化学的病因の過去問題[病](鍼灸編)

少量でも生体に強い毒性を有する金属はどれか。
(はき第6回-51)[病理学]
原因と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
(はき第14回-49)[病理学]
粉じんが吸気と共に肺に侵入して引き起こされる疾患はどれか。
(はき第17回-45)[病理学]
疾患とその原因との組合せで正しいのはどれか。
(はき第19回-45)[病理学]
粉塵となるのはどれか。
(はき第23回-39)[病理学]
化学的病因の過去問題[病](鍼灸編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}


コクシーランドのご愛用、
ありがとうございます。

サイトをサポート

寄付する

コメントを残す

Optionally add an image (JPEG only)