運動法の生体におよぼす作用の過去問題[あ]

関節の拘縮をゆるめ、可動範囲を広げる作用を持つのはどれか。
(あ第2回-130)[あん摩マッサージ指圧理論]
腰痛症の治療法で適切なのはどれか。
(あ第3回-130)[あん摩マッサージ指圧理論]
ウィリアムス体操の目的で正しいのはどれか。
(あ第4回-134)[あん摩マッサージ指圧理論]
筋力テストで筋力4の場合に、筋力増強に応用されるのはどれか。
(あ第5回-133)[あん摩マッサージ指圧理論]
大腿内側の按摩で施術する筋はどれか。
(あ第7回-148)[あん摩マッサージ指圧理論]
上腕二頭筋の過緊張に対し、拮抗抑制を目的に施術する筋はどれか。
(あ第8回-148)[あん摩マッサージ指圧理論]
筋力1で行う運動法はどれか。
(あ第10回-149)[あん摩マッサージ指圧理論]
関節モビリゼーションについて正しいのはどれか。
(あ第16回-145)[あん摩マッサージ指圧理論]
徒手筋力テストでMMT0の場合に行う運動法はどれか。
(あ第17回-144)[あん摩マッサージ指圧理論]
関節拘縮の改善を目的で行うのはどれか。
(あ第21回-142)[あん摩マッサージ指圧理論]
求心性抵抗運動法の主な目的はどれか。
(あ第23回-143)[あん摩マッサージ指圧理論]
関節モビリゼーションの目的はどれか。
(あ第24回-144)[あん摩マッサージ指圧理論]
小殿筋への圧迫法で十分に力が伝わる股関節の他動的肢位はどれか。
(あ第26回-143)[あん摩マッサージ指圧理論]
徒手検査法で陽性の際、あん摩マッサージ指圧施術が最も適応となるのはどれか。
(あ第26回-144)[あん摩マッサージ指圧理論]
関節モビライゼーションの目的はどれか。
(あ第28回-144)[あん摩マッサージ指圧理論]
徒手検査所見が陽性の病態で手技療法が最も適応となるのはどれか。
(あ第28回-145)[あん摩マッサージ指圧理論]
運動法の生体におよぼす作用の過去問題[あ]
{{maxScore}}問中、 {{userScore}}問正解でした!
{{title}}
{{image}}
{{content}}

コメントを残す