69)[臨床医学各論]
副腎の疾患と症状との組合せで正しいのはどれか。
(はき第17回-74)[臨床医学各論]
クッシング病でみられやすいのはどれか。
(はき第18回-73)[臨床医学各論]
アジソン病でみられないのはどれか。
(はき第19回-67)[臨床医学各論]
原発性アルドステロン症で正しいのはどれか。
(はき第20回-68)[臨床医学各論]
メルゼブルクの三主徴でないのはどれか。
(はき第22回-72)[臨床医学各論]
原発性アルドステロン症でみられるのはどれか。
(はき第22回-73)[臨床医学各論]
甲状腺機能亢進症でよくみられる症状はどれか。
(はき第23回-59)[臨床医学各論]
「45歳の男性。、高血圧、頻拍発作の精査で受診。血中ナトリウム、カリウム値は正常範囲内であったが、腹部CTにて右副腎部に腫瘍病変を認めた。」
本患者によくみられる所見はどれか。
(はき第23回-77)[臨床医学各論]
「45歳の男性。、高血圧、頻拍発作の精査で受診。血中ナトリウム、カリウム値は正常範囲内であったが、腹部CTにて右副腎部に腫瘍病変を認めた。」
本疾患の診断に最も有用な測定項目はどれか。
(はき第23回-78)[臨床医学各論]
内分泌疾患と検査値の組合せで正しいのはどれか。
(はき第25回-71)[臨床医学各論]
甲状腺機能低下症でみられるのはどれか。
(はき第26回-71)[臨床医学各論]
内分泌疾患の過去問題[各](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す