鍼灸治効の基礎の過去問題[はり]

正しいのはどれか。
(第1回-141)[はり理論]
痛み情報を伝達するAδ(デルタ)神経線維について正しいのはどれか。
(第1回-143)[はり理論]
発痛に関連しない物質はどれか。
(第1回-145)[はり理論]
鈍い痛みを伝える神経線維はどれか。
(第1回-148)[はり理論]
鍼の雀啄刺激の後、刺激した部位に鈍痛が残った。 原因として考えにくいのはどれか。
※正解2つ。どちらか1つを選べば正解になります。
(第2回-146)[はり理論]
痛覚に関する組合せで正しいのはどれか。
(第2回-147)[はり理論]
体幹部の痛覚の伝導路はどれか。
(第2回-148)[はり理論]
エンドルフィンの拮抗物質はどれか。
(第3回-141)[はり理論]
深部痛覚の特徴について誤っている記述はどれか。
(第3回-146)[はり理論]
自律神経失調症やアレルギー体質などを改善する鍼の作用はどれか。
(第3回-148)[はり理論]
痛みの識別に関係する伝導路はどれか。
(第4回-145)[はり理論]
鍼麻酔の鎮痛機構に関与する主な部位はどれか。
(第4回-146)[はり理論]
ポリモーダル受容器の性質として正しい記述はどれか。
(第4回-147)[はり理論]
体性-内臓反射における遠心路を構成する神経線維はどれか。
(第4回-149)[はり理論]
鎮痛に関与する内因性オピオイドはどれか。
(第5回-148)[はり理論]
内因性発痛物質でないのはどれか。
(第5回-149)[はり理論]
アレルギー体質の改善を目的とする鍼の作用はどれか。
(第6回-144)[はり理論]
皮膚のポリモーダル受容器からの求心性線維はどれか。
(第6回-145)[はり理論]
内臓通について正しい記述はどれか。
(第6回-147)[はり理論]
ゲートコントロール説で正しいのはどれか。
(第6回-148)[はり理論]
次のうち刺鍼により一番早く起こる現象はどれか。
(第7回-147)[はり理論]
内因性鎮痛物質が作用する受容体はどれか。
(第7回-148)[はり理論]
痛覚を抑制する生体機構でないのはどれか。
(第7回-150)[はり理論]
内因性オピオイドの効果を特異的に消失させる物質はどれか。
(第8回-147)[はり理論]
内因性オピオイドが関与するのはどれか。
(第9回-149)[はり理論]
ポリモーダル受容器からの求心性神経線維の特徴で誤っているのはどれか。
(第10回-146)[はり理論]
内因性オピオイドによる鎮痛効果の特徴で正しいのはどれか。
(第10回-147)[はり理論]
鍼鎮痛に関与しないのはどれか。
(第10回-149)[はり理論]
鎮痛機構における下行性抑制に関与しないのはどれか。
(第11回-146)[はり理論]
内因性発痛物質でないのはどれか。
(第11回-147)[はり理論]
鍉鍼による押圧刺激の情報を伝える神経線維はどれか。
(第12回-147)[はり理論]
鍼刺激の局所に出現する現象で適切でないのはどれか。
(第12回-148)[はり理論]
エンケファリンの構成成分はどれか。
(第12回-149)[はり理論]
内因性発痛物質でないのはどれか。
(第13回-148)[はり理論]
鍼麻酔について誤っている記述はどれか。
(第13回-149)[はり理論]
施術により生じた神経インパルスの伝導に主としてAβ線維が関与するのはどれか。
(第14回-145)[はり理論]
動物実験で鍼鎮痛の効果が得られにくいとき、あらかじめ投与することで効果発現を促す物質はどれか。
(第14回-146)[はり理論]
下行性抑制系が末梢からの痛覚情報を遮断する部位はどれか。
(第14回-150)[はり理論]
乳様突起下端の後下方にあるトリガーポイントを刺激すると頭頂部に関連通がみられた。罹患筋はどれか。
(第15回-147)[はり理論]
鍼鎮痛の発現に関与するβエンドルフィンを分泌する部位はどれか。
(第16回-150)[はり理論]
鍼治療による鎮痛発現に関与しないのはどれか。
(第17回-148)[はり理論]
脊髄の部位で痛覚を伝える一次求心性ニューロンがシナプスを形成するのはどれか。
(第17回-150)[はり理論]
鍼鎮痛機構に関与しないのはどれか。
(第18回-147)[はり理論]
鍼麻酔の特徴として適切でない記述はどれか。
(第18回-148)[はり理論]
鍼刺激による反応でポリモーダル受容器が関与しないのはどれか。
(第18回-149)[はり理論]
鍼刺激による鈍い響き感覚を伝える脊髄内伝導路はどれか。
(第19回-147)[はり理論]
鍼麻酔の特徴について正しい記述はどれか。
(第19回-148)[はり理論]
下行性痛覚抑制系に関係するのはどれか。
(第19回-149)[はり理論]
鍼刺激によるポリモーダル受容器の興奮を伝える神経線維はどれか。
(第21回-147)[はり理論]
管散術の刺激を伝える神経線維はどれか。
(第21回-148)[はり理論]
鍼刺激とその反応との組合せで正しいのはどれか。
(第22回-147)[はり理論]
刺鍼により起こる軸索反射について正しいのはどれか。
(第22回-149)[はり理論]
刺鍼した際の重だるいひびき感覚を伝える主な神経線維はどれか。
(は第23回-148)[はり理論]
右腓腹筋の緊張が亢進しているとき、右承山に刺鍼したところ筋緊張が軽減した。関与したと考えられるのはどれか。
(は第23回-149)[はり理論]
鍼鎮痛の発現に関与する物質はどれか。
(は第23回-150)[はり理論]
下行性痛覚抑制系による鍼鎮痛の特徴について正しいのはどれか。
(はき第24回-147)[はり理論]
1Hzの鍼通電刺激で起こる鍼鎮痛の特徴について正しいのはどれか。
(はき第25回-150)[はり理論]
鍼施術の際にⅢ群線維が伝えるのはどれか。
(はき第26回-143)[はり理論]
小児鍼による触圧刺激に対して最も順応の早い受容器はどれか。
(はき第26回-144)[はり理論]
持続効果の長い鎮痛系の賦活を期待して鍼通電療法を行う場合、通電周波数として最も適しているのはどれか。
(はき第26回-149)[はり理論]
痛覚の二次性ニューロンが上行するのはどれか。
(はき第27回-145)[はり理論]
下行性痛覚抑制系において、脊髄後角で痛覚を遮断する物質として最も適切なのはどれか。
(はき第27回-148)[はり理論]
筋けいれんに対する鍼治療の目的はどれか。
(はき第27回-149)[はり理論]
トリガーポイントの発現に直接関与するのはどれか。
(はき第27回-150)[はり理論]
内臓痛について誤っているのはどれか。
(はき第28回-146)[はり理論]
痛覚の中枢内伝導路で情動行動、自律神経機能や痛みの制御の調節に関与すると考えられているのはどれか。
(はき第28回-147)[はり理論]
鍼鎮痛の発現に関与する部位はどれか。
(はき第28回-149)[はり理論]
鍼の末梢性鎮痛効果に最も関与するのはどれか。
(はき第28回-150)[はり理論]
鍼灸治効の基礎の過去問題[はり]
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す