内分泌疾患の過去問題[各](あん摩マッサージ指圧師編)

内分泌疾患と症状とについて誤っている組合せはどれか。
(あ第2回-83)[臨床医学各論]
バセドウ病の症状として誤っているのはどれか。
(あ第3回-84)[臨床医学各論]
バセドウ病の症状はどれか。
(あ第7回-80)[臨床医学各論]
症状と原因との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第7回-86)[臨床医学各論]
粘液水腫に認められない症状はどれか。
(あ第8回-79)[臨床医学各論]
患者の症状と考慮すべき疾患との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第9回-76)[臨床医学各論]
誤っている組合せはどれか。
(あ第9回-85)[臨床医学各論]
バセドウ病でみられるのはどれか。
(あ第10回-87)[臨床医学各論]
副甲状腺機能亢進症でみられないのはどれか。
(あ第10回-89)[臨床医学各論]
高血圧がみられる疾患はどれか。
(あ第11回-83)[臨床医学各論]
甲状腺機能亢進でみられないのはどれか。
(あ第12回-81)[臨床医学各論]
アジソン病で血中濃度が高くなるのはどれか。
(あ第12回-83)[臨床医学各論]
病的骨折の原因となるのはどれか。
(あ第13回-66)[臨床医学各論]
基礎代謝率が亢進するのはどれか。
(あ第14回-82)[臨床医学各論]
甲状腺機能亢進症の症状でないのはどれか。
(あ第15回-69)[臨床医学各論]
原発性副甲状腺機能亢進症でみられるのはどれか。
(あ第15回-70)[臨床医学各論]
「35歳の女性、3か月前から前頸部腫脹、嗄声、圧痕を残さない浮腫と6kgの体重増加を認める。」
この患者でみられるのはどれか。
(あ第16回-72)[臨床医学各論]
「35歳の女性、3か月前から前頸部腫脹、嗄声、圧痕を残さない浮腫と6kgの体重増加を認める。」
この患者で摂取不足が最も考えられるのはどれか。
(あ第16回-73)[臨床医学各論]
クレチン症でみられるのはどれか。
(あ第16回-81)[臨床医学各論]
甲状腺機能低下症の症状について誤っているのはどれか。
(あ第17回-82)[臨床医学各論]
甲状腺の疾患でないのはどれか。
(あ第17回-86)[臨床医学各論]
血清総コレステロール値が低いのはどれか。
(あ第18回-81)[臨床医学各論]
疾患とホルモンとの組合せで正しいのはどれか。
(あ第18回-83)[臨床医学各論]
褐色細胞腫でみられないのはどれか。
(あ第19回-78)[臨床医学各論]
白内障がよくみられる疾患はどれか。
(あ第19回-80)[臨床医学各論]
内分泌器官と疾患との組合せで正しいのはどれか。
(あ第21回-87)[臨床医学各論]
褐色細胞腫でよくみられるのはどれか。
(あ第22回-69)[臨床医学各論]
クッシング症候群でよくみられるのはどれか。
(あ第23回-58)[臨床医学各論]
「49歳の女性。易疲労感、食欲不振を主訴に来院した。皮膚は乾燥し、低血圧、歯肉の色素沈着が認められる。月経異常や体重減少も伴っていた。」
最も考えられる疾患はどれか。
(あ第23回-74)[臨床医学各論]
「49歳の女性。易疲労感、食欲不振を主訴に来院した。皮膚は乾燥し、低血圧、歯肉の色素沈着が認められる。月経異常や体重減少も伴っていた。」
本疾患の治療に用いられるのはどれか。
(あ第23回-75)[臨床医学各論]
疾患と検査所見の組合せで正しいのはどれか。
(あ第24回-60)[臨床医学各論]
二次性高血圧の原因となる疾患はどれか。
(あ第24回-68)[臨床医学各論]
「36歳の女性。発汗過多、心悸亢進を主訴に来院した。食欲はあるが体重は減少傾向で、興奮しやすい。手指には振戦がみられた。血圧は正常、心電図検査では洞性頻脈が認められた。」
本疾患に特徴的な所見はどれか。
(あ第24回-70)[臨床医学各論]
「36歳の女性。発汗過多、心悸亢進を主訴に来院した。食欲はあるが体重は減少傾向で、興奮しやすい。手指には振戦がみられた。血圧は正常、心電図検査では洞性頻脈が認められた。」
本疾患の治療として適切なのはどれか。
(あ第24回-71)[臨床医学各論]
甲状腺機能亢進症の症状でないのはどれか。
(あ第25回-76)[臨床医学各論]
クッシング病について正しいのはどれか。
(あ第26回-78)[臨床医学各論]
内分泌疾患の過去問題[各](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す