病因の過去問題[病](あん摩マッサージ指圧師編)

正しいのはどれか。
(あ第1回-58)[病理学]
再生しないのはどれか。
(あ第1回-62)[病理学]
ウイルス感染による疾患はどれか。
(あ第1回-64)[病理学]
疾患と原因との組合わせで誤っているのはどれか。
(あ第2回-58)[病理学]
疾患と原因との組合わせで誤っているのはどれか。
(あ第3回-58)[病理学]
ウイルス性疾患はどれか。
(あ第4回-58)[病理学]
スピロヘータが原因で起こる疾患はどれか。
(あ第5回-58)[病理学]
ビタミンとその欠乏症との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第6回-59)[病理学]
免疫不全をきたすおそれのあるのはどれか。
(あ第6回-61)[病理学]
女性に多い癌はどれか。
(あ第6回-63)[病理学]
女性に多い疾患はどれか。
(あ第7回-58)[病理学]
ホルモンとその分泌低下症との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第7回-59)[病理学]
出血性素因をきたすのはどれか。
(あ第7回-61)[病理学]
正しい組合せはどれか。
(あ第8回-58)[病理学]
自覚症状でないのはどれか。
(あ第9回-58)[病理学]
再感染しやすい疾患はどれか。
(あ第9回-59)[病理学]
生体防御におけるマクロファージの役割でないのはどれか。
(あ第9回-61)[病理学]
放射線障害を受けやすい組織はどれか。
(あ第9回-62)[病理学]
小児発疹性疾患で病原体がいまだ特定されていないのはどれか。
(あ第10回-59)[病理学]
栓子の発生原因と、それによって起こる塞栓症の発生部位との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第10回-60)[病理学]
向神経ウイルスでないのはどれか。
(あ第12回-58)[病理学]
免疫担当細胞でないのはどれか。
(あ第12回-62)[病理学]
病因のうち外因に属するのはどれか。
(あ第13回-58)[病理学]
我が国のがん統計について誤っている記述はどれか。
(あ第13回-64)[病理学]
病因のうち内因に属するのはどれか。
(あ第14回-54)[病理学]
日和見感染症として誤っているのはどれか。
(あ第14回-56)[病理学]
病原因子と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第15回-51)[病理学]
疾患とホルモンの組合せで誤っているのはどれか。
(あ第15回-52)[病理学]
代謝疾患と病因との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第16回-52)[病理学]
医原性の薬剤障害で誤っている組合せはどれか。
(あ第17回-50)[病理学]
免疫担当細胞と免疫反応との組合せで誤っているのはどれか。
(あ第18回-55)[病理学]
男性に比べて女性に高頻度に発生するのはどれか。
(あ第18回-56)[病理学]
小児の発疹性疾患で病原体が解明されていないのはどれか。
(あ第19回-52)[病理学]
経皮的に感染する疾患はどれか。
(あ第20回-51)[病理学]
我が国の最近の小児の悪性腫瘍で年間発生数が最も多いのはどれか。
(あ第20回-56)[病理学]
放射線障害を最も受けやすいのはどれか。
(あ第21回-52)[病理学]
飢餓状態において重量の減少が起こりにくいのはどれか。
(あ第22回-50)[病理学]
寄生虫感染の際に血中で最も増加するのはどれか。
(あ第22回-54)[病理学]
男性に多い疾患はどれか。
(あ第24回-41)[病理学]
男性に発症しやすいのはどれか。
(あ第25回-39)[病理学]
低出生体重児の定義は何g未満か。
(あ第26回-391)[病理学]
アスベストと関連があるのはどれか。
(あ第26回-44)[病理学]
くる病に関連するのはどれか。
(あ第27回-43)[病理学]
潜函病の病因として適切なのはどれか。
(あ第28回-38)[病理学]
病因の過去問題[病](あん摩マッサージ指圧師編)
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

「病因の過去問題[病](あん摩マッサージ指圧師編)」への2件のフィードバック

  1. さいとう より:

    (あ第3回-58)[病理学]正解間違いないですか?

    1. コクシーランドの管理人 より:

      さいとうさん

      正解チェック付け忘れです。すみません。
      直しました。
      ありがとうございました!

コメントを残す