医療関係法規の過去問題[医・法](あん摩マッサージ指圧師編)

救急医療施設を有しなければならないのはどれか。
(あ第13回-14)[関係法規]
厚生労働大臣が認可するのはどれか。
(あ第14回-14)[関係法規]
医療法の憲法上での根拠はどれか。
(あ第15回-12)[関係法規]
あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法令について正しい記述はどれか。
(あ第5回-14)[関係法規]
公費負担医療が優先されるのはどれか。
(あ第6回-12)[関係法規]
医療保険の対象とならないのはどれか。
(あ第6回-14)[関係法規]
免許付与者が厚生大臣でない医療関係職種はどれか。
(あ第7回-14)[関係法規]
あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律について正しい記述はどれか。
(あ第8回-13)[関係法規]
現在施行中の医療関係法規はどれか。
※試験時は「結核予防法」が正解でしたが、現在では正解無しです。何も選ばないと最後の合計点が出ませんので、どれか1つ選んで下さい。
(あ第11回-15)[関係法規]
あん摩マッサージ指圧を業とできるのはどれか。
(あ第12回-12)[関係法規]
我が国の法律で身分が定められていないのはどれか。
(あ第16回-15)[関係法規]
医療行為と医療従事者との組合せで正しいのはどれか。
(あ第20回-15)[関係法規]
医療法における診療所の病床数で正しいのはどれか。
(あ第21回-13)[関係法規]
あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律で、あん摩マッサージ指圧を業としてできるのはどれか。
(あ第21回-14)[関係法規]
医療保険の対象でないのはどれか。
(あ第22回-13)[関係法規]
医療関係法規の過去問題[医・法](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す