鍼灸療法の一般治効理論の過去問題[はり]

鍼刺激を与えたときの手指皮膚血管の一般的な反応はどれか。
(第1回-150)[はり理論]
刺鍼により心拍数は減少する。 このメカニズムとして考えられないのはどれか。
(第2回-144)[はり理論]
自律神経について誤っている記述はどれか。
(第2回-150)[はり理論]
皮膚のポリモーダル受容器からの求心性線維はどれか。
(第3回-144)[はり理論]
刺鍼により手部皮膚血管は一過性に収縮する。機序として正しいのはどれか。
(第3回-150)[はり理論]
刺鍼による交感神経機能抑制でみられる現象はどれか。
(第4回-144)[はり理論]
鍼刺激による胃の蠕動の調整に関与する神経節はどれか。
(第5回-146)[はり理論]
刺鍼時における心電図の変化で正しいのはどれか。
(第5回-147)[はり理論]
刺鍼により交感神経α受容体が関与する反応で正しいのはどれか。
(第6回-146)[はり理論]
鍼刺激が腎機能に与える影響をみるとき指標となるのはどれか。
(第6回-149)[はり理論]
血管収縮作用をもつ物質はどれか。
(第7回-149)[はり理論]
常習性便秘に対する背部の鍼治療の効果はどの作用によるか。
(第8回-148)[はり理論]
鍼刺激が膵臓のホルモンに与える影響を調べる場合、指標とならないのはどれか。
(第8回-149)[はり理論]
鍼刺激が迷走神経に及ぼす影響をみる場合に適切でない臓器はどれか。
(第9回-147)[はり理論]
刺鍼による血流改善のメカニズムに関与するのはどれか。
(第9回-148)[はり理論]
鍼刺激の影響をみるとき、尿中ウロビリン体量が指標となる臓器はどれか。
(第10回-148)[はり理論]
鍼の「ひびき」を伝える神経線維はどれか。
(第11回-148)[はり理論]
刺鍼局所の軸索反射が強く関与する治療的作用はどれか。
(第11回-149)[はり理論]
腰部刺激によって下肢に発現する血管拡張の機序はどれか。
(第12回-150)[はり理論]
軸索反射を介してコリン作動性神経末端に作用し、筋血管を拡張させるのはどれか。
(第13回-146)[はり理論]
ポリモーダル受容器の特徴として適切でないのはどれか。
(第13回-147)[はり理論]
胃運動を促進する迷走神経反射に関与するのはどれか。
(第13回-150)[はり理論]
ポリモーダル受容器について誤っているのはどれか。
(第14回-149)[はり理論]
皮内鍼の絆創膏固定をはがした後にかゆみが出現した。かゆみを起こす物質はどれか。
(第15回-144)[はり理論]
鍼刺激局所の血流増加が筋肉痛を改善するのはどれか。
(第15回-148)[はり理論]
鍼刺激によって細胞膜で産生されるのはどれか。
(第15回-149)[はり理論]
表皮への刺鍼による作用でないのはどれか。
(第15回-150)[はり理論]
摩擦鍼による発赤反応に関与するのはどれか。
(第16回-149)[はり理論]
腹部鍼刺激で起こる胃運動抑制反応に主として関与するのはどれか。
(第17回-149)[はり理論]
刺鍼局所に起こるフレアー現象に関与する反射はどれか。
(第18回-150)[はり理論]
鍼刺激による血流改善に関与するのはどれか。
(第20回-148)[はり理論]
内因性オピオイドが主に関与するのはどれか。
(第20回-149)[はり理論]
「足三里穴に鍼刺激を行ったら胃の運動が亢進した。」作用機序について正しい記述はどれか。
(第21回-149)[はり理論]
鍼鎮痛に関与するのはどれか。
(第21回-150)[はり理論]
内因性オピオイドはどれか。
(第22回-148)[はり理論]
刺鍼により起こる軸索反射について正しいのはどれか。
(第22回-149)[はり理論]
刺鍼局所に起こる神経原性炎症について正しいのはどれか。
(はき第24回-146)[はり理論]
中脘への鍼刺激で胃運動が抑制される機序に関与するのはどれか。
(はき第24回-148)[はり理論]
鍼治療による生体防御反応に最も関係するのはどれか。
(はき第24回-149)[はり理論]
鍼の重だるい響き感覚を伝える神経線維はどれか。
(はき第25回-148)[はり理論]
次の文で示す研究から適切なのはどれか。
「ラットの足部への鍼刺激で迷走神経活動が亢進し胃内圧が上昇したが、内臓神経活動は変化しなかった。一方、腹部の鍼刺激では内臓神経活動が亢進し胃内圧が低下したが、迷走神経活動は変化しなかった。」
(はき第25回-149)[はり理論]
鍼刺激を行った際に細径感覚神経線維が興奮したことを示すのはどれか。
(はき第26回-145)[はり理論]
鍼刺激による筋血流の増加に直接関与しないのはどれか。
(はき第26回-146)[はり理論]
四肢に鍼刺激を行うと、上脊髄性の自律神経反応が起きやすい理由として最も考えられるのはどれか。
(はき第26回-147)[はり理論]
次の文で示す施術結果の機序で正しいのはどれか。
「脊髄損傷患者に対し、仙骨部への鍼刺激を行ったところ排尿が促進した。」
(はき第26回-148)[はり理論]
キャノンが提唱した緊急反応において副腎髄質で作用する受容体はどれか。
(はき第26回-150)[はり理論]
鍼刺激による筋血流増加に関与しないのはどれか。
(はき第27回-146)[はり理論]
体性-自律神経反射を利用して胃痛の治療を行う場合、刺鍼を行うデルマトームで最も適切なのはどれか。
(はき第27回-147)[はり理論]
刺鍼時のフレア形成に関与するのはどれか。
(はき第28回-148)[はり理論]
鍼灸療法の一般治効理論の過去問題[はり]
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

「鍼灸療法の一般治効理論の過去問題[はり]」への2件のフィードバック

  1. はなたん より:

    いつもお世話になります。
    はき第24回-146の回答お願いします。

    1. コクシーランドの管理人 より:

      はなたんさん

      ありがとうございます。
      正解にチェックつけました。
      m(_ _)m

コメントを残す